カテゴリ:蝶( 240 )


2015年 07月 21日

高山の蝶 ミヤマシロチョウ

2015.07.10撮影
レンゲツツジで吸蜜するミヤマシロチョウ
a0247511_1122654.jpg


峠へ連なる山々のあちらこちらから霧が立ち上っていた。
九州から信州へ、今回の蝶撮影行は雨や曇りがつづいていた。
それがどうやら晴れそうだ。
高山蝶を求めて次の峠に向かう気分も晴れてきた。

a0247511_118576.jpg

吸蜜を終えシロツメグサから飛び発つミヤマシロチョウ
a0247511_1111724.jpg

a0247511_11111533.jpg

地面で吸水中のミヤマシロチョウ
a0247511_11122981.jpg


参考 フィールドガイド 日本のチョウ 日本チョウ類保全協会編 誠文堂新光社
  ミヤマシロチョウ 天然記念物(長野県、群馬県、山梨県指定) 種の保存指定種 絶滅危惧Ⅱ類
       標高1400~2000mの山地の稜線、渓流沿い、牧場などに生息する。
       高山蝶の中でも最も減少しており、各地で保全の取り組みが行われている。
    

  
  
[PR]

by tsutsujioka | 2015-07-21 12:21 | | Comments(0)
2015年 07月 16日

希少蝶ゴイシツバメシジミに会えた!七夕さん

2015.07.07撮影
a0247511_17355571.jpg


ゴイシ!!ゴイシ!!
蝶友が叫んだ。
なんの変哲もない空間の下草の上をチラチラと飛んでいた。
止まれっ!止まれっ-! 止まれ---! ----! -----! 止まった!!
蝶友4人が一斉に取り囲んだ。

湿度が高い環境に生育するシシンランという着生植物が付着した大木の高所を飛翔する。
樹幹からあまり離れず着生植物によく静止する。
雄は地上で吸水する。
図鑑やフィールドガイドから深山幽谷に生息する近寄り難い蝶のイメージを抱いていた。
それが目の前にいた!

それをどう思ったか、ゴイシジミと勘違いして撮っていた蝶友がいた!!
皆がゴイシ、ゴイシと叫ぶのでそう思ったらしい。
何で!わざわざここまで来てただのゴイシジミ!?
撮っているときの感激がなかったという。
その後ヒメジョオンで吸蜜するこの希少蝶を夢中に撮っていたことは言うまでもない。

a0247511_17441532.jpg
a0247511_17443484.jpg

a0247511_17454137.jpg
a0247511_17454881.jpg

頭上から降りてきて吸水かと思う間もなく飛び上がっていった
a0247511_17455874.jpg
a0247511_1746567.jpg
a0247511_17461212.jpg

シシンラン 幼虫はこの花と蕾だけを食べる。保護活動の一環として増殖されている(市房観光ホテルにて)
a0247511_17461974.jpg


今回の撮影ができたのも市房観光ホテルのご主人の案内があったればこそ。
普通なら通り過ぎてしまう処をピンポイントで教えて頂いた。

参考 
 ゴイシツバメシジミ   国指定の天然記念物 保護法指定種  絶滅危惧Ⅰ類
   照葉樹の原生林にのみ生息し国内では熊本県内の2カ所だけ、かつては宮崎県側や奈良県にも生息したがチョウマニアによる乱獲(熊本日日新聞2014.07.27)やシシンランの採集で激減した。
                                            
   地元では「ゴイシツバメシジミの郷を守る会」(熊本県球磨郡水上村岩野2678)を発足して官民挙げて保護活動に取り組んでおられる。1976年から監視小屋も設置されている。
   
[PR]

by tsutsujioka | 2015-07-16 19:38 | | Comments(0)
2015年 07月 05日

アリさん、後をよろしくね クロシジミ

2015.06.29撮影
アリの様子を窺がっているようにも見える産卵直後のクロシジミ♀
 蟻の口元の白いものが卵、葉っぱが丸まった中にアブラムシが見える
a0247511_22343189.jpg

クロシジミについて
参考 日本産蝶類標準図鑑 白水 隆 著 学研 

クロシジミはアブラムシがいるところに産卵する。
孵化した幼虫はそれを探しその分泌する甘露を舐めて成長する。
3齢になるとアブラムシを訪れるクロオオアリの地下の巣に運ばれ養われる。
クロオオアリがクロシジミの幼虫が出す蜜をとくに好むため。
幼虫は巣の中で冬を越し蛹化する。
羽化は巣中で行われ、直ちに地上に這い出して翅を伸ばす。
中にはその時にクロオオアリに食べられることがある。

産卵後に翅を広げて休憩
a0247511_2249886.jpg
a0247511_22491664.jpg
a0247511_22494449.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2015-07-05 23:01 | | Comments(0)
2015年 07月 04日

フジは近くにて見るもの フジミドリシジミ

2015.06.29撮影
フジミドリシジミ♂ 目の前待望の開翅だったがガードレール上ではねー。翅表には水滴が付着していた。
a0247511_209397.jpg


前回から6日経っていた。
今度は山の麓で車中泊。
寝る前に屋根を叩いていた雨も3時半には上がっていた。

真っ暗な細くてきつい山道はヘッドライトだけが頼りだった。
前を小動物が走っていく。
脇に逸れようとしない!距離が縮まった。
もう一匹飛び出してきた。
踏みそうになった。
子狐だった。
続いて路上に物体が?白い斑点が2つ光って見えた。
止めるべきか迷って近づいたら飛び出した。
ヨタカ?一瞬並走した。
こんなこともあろうかとコンデジを脇にフラッシュも出して準備していたが、
運転していてはとても無理、ただ眺めているほかはなかった。

車を後退させたとき、運転席の横を飛んでガードレール上に止まったフジミドリシジミ♂ まさか後ろにいたとは!!
a0247511_2019474.jpg


夜中は風もきつかったようだ。
山道の路上には木の葉やそこそこの枝も散乱していた。
こんな条件の朝にはゼフィルスは下草に降りていることがあると聞いていた。
ポイントに着いたころはガスに覆われていた。
それが次第に薄くなってきた。
路傍を丹念に見て歩いた。
足元をチラチラとフジミドリシジミの♀が飛んで地面に落ちた。
それを発端につぎつぎと葉上に止まっている姿が見つかった。
なかにはアイノミドリシジミの♀、エゾミドリシジミなども。
しかし、フジミドリシジミは♀ばかりだった。

当初翅の中央部分が汚れていると見えたが綺麗な紫色だった、フジにこんな色があるんだ!!
a0247511_20275763.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2015-07-04 00:01 | | Comments(0)
2015年 06月 27日

近くのアイノと遠くのフジ アイノミドリシジミとフジミドリシジミ

2015.06.23撮影
アイノミドリシジミ♂のテリ張り
a0247511_944194.jpg


フジミドリシジミの居そうな空間をいくつか見て回っていた。
少し離れたところを見に行っていた蝶友の呼ぶ声がした。
アイノミドリシジミが占有行動をしていると。
朝日を浴び金緑色に輝きながら、
あっちでもこっちでも卍飛翔を繰り返していた。
なんと美しい!
撮影も忘れ溜め息が出る刻の中に浸っていた。

a0247511_11145842.jpg

a0247511_1115691.jpg


フジミドリシジミの雄の開翅とは相性が悪い。
毎年見かけはすれどまともに撮れたことがない。
今年こそはと早朝から現地入りしたが、
高いブナの木から叩きだして、
遠くに止ったのが撮れただけ。
今年もフジは遠かった!!


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2015-06-27 11:59 | | Comments(0)
2015年 06月 26日

路上の宝石ハヤシミドリシジミ

2015.06.22撮影
ハヤシミドリシジミ♂全開翅
a0247511_23371135.jpg


空が怪しい。
雨がポツポツ降ってきた。
止むのを願って車の中で昼寝した。
15分くらい経った頃空が幾分明るくなった。

ナラガシワをペシペシ叩く度に、
大きな葉っぱに溜まった雨水がボタボタと落ちてきた。
それに混じってハヤシミドリシジミがふらふらと飛び出した。
おいおい、何処へ行く?
なに?アスファルトの上に落ちた!
冴えんなぁー!!
えっ!!翅を開いた。
こんなところで?ますます冴えんなぁー!
とか何とか云いながらシャッターをパチパチ押していた。

a0247511_23492552.jpg
a0247511_23493297.jpg

つづきは路上の開翅

More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2015-06-26 23:55 | | Comments(0)
2015年 06月 25日

またまたクロミドリシジミを撮りに

2015.06.17撮影
クロミドリシジミ♂のV字開翅
a0247511_1816527.jpg


前回から5日経っていた。
羽化最盛期と思い再び来てみたが、意外に少なかった。
この蝶は明け方の4時前後に活動するという。
そんなに早く!勿論見たこともない。
採集者などが早朝に入ったのだろうか。
藪の中に踏み跡がはっきりと残っていた。
それでも丹念に見て歩いた。
やっと1頭、ヨモギの葉上で翅を広げていた。
ススキの前被りが甚だしい。
何とか抜けたところをと動いたら飛ばれてしまった。
それからも何回かチャンスはあったものの、
イメージしていたものには出来なかった。

ススキの丈が高く背伸びしてもこの角度。少し離れたところに置いた脚立を取りに戻ることも叶わず。
a0247511_1838849.jpg

草被りもなんの!ともかく1枚。
a0247511_18414581.jpg

午後近くなって次第に数が見られるようになった。羽化直後の個体か。見張ったが開翅もなく飛んでいった。
a0247511_1843515.jpg

以下は昨年6月20日撮影のクロミドリシジミ♀

More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2015-06-25 18:51 | | Comments(0)
2015年 06月 20日

ゴイシシジミにもこんな色が!

2015.05.31撮影
翅表に茶色と青緑色の輝きが見られるゴイシジミ♀のV字開翅
a0247511_7313142.jpg

逆光気味に見上げる角度で撮ったときに見られるようだ

おっ!こんなところにゴイシシジミが。
毎年ミドリシジミの時期になると様子を見に行っていた所。
かつて一度もそこで見たことがなかった。
今季はその開翅を撮りたいと思っていた。
それが思いがけず撮れたという次第。
神出鬼没、ゴイシシジミとはこんな奴。
今季は所々で見かけられる。
多い年なのか。

この角度では翅表の黒い色と前翅の白斑しか見られない
a0247511_8533369.jpg

前翅の外縁が丸っこいゴイシシジミ♀
a0247511_8534299.jpg

♀右に言い寄る♂左(前翅外縁が♀と比べてなんとなく直線的)、蟻が仲介するも成就せず
a0247511_8535197.jpg


参考
 ゴイシシジミ
   フィールドガイド 日本のチョウ 日本チョウ類保全協会編 誠文堂新光社
   幼虫はタケ・ササ類に付くササコナフキツノアブラムシ、タケノアブラムシなどを食べる純肉食系。
   成虫はアブラムシの分泌物を吸う。
[PR]

by tsutsujioka | 2015-06-20 07:26 | | Comments(0)
2015年 06月 19日

オオミドリシジミ

2015.06.07撮影
羽化してたった今山を登ってきたと思しきオオミドリシジミ♂
a0247511_11122846.jpg


「審査不合格」
この春蝶友たちと、翅=擦れ・中破・大破などと言って、
つぎつぎに現れるギフチョウを選別し合って撮っていた。
ならば下のオオミドリシジミは大破、撮るに値せずなのだが。
それにしても痛むのが早すぎる。
2日前に来たときは姿さえ見られなかったというのに。
後翅を鳥にでも銜えられバタバタしたのだろう?
困ったことにコヤツが空間を占有し、
現れる新鮮な個体を追い払い、撮影の邪魔をしてくれた。
見られただけでも良しとすべしをまあ贅沢なというべきか!

出始めという時期なのに大破していた空間の主オオミドリシジミ♂
a0247511_11124666.jpg


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2015-06-19 12:08 | | Comments(0)
2015年 06月 18日

今年もええぞエゾミドリシジミ

2015.06.15撮影
エゾミドリシジミ♂開翅
a0247511_17294797.jpg

a0247511_17395633.jpg

a0247511_173034.jpg

a0247511_17301016.jpg
a0247511_17301932.jpg
a0247511_17302893.jpg
a0247511_17303577.jpg

2014.06.22 リモート撮影
a0247511_18345276.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2015-06-18 17:42 | | Comments(0)