蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 04日

コツバメの外縁幻光

2015.03.30撮影
コツバメの外縁幻光
a0247511_20342825.jpg


春になると訪ねる白い花をつけたこの馬酔木。
これを食草にするコツバメが居ついている。
ときおり縄張り争いに飛び出し、
姿が消えてもまた戻ってくる。
花に止れば蜜を求めて動きまわる。
そんなことを繰り返しているなかで、
翅の外縁が青色に輝く瞬間があった。
微妙な角度でしか見えない幻の輝きだ。
この個体を見つけたとき、
いつもにない濃い青い鮮やかな色を放っていた。
えっ!順光側から?
逆光気味でしか見えないと思っていた。
見とれてシャッターを押し忘れた。
本当に順光だったのだろうか。
幻の光になった。

a0247511_2048463.jpg

2015.04.02撮影
ホトケノザで日光浴 通常はこんなもの
a0247511_20495436.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2015-04-04 12:00 | | Comments(0)
2015年 04月 03日

花とギフチョウ キクザキイチゲ、カタクリなど

2015.03.31撮影
キクザキイチゲで吸蜜するギフチョウ♂
a0247511_1842383.jpg


またまたギフチョウ撮りに遠出した。
3日しか経っていなかった。
両日共にギフチョウ日和だった。
今度は前回の下見で山登りすることもなかった。
ここぞというポイントで待ち受けるイージーな撮り方だった。
しかし、あちらこちらに咲く花にギフが来ていないかと気になって、
結局はうろつきまわっていた。

カタクリとギフ♂
a0247511_18472283.jpg

エンゴサクとギフ♂
a0247511_18474147.jpg

白梅とギフ♀ (わが市では両者の時期が合わないので有るか無いかの珍しい組み合わせがここにはあった!)
a0247511_18505764.jpg

オオイヌノフグリとギフ♀
a0247511_18592712.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2015-04-03 19:18 | | Comments(0)
2015年 03月 29日

今季の新生蝶撮りはギフチョウから始まった

2015.03.28撮影
カタクリで吸蜜するギフチョウ♂
a0247511_014229.jpg


フライング?!
カタクリで吸蜜するギフチョウを撮りに、
高速道を2時間半も掛けてやって来たというのに、
その姿が全く見られなかった。
おまけに咲いているカタクリを見つけるのも難しいほどだった。
これではカタクリ・ギフは期待できそうもない。
山道を上がる足取りが重かった。
やれやれ、尾根筋に付いた!
と、思ったそのとき目先をギフチョウが横切った。
いたよっ!!大声で仲間に叫んでいた。

この後、気温が上がるとともに次々と姿を現した。
やっぱり羽化していたのだ!!

止まらなかった。逃がしてなるものかと谷へ下りていく姿を狙ってみた
a0247511_0145010.jpg

a0247511_015631.jpg
a0247511_0151776.jpg

エンゴサクで吸蜜する♂
a0247511_0152548.jpg

キクザキイチゲ
a0247511_0153849.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2015-03-29 00:13 | | Comments(0)
2015年 03月 16日

いつまで居るの?コミミズク

2015.02.07撮影
a0247511_23333770.jpg


いつまで居るのかな?
撮影しているとよく耳にする。
ほんにそれを知りたい!

1月だっただろうか。
コミミズクが数羽、ノスリ2羽と絡むようにして、
天高く舞い上がっていった。
こういうことがあると、
そのまま飛んでいってしまうか、
帰り支度をしているという人がいた。
しかし未だにカメラマンを楽しませてくれている。

ところが先日、
おっ!バトル!あれっ!?ということがあった。
バトルと思ったその2羽が遠くへ飛んでいった。
後で気づいたが、ほかにも5羽が写っていた。
都合7羽、北帰行の相談でもしていたのだろうか。
その話、コミミに挟んだ人はいない?

2015.03.06撮影
a0247511_23341878.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2015-03-16 00:02 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 01月 30日

ねずみを捕ったコミミズク

2015.01.05撮影
遠くで鼠を捕って飛びあがったコミミズク、ひょっとして事前に隠しておいたもの?
a0247511_1385417.jpg

a0247511_13134235.jpg

おっと!?大勢のカメラマンの頭上を越えて堤防の緑の草の上に、足元に鼠を置いている
a0247511_13144994.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2015-01-30 13:28 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 01月 17日

ねずみを探すコミミズク

2015.01.13撮影
家々の窓が夕日に染まるころ
a0247511_1133816.jpg

2015.01.12撮影
a0247511_1153720.jpg

2015.01.09撮影
a0247511_115538.jpg
a0247511_1155917.jpg

2014.12.26撮影
a0247511_1181884.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2015-01-17 11:08 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 15日

コミミズク こっち向かって飛び出してよ!

2015.01.13撮影
なに!これ?頭はどっち向き?なんと器用な飛び方!!
a0247511_1441383.jpg


前回は杭に飛びつくシーンだった。
今回は飛び出すシーンを。
ところが顔を写せない。
鼠がいる叢は杭の向こう側。
そりゃ向こうへ飛んで当然。
でも唯一こちらに向かって飛んだ。
写せた姿を見て当方も首を捻った。

2015.01.07撮影
a0247511_14503618.jpg

2015.01.09撮影
a0247511_14533922.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2015-01-15 15:09 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 01月 11日

杭に飛びつくコミミかな

2015.01.09撮影
a0247511_2242733.jpg


昨年暮れに、初めてコミミズクを撮ることが出来た。
それから今日まで9回撮影に出かけた。

なんせ初見、先ずは何でもよいから撮りたい。
それが撮れたらつぎは飛んでいるところ、
そのつぎは、なかなか見られないコミミの小耳。
鼠を獲るところ、
棒杭に飛びつきあるいはそれから飛び出す瞬間、
縄張り争いで空中戦をするところ。
などなどつぎからつぎへと撮りたいシーンが出てきた。
なかなか難しいのが空中戦、フォーカスがピンとこない。
これからも通うことになりそうだ。


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2015-01-11 23:05 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 01日

謹賀新年

a0247511_1815125.jpg


                見通しの良い年になりますように
[PR]

# by tsutsujioka | 2015-01-01 18:17 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 12月 31日

チフチャフで2014年撮り納め

2014.12.31撮影
a0247511_21184388.jpg


珍しい野鳥が我が家の近くに来ているという知らせを戴いた。
これはよい!今年の締めくくりとしよう。

a0247511_21185350.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-31 21:37 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 29日

チュウ捕りやるホバリング コミミズク

2014.12.26撮影
a0247511_22545372.jpg


コミミズクがいるということを小耳にはさんだ。
それもさほど遠くない所らしい。
コミミはまだ見たこともない。
是が非でも撮りたい。
こんなとき鳥友は有難い。
早速詳しいポイントを教えて頂いた。

広い河川敷の草地を飛び回りネズミを見つけたか、はらはらと寸刻のホバリング、微妙に移動してさっと叢に飛び込んだ。
a0247511_2393743.jpg

a0247511_23101251.jpg
a0247511_23102581.jpg

野ねずみは捕れた? 今回は残念。つぎは捕って飛ぶところを。

鳥友さんありがとうございました。また宜しく。
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-29 23:18 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 22日

うそ

2014.12.22撮影
ウソ♂
a0247511_22534635.jpg
a0247511_22535522.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-22 23:11 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 19日

ニシオジロビタキ

2014.12.18撮影
a0247511_19344385.jpg

飛び出す瞬間に尾を上げた。
a0247511_20173010.jpg

飛んできて着地2歩目の尾を上げている瞬間
a0247511_2024579.jpg

飛び出しの瞬間 
a0247511_20225544.jpg

a0247511_2028230.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-19 21:13 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 18日

ルリビタキ

2014.12.17撮影
a0247511_19592041.jpg
a0247511_200378.jpg
a0247511_2001139.jpg
a0247511_2001832.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-18 20:00 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 16日

オオタカ幼鳥

2014.12.08撮影
カラスに追われて川原に降りたオオタカ幼鳥
a0247511_1612585.jpg

カラスは去った、でもカメラマンが一人残っている!えい!鬱陶しいとばかりに飛び出したオオタカ幼鳥。何も向こう向きで飛び出さなくても良いものを。この続きが前回のシーン。
a0247511_1613771.jpg

a0247511_16154973.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-16 16:49 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 14日

マナヅル

2014.12.13撮影
a0247511_19485431.jpg

夕暮れ時に採餌するマナヅル
a0247511_19494378.jpg

a0247511_1949509.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-14 20:15 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 09日

オオタカ幼鳥

2014.12.08撮影
a0247511_0501729.jpg
a0247511_050377.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-09 00:52 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 06日

35番高圧鉄塔のチョウゲンボウ

2014.11.27撮影
a0247511_2335744.jpg
a0247511_2341191.jpg
a0247511_2341611.jpg
a0247511_2342542.jpg
a0247511_2343639.jpg

2014.12.06撮影
a0247511_2344387.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-06 23:11 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 12月 04日

ベニマシコ 我が家の近場にて今季初撮り

2014.11.30撮影
前後が明るい陰の部分に出てきたベニマシコ♂ (少々ビビットに現像)
a0247511_195172.jpg


我が家から近い所にもベニマシコが来ているらしい。
雨上がりを待って行ってみた。
しかし待てども姿が見られかった。
先着のCM曰く、
雨上がりの翌日は一般的に出が良くないと、
そう言って去っていった。
そんなこと分からない、そのままじっと待っていた。

突然、前の叢からポッと飛び上がってきた。
雄が二羽。
枝被り葉っぱ被り、抜けたところがなかった!
草の種を食べるのに夢中になってからそろりとカメラを移動した。

a0247511_1964291.jpg
a0247511_19794.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-12-04 19:30 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 11月 23日

キクイタダキ今季初撮りは戴けなかった!

2014.11.23撮影
a0247511_18264047.jpg

エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヒガラの昆群の中に、
他とは少し動きが違う奴がいた。
おお!あれはキクイタダキ!!
今シーズンの初撮りだった。
菊の御紋、まあー、いいでしょう、この程度で。
初物が撮れただけで良しとしよう。

a0247511_1827298.jpg

2枚撮ったところで向こうを向いていた!
a0247511_1949459.jpg

こんなところで出会えるなんて考えてもいなかった。
キクイタの初飛びもの、絞り優先にセットしたままだった。
a0247511_19524823.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-23 20:05 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 11月 19日

ヒレンジャク、ウソ 今季初撮り

2014.11.19撮影
ヒレンジャク
a0247511_2344757.jpg

ヒレンジャクが好むヤドリギ
a0247511_23445146.jpg

ウソ
a0247511_23452040.jpg
a0247511_23453061.jpg

シロハラ
a0247511_23455796.jpg

夕刻のアカハラ (2014.11.10撮影)
a0247511_23463886.jpg

2014.11.19撮影
カケス
a0247511_23472829.jpg
a0247511_23473866.jpg

イカル
a0247511_23481184.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-19 23:55 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 11月 16日

のぎくにテングチョウ

2014.10.24撮影
野路菊で吸蜜するテングチョウ
a0247511_9255126.jpg

a0247511_914148.jpg


蝶の季節もほぼ終わった。
この冬イスカで賑った所へ今季の野鳥の様子を見に行った。
細い山道の陽だまりに野路菊が匂っていた。

遠い山から吹いてくる
小寒い風に揺れながら
気高く清く匂う花
綺麗な野菊 薄紫よ

そこにはテングチョウやキタテハキタキチョウが越冬に備えて吸蜜に来ていた。

キタテハ
a0247511_9142497.jpg

キタキチョウ
a0247511_9143986.jpg


More この時見掛けた野鳥は
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-16 09:33 | | Comments(0)
2014年 11月 14日

アカゲラを又覗き

2014.11.14撮影
a0247511_22171986.jpg


我が家から一番近いフィールドへ久しぶりに出かけた。
かつてアカゲラ目当てのカメラマンで賑った所だ。
しかし最近はそう見られるものでもないらしい。
けれど一昨日、昨日とアカゲラ、アオゲラがいたという。
自分も鳥運に恵まれたい。
そんな思いで歩き回っていた。
ベンチにリュックを置き、やれやれと思ったとき、
遠くでアカゲラの声がした。
こっちへ来んかなあ!
そう思ったそれが現実になった。
頭上を飛び越え、後方のクヌギの木に飛び込んだ。
うかつには動けない。
そっと木に隠れるようにしてカメラを移動した。
樹の又越に羽繕いする姿が目に入った。

a0247511_2218548.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-14 22:41 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 11月 09日

オオヨシゴイ魚を捕る

2014.11.08撮影
魚を呑み込む直前
a0247511_1422069.jpg


人を怖がる気配がなかった。
もうそれ以上来るなというくらいのところまできて魚を捕った。
以下は連写の中からコマ抜きで。


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-09 14:48 | 野鳥 | Comments(3)
2014年 11月 08日

名は体を表す?意外に小さかったオオヨシゴイ

2014.11.07撮影
捕食姿勢を執ったオオヨシゴイ
a0247511_15531978.jpg


珍鳥が来ているとの知らせを戴いた。
ブログにも揚っている。
行きたいがぎっくり腰で動けない。
いつまで居るのか気がかりだった。

翌朝目覚めたら少々違和感があるものの、
前日までの痛みが嘘のように退いていた。
動ける! えいっ、出かけよう!

大勢のカメラマンが手持ち無沙汰そうにしていた。
30分ほど前のこと、近寄ったCMに驚いて飛んでいった、
自ら飛んだのではないので当分は戻ってこないだろうとのことだった。
それから長ーい待機が始まった。

14時05分。
池面を滑るように飛んできて蒲の影に飛び込んだ。
飛びもの狙いでカメラを据えイメージしていたコース通りだった。
しかし飛来の発見が遅れたうえにあれ何?と
一瞬考えて初動が遅れて撮り損ねた。
名前通りもっと大きいと思っていたが意外に小さい野鳥だった。

a0247511_15582652.jpg

オオヨシゴイはヨシゴイと比較してのこと?
ヨシゴイは37センチそれより2センチ程度大きい。
ちなみにドバトは33センチ。
コサギは61センチ。

More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-08 15:42 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 11月 03日

頭上のカケス

2014.10.29撮影
a0247511_1522040.jpg


沢山の野鳥が朝8時半に来ていたという話だった。
ならばと翌日7時半に現地入りした。
複数のカケスの声が聞こえてきた。
今まで何処に行っても、
近くで声はすれど、まともに姿が見られるものでもなく、
綺麗に写せるチャンスはそう多くはなかった。

ぎゃぎゃと騒がしくなった。
当方の動きに警戒しているのだろう。
4、5羽が飛んでいった。
そっとカメラを置いた。
そこへ飛んできた1羽が桧の天辺に止まった。
チャンス!
朝日が差し込む前のことだった。

頭上数メートルの枝に飛んできたカケス
a0247511_14454937.jpg

枝の下の葉っぱに遮られて当方が見えなかったようだ。
そっとカメラを移動したら、ぎょっとしてこちらを睨んでいた。
まあー、この目ん玉 どこかで見たような?
仏師はこの目をヒントにして仁王さんの目にしたのかな?

More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-03 00:10 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 11月 02日

ムギマキ やーい

2014.10.28撮影
こんなカラスザンショウの実に止まって見返るムギマキ成鳥♂をイメージして何日も見張っていたが、ここには撮りようがない閑古鳥が居座っていた!!
a0247511_14141045.jpg

今年こそはと期待しているがこんなのばかり
ムギマキ若♂
a0247511_14174533.jpg

a0247511_14175374.jpg

見上げるに首が痛くなるほど高い所の実に跨ったムギマキ若♂
a0247511_1418125.jpg

カラスザンショウの枯れた葉柄に止まって見下ろすキビタキ♀
a0247511_14181036.jpg
a0247511_14181722.jpg

カラスザンショウの木で虫を捕まえたキビタキ♂
a0247511_14182460.jpg

ムギマキ若
a0247511_1418339.jpg
a0247511_14183898.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2014-11-02 14:35 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 10月 27日

お猿の山のムギマキ

2014.10.27撮影
ムギマキ若♂?(外側尾羽基部がわずかに白い)
a0247511_214544.jpg


今日は昼過ぎから風が強く寒くなった。
木枯らし1号が吹いたらしい。
流れる雲は速く、しょぼくれ雨が落ちてきたかと思えば、
陽射しが出たり消えたりした。

ムギマキがやって来るのは高いカラスザンショウの木。
綺麗に撮ろうと順光側に位置すれば、
前枝に邪魔され写せるチャンスが極端に減る。
それを嫌って逆光側に回れば、
ころころ変わる光線に邪魔され露出補正が難しい。
とかくこの場所は撮りづらい。

逆光側に位置したが、まだ一枚もろくに撮れていなかった。
カメラマンが一人減り二人減りとうとう自分一人になった。
それから10分くらい経った頃、最後のチャンスがやって来た。

a0247511_21135832.jpg

a0247511_21142285.jpg
a0247511_21142919.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-10-27 21:26 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 10月 25日

ムギマキ

2014.10.25撮影
ムギマキ成鳥♂
a0247511_2382718.jpg


鳥撮りに初めて電車を乗り継いで出かけた。
背負った当初はさほどでもないと思われた装備が、
歩くほどに堪えてきた。
ふうー、どこかで一服と考え始めたころ、
カメラマンの姿が見えてきた。
ポイントまであと一息、急に足が早まった。

a0247511_2381327.jpg

隣のポイントに現れているらしい。移動するなり撮影できたムギマキ成鳥♂
a0247511_23181927.jpg
a0247511_23183198.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-10-25 23:28 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 10月 23日

夕刻のコスノビ

2014.10.19撮影
a0247511_7254186.jpg


There is not a speck of cloud in the sky.
高校生の頃、英語の副読本に確かこんなのがあった。
今日は雲一つない快晴の日曜日だった。
里のコスモス畑は花を観に来た人たちで賑っていた。
毎年この畑にやって来るノビタキは、隅っこの方に潜んでいた。
西の山影に太陽が入ろうかという頃になって、
人々も去り数羽のノビタキが来るようになった。
遠く、近く、右、左、どれを撮ろうか、
草の影に入ったり出たりするノビタキに狙いを定められなかった。
光線が赤くなってきた。
いよいよ太陽が山陰に入った。
すーっと光が消えていった。
彼らは待ってましたとばかりに虫取りに精を出していた。

a0247511_9292938.jpg


More 続きを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2014-10-23 09:43 | 野鳥 | Comments(2)