<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 22日

柿の木に上ったバン

キクイタダキ撮りの合間に

2013.01.19撮影
バンを見上げてみたのは初めてだった
a0247511_19365160.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2013-01-22 19:50 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 01月 17日

レンズを塞いだキクイタダキ

2013.01.15撮影
a0247511_22553675.jpg


近い!
池端のフェンス向こう2,3メートルの処で虫を探し回っていた。
ときおり足元にやって来た。
手を出せば届きそうだ。

あっ!! 
手のひらに止まった?!
あれっ! どこ?? 見失った。
瞬間、レンズフードの縁に色が見えた。
えっ!!?? なにっ???!!!
フードの中??
目の前30センチ2秒足らずの出来事だった。

周りで撮っていた人たちも唖然としていた。
みんなニコニコしていた。
誰かこの光景を撮った?
誰も。
ただ茫然と眺めていたようだった。

ここに写団エンタープライズのメンバーが居なくてよかった。
私の驚く様子を投稿されなくて。

当然、私自身はレンズを蓋されたのだから撮れなかった。
例えコンデジのマクロモードでも撮れないだろう。

いや、生身のキクイタダキが捕れたって!
フードを手で塞げば。カメラで捕った!
なるほど!そんなことひらめきもしなかった。

撮れなかったが、幸せの余韻が残った。


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2013-01-17 23:33 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 01月 13日

ボケ紅キク

2013.01.07撮影
a0247511_22334737.jpg


何がボケ紅キクだって?
そう、年末に見た。
一本の枝上で2羽のキクイタダキが鉢合わせ。
と同時に紅色の花が二つ咲いたのを。
撮ったと思ったが、写っていたのは閉じた後の細い紅色の線だけだった。
 その瞬間が忘れられず、新年の目標を紅色のキクイタダキを撮ることとした。
早々にその機会がやって来た。
夕刻の山陰になった藪の中。
つぎからつぎへとキクイタダキがやって来た。
そのになかに、ひときわ頭頂の紅色が幅広く目立つ個体がいた。
普段なら複数いたらどれを撮ろうかと目移りしてしょうがない。
ここはじっと我慢して、この個体だけを追っかけた。
暗い!枝被り!ピントが遅い!合わない!
悔しいけれどまともに撮れなかった。
しかし、未だ2度しか見ていない紅キクを敢えて投稿する。
ご覧あれ!


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2013-01-13 23:21 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 01月 10日

あっ! リス!!

2012.12.21撮影
a0247511_22495166.jpg


キクイタダキを探していたときに見かけた。
この辺りにいるとは聞いてはいたが、見たのは初めてだった。


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2013-01-10 23:04 | 動物 | Comments(0)
2013年 01月 06日

撮り初め ミサゴ

新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

2013.01.05撮影
a0247511_2292558.jpg


今年一番の冷え込みだった。
池面に薄氷が張っていた。
その縁に、カワウが呑み込めず放棄した鯉が漂っていた。
きっと来る、いや来てほしい。
その思いが届いたか、ミサゴが飛来した。
しかし、池の上を高く低く、ときには飛び去るかと思えば戻ってくる。
飛び込むそぶりで足を出したかと思えば引っ込める。
飛びながら浮いた鯉を見ている様子がうかがえる。
そんな繰り返しが続いた。
一体いつになったら飛び込むのか。
やきもきさせられる。
こいつはプライドが高くて、宵越しの魚は食わないのだろうかと、
写友三人でワイワイガヤガヤ、勝手なことを言いながらその瞬間を待っていた。
気持ちでは1時間は経ったころ、その時がやって来た。
前回は、置きピンしていたにも拘らずカメラを振ってしまった苦い経験から、
今回は置きピンを鯉から外さなかった。
300mmレンズでもいっぱいになるくらい、およそ30メートルの処だった。
何ともラッキーな撮り初めになった。


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2013-01-06 22:51 | 野鳥 | Comments(2)