<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 30日

ウラゴマダラシジミのハネムーン


イボタの白い花が咲きだした。ウラゴマダラシジミの時期到来だ。
羽化直後の綺麗な個体の開翅を狙って西の方へ撮りに出た。
a0247511_2324222.jpg


ウラゴマダラシジミは15時ころから活発に飛び回る。
朝のうちはイボタの周りの藪を追い出し竿で軽く叩くと、ふらふらと飛んで葉っぱに止まる。
そのときからいつ開くとも分からない開翅を待って辛抱の時間が始まる。
ときには3時間待ったこともあると聞く。
このときは1時間もしないうちに、もじもじしだしてジワリと開き始めたが、
しばらくすると飛んで行った。どうやら飛ぶ前のウォームアップをしていたようだ。
a0247511_23374475.jpg


 さて、夕方近くなると活発に飛び回っていたやつが葉っぱに止まって翅を開くことがある。
そんなところへ別の個体が引き寄せられるようにやって来る。
なんだお前も雄か、つまらんと言わんばかりに去っていく。
a0247511_0122057.jpg

ときには葉っぱに着いた蜘蛛の巣に寄ってくる奴もいる。
それが結構多い。白い光物に惹かれるらしい。
なぁーんだ、 蜘蛛の巣か!!
a0247511_0292834.jpg

これもほんの一瞬 一秒くらいの立ち寄りだ。
これは不規則に飛び回るヤツが写せる瞬間だ。


目の前にひらひらと舞い降りてきて、やおら翅を開き始めた奴が、否お嬢さんがいた。
翅表の紫青がやや白いなかなかの美形だ。
a0247511_059642.jpg

これは絶好のチャンス、しかし写し始めたとたんに雄が寄ってきた。
以下は1.7秒間のお見合い
a0247511_16226.jpg
a0247511_164656.jpg
a0247511_171554.jpg

雌が雄を誘うように飛び出して、高い枝先の葉っぱまで舞い上がりベッドイン。
a0247511_1251029.jpg

雌が目の前の葉っぱに止まってから30秒足らずのことだった。
この時16時57分、風に揺られて朝まで続くのだろうか。

現地で初めてお会いしたFさん、またどこかで。

[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-30 01:40 | | Comments(4)
2012年 05月 24日

続 九輪草のミヤマカラスアゲハ


九輪草の花を巡って蜜を吸っていたので色々な姿勢が撮れたミヤマカラスアゲハ

前翅表のビロード状の性斑が雄の特徴(カラスアゲハも同じ)
a0247511_22454627.jpg


これではビロード状の性斑が灰色に見える
a0247511_22473446.jpg

後翅裏面の卵黄色帯またはその痕跡がミヤマカラスアゲハの特徴、カラスアゲハにはこれがない
a0247511_22514567.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-24 00:00 | | Comments(0)
2012年 05月 23日

居つきヤマトシジミ

ヤマトシジミ♀ 

a0247511_20524382.jpg


ヤマトシジミが忘れな草に止まっていると庭に出た家内の声が聞こえてきた。
プランターに植えた生き残りの勿忘草で雌が蜜を吸っていた。
 雌は翅表が暗褐色で地味ゆえに普段は撮る気もなかったが
青藍色鱗をあらわし羽化して間もない美女だった。

ヤマトシジミ♂ 

a0247511_20151981.jpg

庭にはカタバミが生えている。
取っても取っても生えてくる厄介者だが彼らには大事な食草だ。
その幼虫やさなぎを見たことはないが、気づけばいつも数頭がちらちら飛んでいる。

今日はヤマトシジミの雌をじっくり撮ってみた。
a0247511_19503376.jpg

a0247511_20525375.jpg

 おやっ、やっている!またまた子が見られるか!カタバミをちょこっと残しとこ!!
a0247511_205342.jpg

別れた後散り際のみやこわすれに止まって休息中
a0247511_20531593.jpg


[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-23 00:00 | | Comments(2)
2012年 05月 21日

九輪草とアゲハチョウたち


九輪草の花が次第に軸の上の方に咲くようになってきた。
咲き終わった花の後にはもう青い種子が出来ている。
山にはツツジが、谷川にはミツバウツギが咲いている。
蝶たちにはいずれも貴重な蜜源だ。

光線の具合の良い午前中にアオバセセリを撮った後、
九輪草にやって来るアゲハチョウたちを待ちうけた。

a0247511_22584082.jpg

a0247511_22565679.jpg

ミヤマカラスアゲハはカラスアゲハと比較して青緑色の輝きが強い。
また、前後翅の帯状の筋はほぼ同じ幅で連なり、カラスアゲハのように上方に広がらない。
後翅裏面には卵白色の帯がある(ときには痕跡程度の個体もいる)。
a0247511_2303659.jpg

a0247511_23282.jpg

オナガアゲハはクロアゲハと比較して前後翅ともに細長い。
a0247511_2391442.jpg

右後翅の尾状突起と左前翅の外縁を欠いたモンキアゲハ
a0247511_2341064.jpg

アサギマダラ 止まったかと思うと同時にオナガアゲハに追われて飛んで行ってしまった。
a0247511_2344711.jpg

オナガアゲハは小さいくせに意外に気が強い。九輪草にやって来るアゲハを追っ掛け回していた。
[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-21 00:30 | | Comments(0)
2012年 05月 15日

目にアオバ


a0247511_20242727.jpg

九輪草のミヤマカラスアゲハが撮れたと聞いて出かけた。
公園内の水が染み出すところに移植されたと思われる九輪草が咲いていた。
しかし待てどミヤマカラスはこない。
あたりに白い花が咲いている。まだ三分咲き程度のミツバウツギだ。
ミヤマカラスはそこに来ていた。
a0247511_20252778.jpg

その花の株の中から目に飛び込んできたのはアオバセセリ、綺麗な個体だ!!
気づいたときは2頭だったがしばらくすると数頭になっていた。
咲いているウツギの株はこの辺りだけだ。
それゆえに集中したのだろう。一度に多数を見たのは久しぶりだ。
ここは足場もよし、これから良い撮影ポイントになりそうだ!

満腹するほど撮った後、九輪草に戻ってみた。
オナガアゲハがやって来た。
また少し離れた場所の九輪草にミヤマカラスもやって来た。
一日にして多種が撮れた。こんなよき日もあるもんだ。
前日は3か所も回って空振りだったのに!!
a0247511_20273996.jpg

アオバセセリの飛翔はすばやい。あっという間に見失ってしまう。
吸蜜に飛来した時が写すチャンスだ。
 翅表は図鑑や標本でしか見たことがない。吸蜜中も翅を閉じている。
生きたアオバの翅表を見るには飛び出す瞬間が狙いめだ。



[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-15 22:09 | | Comments(0)
2012年 05月 09日

みやこぐさのシルビア


季節の移り変わりがおかしい。
綺麗なところを撮りたいが旬の時期を読み辛い。
去年は5月8日に撮っていた。丁度一年前。
雨がポツポツ来ていたが、天気予報に懸けて行ってみた。
なんのことはない、日差しが出るとあちらこちらで飛び出した。
一体どこに隠れていたのやら?
まだ羽化したばかりと思われる緩やかに飛ぶ奴が狙い目だ。
晴天でないのも幸いした。陽射しが出るたびに開翅が始まった。
a0247511_12222818.jpg

田んぼの畔に黄色く咲くミヤコグサが彼らの食草だ。
今年は刈られず沢山の花をつけていた。
この後草刈りのオッチャンがやって来た。
間一髪間に合った!!
a0247511_12223710.jpg

ニワゼキショウでも吸蜜
a0247511_12231191.jpg

雌にアタック寸前に逃げられたシルビアの雄
a0247511_12233577.jpg

シルビアの里でひときわ目立った美人ツバメ。
シルビアを忘れ浮気しちゃった。
a0247511_12242380.jpg

シルビアシジミの食草で開翅するツバメシジミの雌。
a0247511_12241928.jpg


[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-09 14:20 | | Comments(2)
2012年 05月 08日

えっ?! 我が家にイタチ?


庭の花壇の片隅にミヤコワスレが咲いた。
ときおりアオスジアゲハが吸蜜にやって来る。
a0247511_2345368.jpg

パソコンを触りながら見張っていた。

おやっ?猫?いつも嫌な臭いを置いていく憎らしいヤツ?
いや違う。
a0247511_237845.jpg

ミヤコワスレの花と庭木との隙間から顔を出したのはイタチか。
こちらにまだ気づいていない。カメラを引き寄せ、そっと様子を見ることにした。
5分ほど生け垣とブロック塀の隙間を葉っぱも揺るがさず食べ物を探していた。
a0247511_2372838.jpg

シャッター音に気付いたか。キョロッとこちらを見て向きを変え、
フェンスの僅かな隙間を潜って出て行った。
何年ぶりに見たのだろう。
子供のころ、我が家の鶏小屋の金網にアワビの殻がぶら下げてあったのを思い出した。
左目にヒラドツツジの花柄をくっつけた顔は意外に可愛かった。

この日は空気が澄んでいた。
夕方の雲間から漏れる光線に照らされて普段は影絵のようにしか見えない生駒山の山肌が、
また山頂の鉄塔の色がくっきり見えていた。
a0247511_2175947.jpg


[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-08 00:00 | 動物 | Comments(2)
2012年 05月 07日

待ったぞ クロツバメ


ギフチョウの時期も過ぎた。
今は卵が育っているころだ。
採集者に採られることなく、
来年も姿を現すことを祈るばかりだ。

 さて、ギフの後は?ギンイチか、クロツバメか。
一年ぶりに姿を見に行った。
a0247511_2194760.jpg

現地に着くと既に来ていた写友とその友人が「ここ、ここ」、
唯一じっとしているギンイチがいると。どうやら出遅れたようだ。
ギンイチはいったん飛び出すとなかなか止まらない。
追跡してもすぐに見失ってしまう。厄介だ。
これは労せずして撮らせていただける!ありがたや!
a0247511_21102242.jpg

この後、すぐ近くのオギの葉っぱに飛び移りアッという間に産卵していった。
a0247511_21103951.jpg

少しの風でも揺れる葉っぱに着いた卵は焦点が合わない。こんなところで妥協した。

この後ほかにも探してみたがすべて止まらない。やっぱり朝駆け以外にはないようだ。

やむなくここを諦め、クロツバメの場所に移動した。
しかし、いない。
岩壁の上方を眺め待つこと2時間余、チロチロと飛び出した。
しかしなかなか降りてこない。それでも待ち続けた。
3時ころやっときた。 綺麗な個体だ。
今度は足元をあちらこちらと飛び回り、もう満腹というほど撮れた。

 カタバミの花が少しづつ閉じ始め、ぐるぐると向きを変えて吸蜜に苦労している間に写す。 
a0247511_2131073.jpg

 翅表はただ黒く見える時もあれば、このように見る角度、光線の角度を変えると
意外な色が見える。標本にしては見られない美しい色彩だ。
a0247511_21311491.jpg

風に流されながら飛びついたガマズミの花、吸蜜を始めた!チャンス到来!!
a0247511_2132122.jpg

クロツバメシジミの生息環境 ごつごつした岩肌だ。ここに食草のツメレンゲが生えている。
a0247511_21321024.jpg


 ziziさん、初対面にもかかわらず色々お話を賜りありがとうございました。
斜め前上45度、いつもそう思うのですが・・・。
これからもよろしくお願いします。







[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-07 00:00 | | Comments(2)
2012年 05月 04日

蝶鳥撮影行 大日ヶ岳に登ってきました

中央が岐阜県大日ヶ岳 その右奥三角の山が白山(日本百名山2,702.17m) 白山の左が別山
a0247511_20163025.jpg

4月28日から4泊、某大学のワンゲルの山小屋に泊めていただいた。
ここをベースに蝶・野鳥を撮りに出かけることにした。
スキー場のゴンドラに乗り終点から雪の斜面を野鳥を探しながら登った。
これという野鳥はいなかったが、大日ヶ岳山頂から見る碧空下の白山は美しかった。

 山小屋はカラマツと杉の林に囲まれている。
足元ではザゼンソウが咲きはじめた。フキノトウも咲いている。
朝は沢山の野鳥の鳴き声で目覚めることを期待したが目覚ましは鳴らなかった。
しかし、よーく見ていると林の中を飛んでいる。カケスも結構やってきた。
朝の出立前に玄関前に置いたカメラの前に現れたカケス、おはようと言わんばかりに頭を下げて飛んでった。
a0247511_20462554.jpg

けれど お目当ての一つ、山小屋の板壁に穴を開けるアカゲラはとんと姿を見せなかった。

 山小屋横の林道を探索した。
昨秋はアカゲラが見られたが今回は他の野鳥もほとんど見られなかった。
代わりにカモシカが2度も現れた。
 2度目の出会い こちらの様子を窺がっている。最初に出会った個体と同じようだ。右角がなくなっていた。
a0247511_21182432.jpg

 ごく限られた範囲で見られたスギタニルリシジミ 
年に一度羽化する。幼虫はトチノキの花蕾を食草にする。
フキノトウで吸蜜中
a0247511_21194571.jpg

 崖の斜面で吸水中 ミネラルの補給か?
a0247511_21203450.jpg

ほかに この近辺で見られた蝶
 スジグロシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、
アゲハチョウ、キアゲハ、
ルリタテハ、シータテハ、ヒメアカタテハ、キベリタテハ(大日ヶ岳山頂で風に流されていった)

[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-04 03:30 | | Comments(4)