<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

野鳥はクマノミズキがお好き サメビタキ

サメビタキ  2012年9月29日撮影
a0247511_15393691.jpg


猛暑も治まり山には秋の気配が感じられるようになってきた。
アカメガシワの黒い実が弾け、オオルリやキビタキなどが盛んに食べに来た。
その実も乏しくなり、緑色から紫黒色に変わろうとしているクマノミズキに来るようになった。

朝の光を受けてクマノミズキの花径が枝珊瑚のように輝いていた。
その先に付いた小さい果実を食べに、野鳥が空中で羽ばたく瞬間を待った。
しかし、この日は鳥の出が悪かった。
天気予報は曇りから雨、でもときおり薄日が差していた。
野鳥は台風が来ることを感じていたのだろうか。

a0247511_15395343.jpg

飛び出していき、実を求めてホバリングした後、戻ってきたサメビタキ。
カメラを振る間もなかったが画面の下方に辛うじて写っていた。
a0247511_1552088.jpg

サメビタキと共に来たオオルリ雌
a0247511_15564719.jpg

ここから少し離れたところに生えているアカメガシワの実を食べに来たサメビタキ
葉っぱはだんだん黄色くなってきた。
a0247511_1636290.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-30 18:01 | 野鳥 | Comments(0)
2012年 09月 28日

アオバセセリの幼虫

葉っぱを食べ始めたアオバセセリの幼虫 4cmくらいだったので5令幼虫か?
a0247511_2138745.jpg

アオバセセリの幼虫はアワブキの葉っぱを食べて成長し蝶になる。
このアワブキの木が生えている所を知って4年目。
そばを通るとき立ち寄ってみる。
今回も鳥撮りの帰りに寄ってみた。

アオバセセリの幼虫の巣
a0247511_21402416.jpg

上の写真を90度右手から見たところ
a0247511_21401772.jpg

 葉っぱの先に何やら餃子の半欠けのようなものがぶら下がっていた。
少し離れたところにも同じものがあった。
アオバセセリの幼虫の巣だ。
例年探していたが今年初めてその姿を見た。

枯葉餃子のようなので空っぽだろうと思って葉っぱを近づけようとしたら千切れてしまった。
念のため中を覗くと派手な縞模様の幼虫がいた。
うわー、シマッタ!ごめん。
これをどうすべきか。
持ち帰って蛹になるのを見たいと思ったが2頭しかいない。
この場所では貴重な1頭を持ち帰るわけにはいかない。

右上も巣か?写真で気づいた。
a0247511_21482234.jpg

半欠け餃子を割って外敵から目に付き難い枝に載せてやった。
当初はじっとしていたが、動き出したら意外に早い。
一旦はリュックに仕舞ったカメラを取り出している間に見えなくなった。
しばらく探していると別の枝の葉上に這い出してきた。
せっかく目立たないところに置いてやったのに。
これでは目立ちすぎではないか!

這い出してきて葉っぱの端っこに近づいたと思ったら食べ始めた。食欲は旺盛だ。
a0247511_2154656.jpg

食後のお休み 葉っぱの右下の虫食い痕が今回の一食分
a0247511_21563015.jpg

このアワブキはスミナガシも食草にしている。例年数は少ないが幼虫が見られた。
今回は3令幼虫と思われるもの1頭しか見つけられなかった。

アオバセセリ
[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-28 00:00 | | Comments(0)
2012年 09月 18日

強風に浮かされたエゾビタキなど

9月17日撮影
エゾビタキ
a0247511_16274829.jpg

毎年 アカメガシワの種子がはじけるころ
エゾビタキやオオルリ、キビタキなどがやって来る。
10日前にはまだ緑色だったその蒴果は、
すでに黒い小さな玉をいくつも付けていた。
台風16号が九州の西の海を北上している。
予報では9時まで晴れ、それ以降は曇り、遅くには雨となっていた。
お山の上は雲一つない青空だったが、木々の葉っぱが裏返るほど風が強かった。
野鳥は蒴果に止まろうとするが枝葉がワサワサ揺れて足元が定まらず風に流されていた。
その宙に浮いている寸刻が撮影のチャンスだった。

やって来たオオルリ♀を見て種子から離れようとしたエゾビタキ
a0247511_1727442.jpg

強風で浮かされ
a0247511_17293578.jpg

後ろのオオルリ♀とニアミス
a0247511_17321495.jpg

ニアミスのあと風で浮いたオオルリ♀
a0247511_17442925.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-18 18:10 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 09月 16日

アゲハチョウがヤブガラシにやって来た

9月14日撮影
a0247511_2147029.jpg

まだ我が家の周りに空き地があったころ、
ヤブガラシが笹薮や雑木に覆い被さるように蔓を伸ばしていた。
その漏斗のような形をした淡緑色の花には
アゲハチョウやアオスジアゲハ、キタテハが蜜を吸いにやってきた。
アゲハチョウは前翅を立てて小刻みに震わせ足を伸ばすように背伸びして蜜を吸い、
ときにはふわりと浮き、
ときには風に流され飛んで行ってしまったかと思っているとまた戻ってきた。
空き地が次第になくなりヤブガラシが見られなくなるとアゲハチョウのそんな光景も見られなくなった。

 そのヤブガラシが、大きな池がある公園の、
その池の周りに廻らされたフェンスに刈り残されて纏わりつくように咲いていた。
 ふと見ると綺麗なアゲハチョウが蜜を吸っていた。
そこにはかつて見た光景があった。

花に止まるかと思ったが
a0247511_21483257.jpg

急に体勢をかえて
a0247511_21492846.jpg

飛んでいった
a0247511_21485832.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-16 23:00 | | Comments(0)
2012年 09月 10日

サルのサルスベリ  箕面のお山

9月9日撮影

猿がつぎからつぎへとやって来た。
数十頭はいるだろうと思われる群れは、大きく広がってゆるゆると動いていた。
木に登るもの、枝を折るもの、赤ん坊に乳をやるもの、子供同士でふざけるものなど
思い思いのことをしながらそれでも同じ方向に進んでいく。
a0247511_1150598.jpg

百日紅が綺麗な花を豊かにつけている。
その花塊がざわざわと揺れていた。
ここにも猿が上っていた。
サルスベリにサルが。これは!珍なる取り合わせ。
猿滑り?とバカなことを思ったとき、
枝にぶら下がるようにして猿が飛び降りてきた。
折れた枝を放ったらかしていくかと思ったが放さなかった。
a0247511_11304255.jpg

しばらく花を銜えたりしていたが、持ったまま群れを追って去っていった。
チラリとでもこちらを向いてほしかったなぁー。
サルものは追わなかった。
a0247511_11472256.jpg


この日の野鳥はたったこれだけ。空が怪しくなってきたので引き揚げた。
オオルリ若♂
a0247511_121115100.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-10 15:00 | 動物 | Comments(0)
2012年 09月 08日

ツツドリなど

9月7日撮影

今年も神戸の西の方にツツドリが来ている。
ヒラドツツジが咲くころに、吸蜜するアゲハチョウ類を撮りに行った所だ。
昨年 ブログを読んだとき、どこなのかピンときた。
そのときは行かなかったが今年は行ってみた。

現地では草刈りをしていた。これではツツドリは寄り付かない。
作業が終わって落ち着くまでの間、加古郡稲美町の「いなみ野水辺の里公園」に行っていた。

背後から飛んできたのを見失った。我一人、皆の動きとは逆方向に探しに行った。
樹の間を抜けると目の前に居た!!それも背景が抜けたところに。落ち着け!落ち着け!慌てるな!
ツツドリ ♀にはこのように上面全体が赤茶色の赤色型がいるそうだ。          
a0247511_1763525.jpg

ツツドリ 雌雄ともこのような暗青灰色が普通のようだ
a0247511_177169.jpg

以下、水辺の里公園
暗いところを虫を探して飛び回っていたセンダイムシクイ?
a0247511_1774736.jpg

 ここでカメラマンから珍しい出来事を聞いた。
枯木の周りを飛び回っていた○○ムシクイを撮影中、
蛇が尻尾を木に巻きつけておいて、飛んできたそれに飛びつき銜えて落下したという。
落ちた枯れ枝の上で鳥を巻き込んでいる写真を見せてもらった。
蛇が野鳥を空中捕獲するなんて!! そんな話聞いたことがない。
でも現実だ。

コサメビタキ
a0247511_1781612.jpg

以下、撮鳥を始めて間もないころに撮ったツツドリ      2009.09.06 撮影 吹田市、ジャスト3年前か!
a0247511_1715947.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-08 21:00 | 野鳥 | Comments(2)
2012年 09月 07日

ややこしい処のオオルリを・・・

出て来ぬなら出させてみせよう大瑠璃

  すっきり抜けたところに出て来なかったオオルリ♂ 
 嘴に掛った右から伸びた太い枝ともう1本 フォトショップ筆で枝払い                9月5日撮影
a0247511_214936.jpg


このところ午後になると雷雨の襲来がある。
行く所は山の上で雷に近い。
最近 公園の木で雨宿りした二人が雷に打たれて亡くなっていた。
この日もそれが気になって撮鳥に出かけるか迷った。
しかし、現地の気象は行ってみないことには分らない。
ポンチョをリュックに詰めて出かけることにした。
でも幸いにも雨は来なかった。

何とか抜けたところに出てきたオオルリ♀
 でも尻尾の辺りにややこしい小枝とそれに絡んだ葉っぱとが・・・ これもフォトショ筆で枝打ち
a0247511_2192616.jpg

オオルリ若♂ 尻尾の下方の小枝を枝打ち
a0247511_2113331.jpg

葉っぱの僅かに抜けた隙間の向こうに止まったオオルリ♀ こちらの様子を窺がっているようだ
これは枝払いなし  普通なら邪魔な枝葉を前ボケに取り込んだ、否 これ以上背伸びが出来なんだ
a0247511_21131213.jpg

くるりと向きを変え飛び去った
a0247511_2213427.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-07 00:00 | 野鳥 | Comments(2)
2012年 09月 04日

久しぶりの鳥撮り キビタキなど

 周りを警戒しながら水を浴びようとしているキビタキ♂
a0247511_1633492.jpg


蝶撮りの季節が終わろうとしている。
そこで久しぶりに鳥撮りに出かけた。
今年は蝶撮りに軸足を置いていたので野鳥の状況が掴めていなかった。
むろんそれらのブログはチェックはしていたが生の情報が欲しい。
僅か5か月足らずだが、大げさに例えてみれば、
「ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」というところかな。

 ここは鳥撮(とっとり)を始めたころ、
山をほっつき歩いていたときにハイキングの老夫婦から教えてもらった所。
 いつ行っても誰かが大きなレンズを付けたカメラを据えているから直ぐに分かると。
それが切っ掛けとなり次々と撮影ポイントを知るようになった鳥撮の原点。

桧木立に囲まれた水浴び場。
人造岩に水が溜めてある。傍には茂った樫の木が。
しかしなんとも暗い。
明るくなったと思ったら葉っぱの陰とのだんだら模様。
白飛びするわ、ノイズは上がるわ、シャッタースピード(SS)は稼げないわ、
おまけに背景が頂けないときてるわでカメラマン泣かせの場所である。

それでもカメラマンはやって来る。
四季折々に野鳥が見られるから。
水浴場端会議が賑やかだ。
話し込んでると見逃すよ。
なんの、誰かのシャッター音を聞いてからでも遅くないね。

これもまた楽しからずや!

キビタキ♀ 水を浴びたり乾かしたりを3回程度繰り返して去っていった
a0247511_17292790.jpg

センダイムシクイか?
a0247511_17295724.jpg

クロツグミ若鳥?嘴の付根が黄色く見える。
a0247511_17304116.jpg


8月30日から連日、突然の雷雨に襲われながらも通った水浴び場。
狙っていたコルリを撮ることは叶わなかった。
日ごとに考えてカメラを据えた場所が全て裏目に出た。

 じっとしていたので500枚撮って飽きたとか、
はたまた踏みそうになるまで近くに来たとか。
話は面白可笑しくなるものだが、それにしても残念だ。
鳥撮の感が狂っているようだ。

明日もいるのかな。
もう抜けたのではあるまいな。

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-04 20:00 | 野鳥 | Comments(0)