人気ブログランキング |

蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:蝶( 222 )


2019年 07月 19日

紫色の翅表のクロシジミ♂

  2019.07.15撮影 クロシジミ♂
a0247511_22325244.jpg

数年前頭上を暗青色の蝶が飛んできた。
止まった葉上に見たのはクロシジミだった。
以来その色を撮りたいと来ていた。
しかし色どころか開翅を見る機会が少なかった。
 
今年は10時頃現地に着いた。
採集者が山を下りてきた。
敢えて状況を尋ねると、1頭のみ居たと。
続いて知人に出会った、同じ話だった。
フライングか!そんなはずはない。
前日まで天気が良くなかった?
その回復を待ちわびて出てくるはず。
長竿をいっぱいに伸ばして草頭を掃いた。
暫くして蝶友が居たと声を上げた。
続いてあちらにもこちらにも!!
大抵が長い間翅を開いていた。
中には口吻を伸ばして葉上を舐めているものもいた。
撮影のチャンスは多かったが求める翅表色を見出せなかった。
あれは飛んでいるときにしか見られない色なのか?

それにしてもこんな良き日が有るものか!
オマケに誰もいない貸し切り状態。
満たされた一日だった。

a0247511_22325819.jpg
a0247511_22330545.jpg
a0247511_22330914.jpg
a0247511_22331906.jpg
a0247511_22332409.jpg
a0247511_22333289.jpg
クロシジミ♀
a0247511_23093262.jpg
a0247511_23094042.jpg
a0247511_23094946.jpg
a0247511_23095762.jpg
  クロシジミにしては翅裏がやや白味かかった♂
a0247511_23114903.jpg
 追記 新たに購ったLEDライトを翅を閉じたとき当ててみた。
    暫くすると開翅し外すと翅を閉じた。
    どうやら効果があるようだ。
    しかし同じことを繰り返すと反応しなくなる。
    そんな時は暫く間を開けて当てると反応する。







by tsutsujioka | 2019-07-19 23:45 |
2019年 07月 12日

今季は見る機会が多かったメスグロヒョウモン♀

  2019.06.05撮影 メスグロヒョウモン♀
a0247511_10483558.jpg
a0247511_10483035.jpg
a0247511_10480413.jpg
   隠遁の術か?
a0247511_10484085.jpg
    2019.06.01撮影 メスグロヒョウモン♂
a0247511_10485084.jpg
a0247511_10484749.jpg


by tsutsujioka | 2019-07-12 10:55 |
2019年 07月 06日

スミナガシのテリハリ

  2019.06.03撮影
a0247511_22464100.jpg

15時過ぎ足元を高速で飛び回る蝶が居た。
次第にその範囲が狭まり近くのシダに止まった。
右後翅がやや欠損したスミナガシだった。
その時は撮影の時期を逸したかと思った。
それから6日後 綺麗な3個体の卍飛翔も見られた。
山の麓には食樹のアワブキが散見される。
同じアワブキ食いのアオバセセリもやってきた。
3つ巴4つ巴の卍飛翔を繰り返していた。
今年は当たり年の様子。
果たして来年も見られるだろうか。

a0247511_23155813.jpg
a0247511_23161072.jpg
a0247511_23161904.jpg
a0247511_23162800.jpg
a0247511_23163643.jpg
a0247511_23164336.jpg






by tsutsujioka | 2019-07-06 23:19 |
2019年 07月 03日

エゾミドリシジミ

  2019.06.21撮影 (2019.07.04 最後尾に1枚追加)
a0247511_20264281.jpg

今年のエゾミドリシジミの初見日は20日だった。
18,19と都合により行けなかった。
おそらくそのあたりで発生していただろう。
昨年よりも1週間程度遅かった?

a0247511_20325442.jpg
a0247511_20334439.jpg
a0247511_20335522.jpg
  2019.06.23撮影 エゾミドリシジミの卍飛翔 いつまでやるのというくらい長く続いていた
a0247511_20340383.jpg
 卍飛翔中に写っていたエゾミドリの金緑に近い色 テリハリ中に見られるのだろうか?
a0247511_16371502.jpg



by tsutsujioka | 2019-07-03 20:37 |
2019年 06月 29日

ミズイロオナガシジミの開翅

  2019.06.17撮影
a0247511_21414784.jpg

蝶友がナラガシワの枝葉を長竿で叩いていた。
よろよろとミズイロオナガシジミが降りてきた。
止まった笹の葉までは少し遠かった。
近寄れるかな?
笹やノイバラやクズなどが腰高まで密生し絡み合った草むらを
搔き分けることを躊躇した。
しかし今季はこれを思うように撮っていなかった。

半足ずつ前進、
ズボンを通して棘がチクチク刺してくる。
ややっ!! 開翅しそうな?
向きが悪いがこれ以上進めない!
止まった笹に絡んだクズの蔓が目に入った。
左手でじわりじわりと引き寄せた。

a0247511_23210776.jpg
a0247511_23214988.jpg
        上の状態を下向きに引き寄せたところ90度回転した(冒頭の写真)。

       余 談 

撮り終えて叢から出ようとしたとき、

右足首がクズの蔓に引っ掛かった。

瞬間 肩帯で吊るしていたカメラ2台を右脇腹に抱え込んだ。

と同時に左腕を胸の前に曲げて丸まり転んだ。

無意識に柔道の受け身になっていた。

草道にカメラを腹の上にしてベタッと仰向けに伸びた。

格好悪るっ!  蝶友に見られたか?

数十メートル先を行く二人の背が見えた。

やれやれ!

右手首がかすかに痛い!

それよりも何よりもカメラが気になる。

二人に追いつく頃 手首の痛みも消えた。

柔道をしていたのは中学の3年間。

三つ子の魂か、やっといて良かった。

カメラが無事だったから!!






by tsutsujioka | 2019-06-29 23:36 |
2019年 06月 27日

ミドリシジミの開翅

 2019.06.16撮影 ミドリシジミ♂ 右前翅亜外縁がわずかに引きつっていた
a0247511_23482169.jpg

マイフィールドのミドリシジミの発生が確認できた翌日、
脚立持参で毎年写しやすいポイントに出かけた。
そこでは既に開翅を写し終えて帰ろうとする知人と出会った。
氏曰く翅を開くと飛び立つものが多かったと。
前日に羽化して早朝に降りていたものだろう。
今日羽化したものはこれから見られるはず。
丹念に草むらを見て回った。
居た居た! 腰の高さほどの葉上に止まっていた。
開翅の期待が高まる。

a0247511_00084576.jpg
その傍にひっそりと止まっていたアカシジミ、後翅裏面亜外縁の斑紋列が薄い。擦れたのか?
a0247511_00121824.jpg
   またまたその傍で知人が見つけてくれたウラキンシジミ、今期の初撮りだった
a0247511_00151517.jpg
  このあと移動して 栗の花で吸蜜するウラジロミドリシジミ
a0247511_00181971.jpg



by tsutsujioka | 2019-06-27 00:23 |
2019年 06月 24日

一度あることは二度ある ウラミスジシジミが出た! おまけに開翅

  2019.06.15 撮影 ウラミスジシジミ♂
a0247511_12085881.jpg

2日前にここで写したことがあると言って通り過ぎた場所。
7mの長竿でコナラをたたいたら何かがすーっと落ちてきた。
その行方を追った先のイタドリの葉上に止まった。
何年振りか、ウラミスジシジミだった!
まさか!出るとは思っていなかったのでカメラを携行していなかった。
急いで車に取りにいって戻ったらいなかった。
残念!!
諦めきれずに見ていたら風に揺れる葉上で全開翅していた。
近づきたい!
前方に枕木が1.5mほど積み上げられていた。
よしあれに。
枕木の長さだけ近づけた、でも角度が悪い。
三脚を伸ばしてイタドリの茎に引っ掛け引き寄せた。
飛ぶなよ、風で揺れているんだよ!と言いながら。
一旦閉じた翅を再び開き始めた。
真正面に回り込もうと足を動かしたら、
足元の蔓草に踵が引っかかった。
その蔓に三脚が乗っていた。
痛恨のミス。
 ハイそれまでーよ! あーあ!!
全開翅するまで待てばよかった。
ひょっとしたら3度目があるかもしれないな。

a0247511_13461510.jpg
a0247511_13462433.jpg
a0247511_13463551.jpg
a0247511_13463972.jpg
a0247511_13464435.jpg

                          この後が冒頭の写真

2日前には見られなかったミドリシジミ この開翅が次の撮影目標に

a0247511_13470522.jpg
 道中で見られたアマサギ
a0247511_13505775.jpg




by tsutsujioka | 2019-06-24 13:55 |
2019年 06月 22日

オオミドリシジミがこんな所に?! 願ってもない開翅

  2019.06.13撮影 予期せぬ所と時刻に開翅したオオミドリシジミ♂
a0247511_17112465.jpg

オオミドリシジミのテリハリポイントに8時前に着いた。
それから15分余りして1頭が飛来した。
翅表には擦り傷が見えた。
曇天を入れて4日前には姿さえ見られなかったのに。
おそらく2日前に発生したのだろう。
そこへもう1頭が表れて卍飛翔を繰り返した。
いつの間にか縄張りの主が入れ替わっていた。
10時を過ぎると次第に開翅の角度が浅くなり、
テリハリの終わりが近いことを告げていた。
さて次はどこへ行こうか。
今期は未だミドリシジミを見ていない。
ハンノキ林がある湿地へ向かった。
途中この辺りでコナラを叩いたらオオミドリが落ちてきた、
ウラミスジシジミを写したなどと蝶友と話しながら。

蝶友がハンノキを9mの長竿で叩いて歩いた。
出たっ!ミドリ? えっ白い?ウラギンシジミ?
予期せぬオオミドリシジミだった。
撮れるときに撮っておかないとと沢山撮った。
まさか開翅はなかろうと期待しなかった。
ところがそれが開翅したのである!!!

最初の撮影ポイントにて ソヨゴの葉上で開翅するオオミドリシジミ

a0247511_17113294.jpg
        
a0247511_17162174.jpg
       ヒノキでも
a0247511_17162553.jpg
a0247511_17162860.jpg
a0247511_17163393.jpg
     ハンノキ林で出た‼
a0247511_17163998.jpg
      予期せぬ突然の嬉しい開翅 羽化直だろうピカピカだ!!
a0247511_17164822.jpg

 この後が冒頭の写真




by tsutsujioka | 2019-06-22 18:50 |
2019年 06月 08日

揚げ残しアオバ

  2019.05.17撮影 ミツバウツギで吸蜜する綺麗なアオバセセリ
a0247511_10132674.jpg

渓谷の入り口の白いミツバウツギやグミの花は散り、
薄紅色のタニウツギが今を盛りに匂っていた。
そこにはカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハなどがやってきた。
しかしアオバセセリの姿はなかった。
流れに沿って奥へ進んだところに畑があった。
ネギ坊主でウスバシロチョウが吸蜜していた。
そこへアオバセセリとアサギマダラが加わった。
妙な取り合わせ!初めて見るシーンだった。
もと来た道を引き返し別の流れの奥へ入っていった。
標高差か日当たりの加減かミツバウツギが盛りを迎えていた。

a0247511_10364894.jpg

a0247511_10371658.jpg
a0247511_10371962.jpg
a0247511_10374351.jpg

       なに?この長い触角の蛾は!

a0247511_10393880.jpg
       アオバセセリってこんな色してた?
a0247511_10410661.jpg
        擦れているアオバセセリ
a0247511_10421923.jpg
        後翅が半欠けのアサギマダラ
a0247511_10425149.jpg
       ウスバシロチョウ
a0247511_10433729.jpg
       






by tsutsujioka | 2019-06-08 05:30 |
2019年 06月 07日

ミヤマカラスアゲハの集団吸水

   2019.05.17撮影
a0247511_16523387.jpg

先行していた蝶友が急ぎ戻ってきた。
この先に6頭のミヤマカラスの集団吸水があると。
2年前には50頭近くのそれを見ていた。
数は少なくてもいたこと自体が有難い。
50メートル近くまで急行。
そこから2人で呼吸を合わせ抜き足差し足、
数分以上かけて接近した。
敏感な奴は飛んだが戻ってきた。
その繰り返しだった。
ついに数メートル、レンズの最近接撮影距離に入った。
翅表の緑色の強い輝きを探して微妙に立ち位置を変えた。

最後に1頭がべたっと地面に張り付いて残っていた。
振動を伝えないよう気配を消してさらに近づいた。
とうとう股の下に来た。
頭の位置を微妙に変えてみる。
何と今まで見たこともない色が現れた!!
抹茶に金粉を混ぜたような輝きだった。
あーー、マクロレンズを車内に残してきた。
痛恨の極み!!!!
200―500㎜レンズでは近すぎて撮れなかった。

次回もこんなチャンスがあるだろうか?

a0247511_17355330.jpg
a0247511_17363596.jpg
a0247511_17364365.jpg
a0247511_17370395.jpg
a0247511_17372199.jpg
a0247511_17373820.jpg
a0247511_17375176.jpg






by tsutsujioka | 2019-06-07 03:50 |