2017年 04月 12日

マイフィールドのギフチョウ現る

2017.04.12撮影
コバノミツバツツジで吸蜜するギフチョウ、ポーズはイマイチなれど今年初だった。
a0247511_2032648.jpg


去年のギフチョウの初見は3月30日だった。
今年は4月10日に羽化直後で翅を伸ばしている2頭を見た。
しかし、その後二日間雨と寒さとで飛ぶ姿は見られなかったという。

今日午後からわずかに晴れ間が出る予報だった。
ならばきっと飛ぶ、そう思ってポイントに行ってみた。
予想は当たった、さっき飛んでたという。
間もなくコバノミツバツツジに吸蜜に飛来した。

今日は1時間半くらいの間に一目3頭、延べ数頭を見ることが出来た。
マイフィールドもいよいよギフチョウの季節が始まった。

ショウジョウバカマでも吸蜜、マイフィールドではめったにないチャンスが初日に到来!
a0247511_210197.jpg

a0247511_2102819.jpg
a0247511_210399.jpg

よたよたと飛んできた羽化直と思われる個体
a0247511_210506.jpg

落ちるようにホトケノザに止まって吸蜜?
a0247511_211735.jpg
a0247511_2112448.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-04-12 21:11 | | Comments(0)
2017年 04月 05日

待ち遠しかったギフチョウ

2017.04.05撮影
ショウジョウバカマで吸蜜するギフチョウ♂ ほんの一瞬のチャンスだった
a0247511_2322263.jpg


春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす  歌は思えど
時にあらずと  声もたてず
時にあらずと  声もたてず

春分の日に今年の新生蝶コツバメを撮って以来、
陽射しで温もりかけた地表は冷たい風で剥ぎとられ、
早春賦の歌詞を思い出させるような寒い日が続いていた。
コツバメにつづく新生蝶ミヤマセセリを求めてマイフィールドを歩いてみたが、
コツバメの姿さえ見られなかった。
それから1週間、ようやくミヤマセセリが現れた。
つぎはギフチョウと昨日も歩き回ってみたが未だ現れず。
今日あたりかなと思いつつフライング覚悟で遠出して、
カタクリギフチョウを見に行った。

現地に着いてすぐ梅花の周りを飛ぶギフチョウが目に入ってきた。フライングでなくてよかった!
a0247511_23231864.jpg

カタクリで吸蜜
a0247511_20482745.jpg

a0247511_20523640.jpg

オオイヌノフグリで吸蜜
a0247511_23282822.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-04-05 23:34 | | Comments(0)
2017年 03月 20日

新生蝶撮2017年は春分の日のコツバメから始まった

2017.03.20撮影
a0247511_20184823.jpg


馬酔木の花がひと月も前から咲いていた。
今年の蝶撮シーズンインは早いかもとその時思った。
あと1週間もすればギフチョウも飛び出し始めるかも知れない。
毎年最初に行く所ではすでにコツバメが飛んでいた。
新生蝶撮シーズンイン!

体の色に合わせてややこしいところにばかり止まって日向ぼっこ
a0247511_2036283.jpg
a0247511_2036984.jpg

馬酔木の花で吸蜜もしたが逆光気味!良いポジションに回ろうとしたがアシビならぬアシバが悪かった
a0247511_20362157.jpg

越冬キタテハ
a0247511_20373155.jpg

越冬ルリタテハ 前の細い枯草を外すべく動いたら飛ばれて仕舞った、どうして活性が高かった
a0247511_20393957.jpg


ほかにミヤマセセリポイントを何カ所か回ったが見るを得ず。
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-20 20:43 | | Comments(0)
2017年 03月 13日

魚の受け渡しをするかカワセミ

2017.03.12撮影
カワセミ♂
a0247511_2129555.jpg

カワセミ♀
a0247511_2130333.jpg

小魚を銜えて飛んでいく♂ この時♀は居なかった
a0247511_21312015.jpg

ダイビングするも空振り、飛びながら首を振り水を切る♂
a0247511_21312986.jpg

物見の枝にとまる寸前の♀
a0247511_21314099.jpg


雌雄が同じ枝に30センチくらい離れて並んで止まる機会が1度あった。
しかし雄は魚を銜えてはいなかった。
未だその気がないのか♀はそこから水に飛び込んだ。
雄はその直後に飛んでいった。
カップリングは成るのだろうか。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-13 21:47 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 10日

足管を着けたオオジュリン

2017.03.09撮影
足管番号は他の写真を合わせても判別できず(淀川下流域にて)
a0247511_23342939.jpg

水面に何かを見つけて採りに行く絶妙のバランス!
a0247511_23351827.jpg
a0247511_23353384.jpg

風切り羽を可変ピッチプロペラのように捻ってブレーキを掛けているなんて、すご技!
a0247511_23354585.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-10 23:53 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 08日

撮りやすいなヒクイナ

2017.03.07撮影
a0247511_2126536.jpg


久しぶりに行った公園は、
雪と陽射しとが目まぐるしく入れ変わる寒い空だった。
 クイナとヒクイナは何日かおきに交替で出るらしい。
友人たちが去り一人じっと役者の登場を待ち受けた。

a0247511_2127359.jpg

a0247511_21264810.jpg

a0247511_21265795.jpg

大きな長い指!ぬかるみでも沈まずに歩けるわけだ
a0247511_21272257.jpg

a0247511_21271299.jpg

草の根・芽?それとも虫?泥中レーダーを備えている?
a0247511_21273287.jpg

今になって喉が白いことに気付いた
a0247511_21273960.jpg



目の前数メートルまで近づいて来た。
散歩の人が後方を通っても逃げなかった。
大分人馴れしてきているようだ。
これは撮りやすい!
でも動かないことに越したことはない。
フレームアウトしないように動きに合わせてフォーカスマークを上下左右。
何ともせわしい撮影だった。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-08 22:02 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 05日

閑古鳥ばかりシジュウカラ

2017.03.04撮影 シジュウカラの水浴び水鏡
a0247511_2201552.jpg

画像処理ソフトで180度回転

水飲みに来るウソを狙ってお猿の山へ行った。
いくら待ってもウソどころかなんーもやって来なかった!
暇で暇でシャーないので、ここに止まればという所を撮ってきた。
これすなわち閑古撮り。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-05 22:08 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 02日

山のため池のカイツブリ

2017.03.01撮影
こんなところにヨシガモが出てきたらと待機しているところに飛び入って来たカイツブリペア
a0247511_21415769.jpg

なにかを気にしていると思ったらいきなり助走
a0247511_21441034.jpg

テイクオフ あっという間に飛び去った
a0247511_21444114.jpg


 光線がなくなり水面が波立ってきて狙いのヨシガモは写せず 
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-02 21:49 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 24日

好しよしではなかったヨシガモ

2017.02.22撮影
a0247511_17162871.jpg


池があるのか。
ナビがなければ通り過ぎてしまうそんなところに、
ヨシガモが数羽いると友人が教えてくれた。
 然るべき所に行けば楽に撮れるであろうヨシガモが、
山の中の溜池にひっそりと居るところが気に入った。

車で木陰伝いに池の端へそっと近づいた。
池の中ほど百m以上離れたところに5羽が居た。
未だこちらに気付いてなさそうだ。
ここはじっと辛抱、近づくのを車内で待ちつづけた。
数十メートルくらいになったとき、車の窓にカメラを載せた。
泳ぐ向きが縦から横に、何となく離れていく。
さればと音なしのプリウスを極々ゆっくり動かした。
少しつめたかと思ったが今度は向こう向きになって離れていく。

天も味方しなかった。
ただでさえも日陰側は黒く写るのに陽射しがなくなり、
目玉の輝きも緑色にピカッと光るところもなくなった。
こうなればただの鴨。完敗!
この駆け引きが野鳥撮りの面白味。
さあ次はどうしたもんか。

a0247511_17171246.jpg
a0247511_17174326.jpg

左茶色は雌
a0247511_17175458.jpg

ナポレオン・ハットのポーズも一応は撮った、でも色合いが・・・?
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-24 17:48 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 21日

待てばクイナの日和あり

2017.02.21撮影
10時過ぎから16時過ぎまで粘ったら出てきたクイナ
a0247511_2314575.jpg

奥の方にヒクイナが見えた。
さらに続いてもう一羽、クイナだった。
ヒクイナは近づき、クイナは奥へ引っ込んだ。
そのクイナが出そうな所を予想して置きピンして待った。
姿が見えたと思ったらチャッチャッチャッと草の陰に消えていった。

a0247511_2315678.jpg

水鏡を撮りたいが草が邪魔で邪魔で!
a0247511_232855.jpg

クイナは警戒心が強い、こちらをちらっと見て遠ざかっていった
a0247511_2323718.jpg


 クイナは午後から4,5回出たかな、ヒクイナの出とこんがらがって分からなくなった。
諦めずに待てば撮れるチャンスはあるということ。
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-21 23:05 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 20日

撮り2クイナ・ヒクイナ

2017.02.19撮影
思いもよらぬほど近くに出たクイナ、10メートルはなかった
a0247511_22551027.jpg


クイナがよく行く公園の小さな湿地に出るという。
何日か通っていたが未だ見られないでいた。
警戒心が強くて人がいると遠くの草陰で採餌するらしい。
今日は日曜日、陽気に誘われて家族連れなど人出が多かった。
まあ、えらい日に来たもんだと諦めていた、それがなんと!
あっ出た?!しかも足元だっ!!
えっ!あっという間に草陰に駆け込んでいった。

出てから寸刻、もう逃げの体勢!もうチョイ待ってよ!
a0247511_22552382.jpg

2017.02.14撮影 ヒクイナ
a0247511_07278.jpg

上は日陰、下は日向 光線の当たり具合で色が違う。艶やかな後者がいいな。
2017.02.15撮影
a0247511_071331.jpg

2017.02.19撮影
a0247511_074971.jpg


もうちょっともうちょっと、草の前被りが外れるまで動かずに辛抱しているときに限って人が来る。
今まで陽射しがあったのに、陽が陰った時に出てくる。
出てきたと思ったら後ろ向き、肝心の顔が見えない。
隠れたと思った辺りを見ているとまったく違ったところから現れる。
などなど・・・、まことこいつは撮り2クイナ。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-20 00:28 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 13日

一見の価値あるルリビタキ

2017.02.08撮影 植物園のルリビタキ
a0247511_20234372.jpg

(こんな野鳥名はないけれどさしずめマミジロオオルリビタキかな。)

ルリビタキはそこかしこで見られる。
出会ったら取り敢えずシャッターを押すという程度だった。
色が濃い、風切り羽まで青く見える、眉班が白く長い、
それはそれは綺麗なルリビタキが居るという。
今回はわざわざ撮りに行った。
うん!聞いた通りの見応えのある完熟した個体だった。

a0247511_20235263.jpg

以下も綺麗な個体と思われるが上と比べたら未熟
2017.01.31撮影 県立公園のルリビタキ 
a0247511_2043388.jpg

2017.02.07撮影 野外活動センターのルリビタキ
a0247511_20454692.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-13 21:01 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 10日

庭にやって来たイソヒヨドリとシロハラ

2017.02.10撮影
ウバメガシの中の虫を探すイソヒヨドリ♂
a0247511_22304580.jpg


大雪の予報が出ていた。
鳥撮りに出かけるか否か迷いながらパソコンに向かっていた。
何気なく庭に目をやった。
ウバメガシの垣根の上に何かいた。
我が家を縄張りにするヒヨドリにも追い払われずに虫を探していた。
あれはイソヒヨドリ!
カメラを手繰り寄せレースのカーテンに身を隠し構えた。

a0247511_22434221.jpg

芝焼きしたところに虫がいるのかな?
a0247511_22435958.jpg

眼の下2ヒロくらいまで近づいてきた。この後もずっと当方に気付いていなかった。
a0247511_22441313.jpg

庭石に飛び上がって虫探し
a0247511_22442130.jpg


刈込のさつきの上でも虫探し。黄色い球は花ゆずの実
a0247511_22443057.jpg

イソヒヨが去った後に飛来した警戒心が強かったシロハラ♂、わずか数枚写せただけだった。
a0247511_22445179.jpg

出かけなくてよかったー。
ちょくちょく近所でも見掛けられるようになってきたイソヒヨドリが、
まさか我が庭で餌を探すなんて!
それが写せてラッキー!
家の中からとはいえガラス戸を開けたので体の芯まで冷えた。
おお寒むー、明日も冷えそうだ。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-10 23:23 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 09日

鵜殿の葦原を飛ぶコミミズク

2017.01.17撮影
a0247511_20542558.jpg
a0247511_20543713.jpg
a0247511_2054455.jpg
a0247511_20545596.jpg

前ボケの緑と背景の鵜殿の葦とを狙って堤防に腹這いになって撮ってはみたが・・・
a0247511_20551585.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-09 21:08 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 08日

コミミズク

2017.01.18撮影
a0247511_20205880.jpg
a0247511_20211059.jpg
a0247511_20211882.jpg
a0247511_20212775.jpg
a0247511_20213640.jpg

夕日に赤いコミミズク
a0247511_2022076.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-08 20:25 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 06日

コミミズクの表情

2017.01.17撮影
a0247511_015889.jpg
a0247511_021027.jpg
a0247511_021725.jpg
a0247511_022633.jpg
a0247511_023795.jpg
a0247511_024480.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-06 00:03 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 04日

トラが飛び出してきた!

2017.02.03撮影
後方から飛来してカメラの周りを円を描くように飛んだトラツグミ 
a0247511_22461270.jpg

願ってもない飛翔コースだった!!しかし近過ぎてファインダ内に捉えきれなかった!
a0247511_22471739.jpg
a0247511_2247253.jpg

ようやくファインダ内に捉えることが出来たときには着地体勢に入っていた!
a0247511_2247346.jpg

わずかにトリミング 距離は20メートルくらいか
a0247511_22474249.jpg
a0247511_22474949.jpg
a0247511_2248122.jpg

着地寸前 (トリミングなし) 着地の瞬間のシーンはカメラを先走りさせてしまって没
a0247511_22481461.jpg


以上 1.06秒間の飛翔でした
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-02-04 23:08 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 26日

低空飛行するハヤブサ

2016.12.25撮影
0.3秒間の飛翔
a0247511_0205042.jpg
a0247511_0211190.jpg

a0247511_0212780.jpg
a0247511_0214154.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-12-26 00:27 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 11月 30日

満腹のオオタカ 

2016.11.25撮影
羽毛をむしり取るオオタカ そのすぐ左横の白いものは飛んでいく羽
a0247511_2122519.jpg

嗉嚢を大きく膨らませて食べること食べること!獲物は手前のヨモギの陰に
a0247511_2113325.jpg

休み休み食べ続けた後食い残したものを持って飛び去った
a0247511_21171120.jpg


かつてオオタカがヒドリガモの羽毛を池のほとりでむしり取っているところを撮影した。
水面に居る水鳥をどのようにして捕まえるのか?
あと10分早ければ見られただろうにと残念に思った。
それから数年たって幸運に恵まれた!!

当初カメラを構えたところからは200mくらいはあっただろう、遠かった!
近づいてオオタカの迫力ある姿をばっちり撮りたい。
5分くらいはじっとしているだろう、余裕はありそうだ。
そう思ったときには重いカメラを担いで走り出していた。
前方に流れがあった。
普段靴で踏み込むことを一瞬躊躇った。
しかしもうこんなチャンスは来ないだろうと思い切って水に入った。
幸い足首くらいしかなかった。
小さい洲のようなところに上がったが前方の草丈に遮られた。
もう一筋流れを渡った。
今度は草や蔓や枯草木竹などが絡みついてきて進むのに難儀した。
背をかがめ危なっかしい姿勢でやっと見通せるところまで来た。
それでもオオタカまでは数十メートルあったか。
オオタカはこちらに気付いている様子。
もうこれ以上は進めない。
不安定な草の上に三脚を立てシャッターを押し続けた。



余韻
a0247511_21552995.jpg


参照 ウィキペディア
 素嚢(そのう)は消化管の一部分で、膨らんだ形状をしているうえに管壁が厚くなっており、消化に先立って食べたものを一時的に貯蔵しておくための器官である。嗉嚢とも表記する。
[PR]

# by tsutsujioka | 2016-11-30 22:12 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 11月 29日

オオタカ キンクロを片足でぶら下げて飛び上がる

2016.11.25撮影
a0247511_17555488.jpg
a0247511_17561322.jpg
a0247511_1756262.jpg
a0247511_17563726.jpg
a0247511_17564717.jpg
a0247511_1757026.jpg
a0247511_17572637.jpg
a0247511_17574750.jpg
a0247511_1757587.jpg
a0247511_17581379.jpg

これがこちら向きだったら言うことなしだったのだが・・・
次回は食事の様子をちょこっとだけ
[PR]

# by tsutsujioka | 2016-11-29 18:10 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 11月 28日

オオタカ キンクロハジロを捕まえる

2016.11.25撮影
あっ!出た!橋脚の見えないところから飛び出してきたオオタカ それに気付いたキンクロハジロは襲撃を辛うじてかわす
a0247511_18144922.jpg

しくじったオオタカは急旋回 キンクロハジロはさらに右方向に逃げるも写らず
a0247511_18162649.jpg

オオタカは追撃 ここまで逃げていたキンクロに襲い掛かる キンクロすんでのところで躱す
a0247511_1819545.jpg

キンクロを捕まえきれなかったオオタカはジャンプするが如くさらに追撃する
a0247511_18232651.jpg

a0247511_1825059.jpg

逃げ切れずもがくキンクロ無念!
a0247511_18271557.jpg

抑え込んでキンクロを絶命させるまで辺りを警戒するオオタカ
a0247511_18311933.jpg


次回はキンクロを掴んで飛び去るシーンを!
[PR]

# by tsutsujioka | 2016-11-28 18:38 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 11月 27日

オオタカのキンクロハジロ狩り 序

2016.11.25撮影
川原の水際の叢を低く滑空してきたオオタカ キンクロハジロ狩りの序奏だった
a0247511_1847958.jpg
a0247511_18472159.jpg

通り過ぎていくかと思いこの後はシャッターを押さなかったが・・・
a0247511_18473459.jpg

橋脚の支持金具に止まった
a0247511_18502892.jpg

カラスの嫌がらせを悠然と見送って
a0247511_18524250.jpg

支持金具の裏へもぐり込んで見えなくなった。橋脚に飛びついてから2分経っていた
a0247511_18545984.jpg

橋の裏側へ飛び去ったと思われたが、こちらから見えないところで獲物を狙っていたようだ!
9分後に突然飛び出してきた! 
捕捉の瞬間は次回に。
[PR]

# by tsutsujioka | 2016-11-27 19:18 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 11月 26日

オオタカ キンクロハジロを狩る

2016.11.25撮影
キンクロハジロ(翼の先端が見える)を水中に抑え込んで絶命させるオオタカ 抑え込んでから飛び発つまで5分7秒だった
a0247511_052757.jpg

その狩りの一部始終は後程に
[PR]

# by tsutsujioka | 2016-11-26 00:56 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 11月 23日

今季初撮りルリビタキ真っ赤なウソ

2016.11.23撮影
a0247511_232337100.jpg
a0247511_2324698.jpg
a0247511_23241810.jpg

a0247511_23293246.jpg

a0247511_23243845.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-11-23 23:32 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 09月 29日

イガグリスミナガシ

2016.09.27撮影 イガグリと並んだスミナガシ
a0247511_21372345.jpg


タカの渡りの撮影に標高753メートルの山頂でカメラを構えていた。
見た数は少なかった今日の渡りも終わったかと思う頃、
黒み掛った蝶が目の前の栗の葉っぱに止まって開翅した。
今季初見、それもこんな時期にしかもイガグリの横に止まったなんて!!

石を近くに投げるとスクランブルしてきて葉上でテリハリするスミナガシ
a0247511_21392246.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-09-29 21:43 | | Comments(0)
2016年 09月 19日

懐中電灯で開翅したクマソ♀

2016.09.19撮影
a0247511_20243661.jpg


もっと近づいて!もっと!まだ、もっと!
家内に豆球懐中電灯を近づけてもらった。
葉上のクマソ♀が開翅するか試してみた。
眼球を狙って照らし始めて3分くらい経ったか、
LEDランプも合わせて照らした。
それから30秒くらい経てジワリと開いた否閉じた。
と思ったら直ぐ開き始めた。

今日も一目4頭のクマソがやって来た。
雨模様でも退屈しなかった。
庭先をチラチラ飛ぶヤマトシジミなみだ。
ぼつぼつ撮り飽きてきたかな。

豆球で赤味掛った目玉、これでは光量不足?
a0247511_2025293.jpg

さつきの葉上でさっと開翅するクマソ♂
a0247511_2025116.jpg

気付けばゴーヤーの高い所で開翅していたクマソ♀
a0247511_20254268.jpg

脚立に上って撮影
a0247511_2026299.jpg

いつもケイトウの花にはやって来る
a0247511_2027822.jpg

これはヤマトシジミ♂
a0247511_20271878.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-09-19 20:54 | | Comments(0)
2016年 09月 18日

クロコノマチョウが我が家にやって来た

2016.09.18撮影 クロコノマチョウ
a0247511_16482165.jpg


雷が遠くでゴロゴロ鳴っている。
雨がザーッと降ってきたかと思えば上がっている。
今日は朝から雨。
こんな日には録り溜まったビデオの整理をする。
ふと庭を見ると大きめの茶色いチョウがふわふわと飛んでいた。
クロコノマチョウ!?
急いでカメラを持って小雨の中に飛び出した。
植え込みの暗そうなところを探して回った。
何だ!こんなところに!!
シャッターを押す間もなくゴーヤーの陰の中をお隣へ飛んでいった。
我が家で初めてだった。
なにはともあれ1枚でも撮れてよかった。

クロ続きで
2016.09.14撮影 クロマダラソテツシジミ♂ 我が家のゴーヤーにて
a0247511_16501460.jpg
a0247511_16502522.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-09-18 16:53 | | Comments(0)
2016年 09月 14日

クロマダラソテツシジミ大発生か

2016.09.12撮影
発生源の植木屋さんのソテツから少々離れた公園の花壇にやって来たクマソ
a0247511_23291596.jpg


今日(9月14日)もクマソを庭先で撮ってからタカの渡りの様子を見に行った。
時折り薄日はあったが次第に空はどんよりと、そのうち雨がポツリと来たかと思うとザー。
タカは見られなかったが標高753メートルの頂上で、
数頭のクマソの追いかけっこを見た。
かつてそれが大発生したときも意外な所で見られた。
今年はあの時の状況に似ている。

ペパーミントの花で吸蜜するクマソ♂
a0247511_23304646.jpg

百日紅の花でテリハリするクマソ♂
a0247511_23305557.jpg

ペパーミントで吸蜜するクマソ♀
a0247511_2331119.jpg

a0247511_23312563.jpg

クマソ♂
a0247511_23313564.jpg

クマソ♀
a0247511_23314924.jpg

チェリーセージで吸蜜
a0247511_23315896.jpg

ソテツの根っこの周りで追っかけあうクマソ♀ 発生源と思われる植木屋さんのソテツには大抵クマソがついていた
a0247511_2332829.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-09-14 23:55 | | Comments(0)
2016年 09月 06日

今日もクロマダラソテツシジミがやってきた

2016.09.06撮影
逆光で外縁が水色に輝いたクマソ♀ コノテヒバに産卵行動?
a0247511_22432552.jpg

コノテヒバに固執するクマソ、 食草はソテツなんだが
a0247511_224619.jpg

8月26日に撮った個体 大分色あせている
a0247511_22505232.jpg

2016.09.05撮影 モミジアオイに残る雨の雫を吸うキタキチョウ
a0247511_22542025.jpg
 
[PR]

# by tsutsujioka | 2016-09-06 22:59 | | Comments(0)
2016年 09月 05日

あかいツツドリ

2016.09.04撮影
 高い木の高所に入ったと思った。それをクマモンさんも見ていた。一体どこに居る?その彼が「あれ、ちゃうか」と。隠れ上手のツツドリが意外に低い枝の丸見えの処に止まっていた。
a0247511_11453100.jpg


幾つものブログにツツドリが揚げられていた。
それも赤色型のもの。
何年か前に撮っている。
まあいいか!そう思って腰が上がらなかった。
ところが知人のそれに、
「このツツドリはぜひ見ていたほうが良い。
台風が来るまでの期間まで2日ある。
千里南公園 今すぐgo!!」とあった。

今度会ったときに屹度言われるだろう。
「行きまへんでしたんか!
今まで見た中で一番きれいな赤い色をしてましたで。
行きはったらよかったのに!惜しいことしましたな」。

と言う訳で腰を上げることにした。
それがまあ、行ったら行ったで朝飯抜き昼飯持たずも忘れて撮っていた。

ちょこちょこと枝の先端まで移動して、後はどれくらいいただろう、楽しませてもらった
a0247511_1173553.jpg

a0247511_11103912.jpg
a0247511_1111271.jpg
a0247511_11112256.jpg

周りを見回し
a0247511_11113270.jpg

なにか塊が落ちていく
a0247511_11113860.jpg

くるっと向きを変え飛んでいった、さよなら この後帰宅した
a0247511_11115455.jpg

暗い、うしろが明るすぎ 証拠写真でもと撮ってはいたもののそれはそれで夢中になっていた
a0247511_1112163.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2016-09-05 11:33 | 野鳥 | Comments(0)