<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

コツバメブルーを垣間見た

2014.03.29撮影
カイズカイブキの先端で日光浴していたコツバメ、飛んだと思ったが翅を一瞬羽ばたいただけだった。
止まっていて開翅することがないコツバメの翅表のブルーが幸運にも写っていた。
a0247511_22481.jpg

食草のアセビの花で吸蜜
a0247511_2242573.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-31 23:05 | | Comments(0)
2014年 03月 25日

ギフチョウの下見に

2014.03.24撮影
樹液を吸うアカタテハ
a0247511_15732.jpg


お隣の桜が2輪咲いていると、買い物帰りの家内がおしえてくれた。
ついこの前まで蕾の色さえも感じられなかったのに春は足早にやってきた。

昨日、陽気に誘われて今年のギフチョウの下見に出かけた。
この時期に行く山の小道のコバノミツバツツジは蕾が膨らみかけた程度、
スミレは蕾すら見られなかった。
ギフチョウの食草のカンアオイも落ち葉の掛け布団を引っ剥がすと顔を出す程度だった。
それでも気の早いヤツが出ていないかとコツバメ、ミヤマセセリを期待したがだめだった。

それに控え越冬組の蝶の元気なこと。
テングチョウは道に群れて吸水し、アカタテハ、ルリタテハ、ヒオドシチョウは、
クヌギの樹液に引切り無しにやって来た。
この分だと今年もギフチョウが期待できそうだ。

樹液に近づくルリタテハ
a0247511_158353.jpg

路で吸水するヒオドシチョウ
a0247511_1585445.jpg

群れて吸水するテングチョウ
周りにはもっといた。それが集まって来るのを待っていたが、枯笹葉が風で転がるたびに驚き飛び散ってテング集団は撮れなかった。
a0247511_15123596.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-25 17:15 | | Comments(0)
2014年 03月 13日

地上の青い鳥と天辺の赤い鳥

2014.03.04撮影
ルリビタキ♂
a0247511_10311816.jpg


ヒレンジャクを撮影後 イスカが飛来する所へ立ち寄った。
ポイントまでの坂道の途中 ルリビタキが現れた。
これが皆さん馴染みのルリちゃんか。
ウエルカムしてくれたのだろう、それに応えて撮っておいた。

さて、ポイントに到着直前、
上向きのカメラからシャッター音が聞こえてくるではありませんか!
良いときに来たなとの声、
ジャストタイミングだったようだ。
しかし何処にいるのかさっぱり分らない。
指差されても、カメラを覗かせていただいても分からなかった。
情けなや!!
とうとうカメラをセットして頂いた。
有難や!Uさん。
皆さんが帰られた直後に再度出ましたよ。
大きな声でお呼びしたのですが。

今日はラッキーだった。
青い鳥、ルリちゃんを撮っておいてよかった。

イスカ♂
a0247511_10313329.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-13 11:01 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 03月 10日

イスカの代わりに撮れたウソとトラツグミ

2014.03.06撮影
ネジキの茶色く固くなった実を食べに来ているウソ♂
a0247511_214143.jpg


イスカポイントへの入り口で、
帰り際にでも撮れるミヤマホオジロを写していて道草を食った。
その間にイスカポイントでは撮り放題だったようだ。
現着30分前のことだった。
その後上空を群れが飛んだ様子だったが目撃できなかった。

イスカ待ちの間にウソを探して辺りをうろついた。
一羽がネジキの固い実を食べていた。
近寄るともう一羽傍にいた。
少しずつ間を詰めていったが飛ばれてしまった。
そのあとを追った。そこにはさらに4羽いた。
それから30分くらいは数メートルくらいで撮れるようになった。
しかし、前の枝に邪魔されて撮り放題とはならなかった。
とくに紅い雄はここぞというところへは回り込めなかった。
結局この日はイスカは撮れずじまいだった。

ウソ若♂?
a0247511_2141415.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-10 22:31 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 03月 09日

ウソを探して撮れたイスカ

2014.03.07撮影
a0247511_2346458.jpg


イスカの飛来をずいぶん待った。
あまりにも現れないので辺りをうろついた。
もとの所に戻ってみるとウソがいたという。
何処に?あのあたり。

トゲトゲのブッシュをかき分けて踏み入った。
でもウソの声は聞こえてこなかった。
しかし何やら小さな鳴き声が多数聞こえてきた。
高い松の天辺あたりのようだった。
カメラマンが二人出てきた。
さっきまであっちの方にイスカがいたよと。
それだ!あの声は屹度。

居たっ!!!
前日遭遇出来なかった分までシャッターを押していた。

a0247511_2347056.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-09 00:12 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 03月 05日

ネズミモチの実に飛びつくヒレンジャク

2014.03.04撮影
ネズミモチの実を食べに飛び下りてきたヒレンジャク
a0247511_2135491.jpg


イスカを写しに行くつもりだった。
そこへレンジャクの知らせを戴いた。
群れがネズミモチの実を食べに来ているという。
今季は一度だけ、それも一羽を写しただけだった。
先ずは群れを見に行って、帰路にイスカの所へ立ち寄ることにした。

クロカネモチの実を食べに来たヒレンジャク
a0247511_213613.jpg

ネズミモチの植栽の上にあるTVアンテナに一旦止まって、安全確認する群れ
a0247511_21382696.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-05 21:55 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 03月 03日

キクを戴けなかったキクイタダキ

2014.03.02撮影
キクイタダキを撮るならば頭部の黄色い部分は外せない!が・・
a0247511_1448047.jpg


今季のキクイタダキはほとんど見られない。
昨年11月初旬に三度見ただけだった。
それが我が家から遠くない公園に昨年から居たらしい。
細く黄色い菊の花弁を載せたような頭部の羽毛を、
一瞬開いたときの紅色が見らるという。
昨季あれほど沢山いたけれど そんなの滅多に見られなかった。
ましてや写真に収めるなんて鳥運がなければ出来なかった。
ここにいる個体は数羽もない。
それなのに度々見られるなんて、よほど開き癖のある個体なのだろう。
これは若しや 紅色の頭部を写せるチャンスがあるかもしれないと、
勇んで出かけてみたけれど、そうは問屋が卸してくれなかった。

ヒマラヤスギで探餌中 菊の御紋は見られたが なんせヒマラヤほどに遠スギた
a0247511_14481581.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-03 15:24 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 03月 01日

すっきり撮りたいベニマシコ

2014.01.10撮影
 ヨモギの種を食べるベニマシコ♂
a0247511_1935733.jpg


いつも行く山の公園のベニマシコは、
枝被り、蔓被りの処ばかりだった。
背景がごちゃごちゃしていて絵にならなかった。

一方 ブログで見る河川公園のそれは、
スカッと抜けたところで撮られたものがたまにあった。
その機会があるならばと行ってはみたが・・・
一日や二日で機会に恵まれるはずもない。
毎日通ってこそのものだった。

2013.12.15撮影
ノイバラの赤い実の傍に止ったツグミ、ベニマシコ雄がこんなところに来るのをイメージしていたのだが
a0247511_19514.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2014-03-01 19:23 | 野鳥 | Comments(0)