蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 30日

日本では北海道特産種のホソバヒョウモン

2014.07.06撮影
ホソバヒョウモン初見第1号
a0247511_20313456.jpg


日本では北海道特産のヒョウモン3種。
①ホソバヒョウモン、②カラフトヒョウモン、③アサヒヒョウモン。
(②③は準絶滅危惧種。さらに③は国の天然記念物)
今回の撮影行で撮っておきたい3種だったが・・・・

①の初見第1号というので左前翅外縁が欠けていたがもうよいというくらい撮った。
その後 今度はもうよいというくらいの数が見られた。
これ以前に蝶友2人が国道の長ーいトンネルの向こう側で②を写していた。
トンネルのこちら側でも①に②が混じっていることを期待したのだが見られなかった。
生息環境の僅かな違いで棲み分けているのか。
(③は後日コマクサ平で辛うじて撮れた)

a0247511_2048091.jpg
a0247511_2044445.jpg
a0247511_2044552.jpg
a0247511_20451998.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-30 21:56 | | Comments(0)
2014年 07月 29日

キマダラセセリとコキマダラセセリ

2014.07.08撮影 クサフジで吸蜜するキマダラセセリ 小樽近郊にて
a0247511_9132844.jpg

2014.07.04撮影 コキマダラセセリ(Ochlodes venatus)♂ 北海道 上野ファームにて
a0247511_9153738.jpg

コキマダラセセリ♀
a0247511_9194916.jpg

2014.07.06撮影 コキマダラセセリ♂ 北海道 国道273号線 M峠にて
a0247511_9291785.jpg


続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-29 09:59 | | Comments(2)
2014年 07月 28日

カラフトセセリとカラフトタカネキマダラセセリ

2014.07.06撮影
カラフトセセリ♂
a0247511_1443188.jpg


カラフトセセリ?
その名に覚えがなかった。
30頭ほど標本箱に並べると綺麗だということだった。
なんと無茶な!!とその時は思った。

1999年に北海道滝上町で発見された。
北米由来の可能性が高い、
競走馬の飼料として輸入された牧草に、
卵が紛れて運ばれた、
アメリカでは牧草害虫とされている、
ということらしい。

そうか、本来日本にいなかったものだったのだ。
迷蝶でもない無為の人為的移送有害虫。
標本にされても止む無しか!

カラフトタカネキマダラセセリ♀
日本では北海道の特産種。外国ではサハリン、朝鮮半島、中国東北部からヨーロッパにわたってユーラシア大陸の北部寒冷地に広く分布する。(日本産蝶類標準図鑑 白水隆著 学研 による)
a0247511_1444924.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-28 14:32 | | Comments(0)
2014年 07月 27日

何処にでもいたエゾシロチョウ

2014.07.04撮影
エゾシロチョウ 上野ファームにて
a0247511_1753257.jpg


カニ族と言われた時代だった。
横長の大きなキスリングを背負って、
北海道を学割均一周遊券で3週間の期限一杯を使って旅した。
そのとき初めてこの蝶を見た。

今回の撮影行では是非見たいと思っていた。
久々に出会ったとき必死になって追いかけた。
それがこんなところにまで!というくらい見られると、
いつの間にか関心が失せていた。

a0247511_1792491.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-27 18:15 | | Comments(1)
2014年 07月 25日

カバイロシジミ

2014.07.08撮影
 食草のクサフジで開翅するカバイロシジミ♀
a0247511_935187.jpg


カバ色?聞き慣れない色だ。
金田一京助監修の国語辞典を引いてみた。
<樺色>赤色を帯びた黄色 とあった。
さらに「樺」を引いたら、①かばの木科の落葉きょう木。
山中に生じ、外皮は帯白色。②→樺色とあった。
白か赤か、一体どっち?白黒付けなきゃ。
ネットの辞書に、樺色は蒲色の誤りというのもあった。
また色見本では蒲色だ。

このシジミチョウ、色にちなんで名づけられた?
それとも色とは無関係?

2014.07.04撮影
クサフジで吸蜜するカバイロシジミ♂
a0247511_955395.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-25 09:20 | | Comments(0)
2014年 07月 24日

シロオビカラス

2014.07.19撮影
a0247511_9101727.jpg


カラスがギャアギャアうるさく鳴いていた。
隣の家の棟瓦にこちらを向いて止まっていた。
その声を真似て一声カアーと言ってやった。
キョトンとしてこちらを気にした。
もう一度先ほどより大きくカアーと言ってやった。
嫌な奴とばかりに飛び出した。
??!!
翼が白い!
えっ!?白カラス?

カラスなんて普段は厄介者だ。
見向きもしなかった。
でも中にはこんな奴もいてるのか!

さて、この程度で白いカラスと言える?

2014.07.23撮影
a0247511_921101.jpg

a0247511_9212399.jpg

2014.07.19撮影
a0247511_9214181.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-24 09:25 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 07月 23日

遠くのキリシマミドリシジミとヤマビル

2014.07.21撮影
後翅表にキリシマらしき強い黄緑色の輝きが微かに現れる
a0247511_11275090.jpg


3日前に来た時と同じく陽射しが乏しかった。
これではキリシマを期待できそうもない。
方々を探したが影もなかった。

しかしたまに陽射しが出た!
現れる?
そう思い始めたとき葉上に飛来した。
あまりにも遠かった。
目を離すと分らなくなっていた。

アッ!!あそこ。
キリシマの鮮烈な開翅だった。

今回はこれが唯一だった。
今年のここは外れ年なのだろうか。

全開したがキリシマらしき輝きが見られる角度にならなかった
a0247511_11295232.jpg

続きはヤマビル対策

More 続きを読む
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-23 12:17 | | Comments(0)
2014年 07月 22日

北海道のオオイチモンジ

2014.07.06撮影
獣糞と思しきで夢中に吸水するオオイチモンジ♂
 コンデジで真上から撮影 僅かな角度の違いで青紺色にも見える
a0247511_2140769.jpg


昨年は信州のオオイチモンジを撮ることが出来た。
しかし、時すでに遅く色あせていた。
今年は北海道でタイミングよく綺麗なものが撮れた。
現地ではオオイチモンジの♀しかも黒化型に人気があるようだった。
我々はそんなの撮れるに越したことはないがノーマルタイプで十分だ!

2014.07.05撮影
a0247511_21415642.jpg

路上の小さな橋、その継ぎ目の錆びたところがお気に入りだった
a0247511_2142985.jpg
a0247511_2142153.jpg

2014.07.06撮影
a0247511_21422193.jpg

2014.07.05撮影
オオイチモンジに止ろうとしたコチャバネセセリ
a0247511_21422922.jpg

獣糞に寄って来た左からオオイチモンジ♂、シータテハ、メスグロヒョウモン♂
a0247511_21424650.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-22 21:58 | | Comments(0)
2014年 07月 20日

キリシマミドリシジミ もうメスが!

2014.07.18撮影
キリシマミドリシジミ♀
a0247511_1551335.jpg

遠くの暗い葉上で開翅した。一瞬のそれにマニュアル・フォーカスで合わせられなかったのが残念。
a0247511_15145955.jpg


今年の蝶の出現は早いのでは?
いつもなら今月末頃に行っていた撮影を、
10日余り早くフライング覚悟で遠出した。

ときおり薄日が差す程度の空模様。
やはり早かったのか、それとも日差しが足りないのか、
キリシマの姿らしきは見られるが蝶影が薄かった。
モノは試し、蝶友が傍の枝葉を竿で叩いてみた。
2度目に触れたところから何やら落ちるように葉上に止まった。
キリシマミドリシジミの雌だった。
早やー! もう雌が出ていたか!
この後 蝶友がそれと分らず見つけた雄の縁毛は既に擦れていた。
やはり今年の出現は早かった!

キリシマミドリシジミ♂
a0247511_1561041.jpg

スリスリする後翅に垣間見られた僅かな翅表。その鮮やかな色を期待して3時間待ったがそのときは来なかった。
a0247511_1515180.jpg

襟元にわずかに見える金緑色。

More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-20 15:25 | | Comments(0)
2014年 07月 19日

何となく薄ボケた色のカシワアカシジミ

2014.07.08撮影 北海道のカシワ林のカシワアカシジミ
a0247511_761698.jpg

2014.06.08撮影 タンナサワフタギで吸蜜するアカシジミ 
a0247511_762713.jpg


カシワ林に足を踏み入れた。
うじゃうじゃいると聞いてはいたがなんと多いこと!
下草からばらばらと舞い上がり、
叩いたカシワの枝葉からは雲霞のごとく飛び発った。

来る時期が遅かった?
どれも普段見ているアカシジミの褪せて擦れた色のように見えた。
しかし縁毛がしっかり残る綺麗な個体もそうだった。
これがカシワアカシジミか!


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-19 07:42 | | Comments(0)