蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:蝶( 203 )


2017年 06月 08日

我が市のゼフィルス・ウラ2種

2017.06.03撮影 ウラナミアカシジミ   
a0247511_23110399.jpg
10mほど先の叢に何やら動くものがちらっと目に入った。
蛾にしては赤い、何だろう。
それから目を外さずに近づいた。
枯れた草の軸をごそごそ上ってきた。
今シーズン初見のウラナミアカシジミだった。
                    
a0247511_23261824.jpg
ウラゴマダラシジミ 4mくらいの高さの枝葉の上にいた交尾体
a0247511_23275083.jpg
竿で叩いたらヒメジョンに落ちてその軸を這い上がって来た
a0247511_23275539.jpg
変化がないので指に止まらせてご移動願った。このまま夜を過ごすのだろう。
a0247511_23274421.jpg







More 続きは、この日に撮ったその他の蝶
[PR]

by tsutsujioka | 2017-06-08 00:07 | | Comments(0)
2017年 05月 28日

ちょっと違うかな近畿と中部との境目のダイミョウセセリ


2017.05.17撮影
a0247511_21433583.jpg
ダイミョウセセリが花から花へ飛んでは吸蜜していた。
我が家の庭にもやって来る、
居たら撮るという程度の普通の蝶。
それをミカドアゲハの飛来待ちの間に撮っていた。
 後翅の白帯が普段見ているよりも薄かった。
関東ではそれが無いという。
ここはその境目と聞く。
そしてこの薄いタイプをタワケ型というらしい。
ダイミョウにタワケ?

この姿何を連想する?ダイミョウ?友人曰く、「織田信長の兜」二人して同じだった。a0247511_21435046.jpg

a0247511_22440161.jpg















a0247511_22454732.jpg
a0247511_22465085.jpg






















                                                           




More つづきを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-28 23:14 | | Comments(0)
2017年 05月 27日

クリンソウとクロ系アゲハ


2017.05.14撮影 ミヤマカラスアゲハ
a0247511_07435864.jpg
 
a0247511_08150135.jpg
クロアゲハ                                   
a0247511_08150274.jpg
a0247511_08150263.jpg
2017.05.19撮影 オナガアゲハ
a0247511_08150282.jpg
a0247511_08161044.jpg
a0247511_08161064.jpg
a0247511_08161136.jpg
                                         
    







                              
                                                                    


More 以下は去年の撮影のミヤマカラスアゲハ
[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-27 08:46 | | Comments(0)
2017年 05月 26日

ミヤマカラスアゲハの集団吸水

2017.05.23撮影
この撮影地でこれほど多数の集団吸水を見るのは初めてだった。
この日の集団吸水2番目の場所。
a0247511_19042060.jpg
渓谷でこの日最初に見た数頭の集団吸水、例年はこの程度。
a0247511_19042187.jpg
a0247511_19042203.jpg
 渓谷を奥へ進んで遠くに見つけた2番目の集団吸水の様子。数カ所に分かれていた。                              
a0247511_19042260.jpg
a0247511_20364536.jpg
a0247511_20364526.jpg
a0247511_20364602.jpg
a0247511_20364688.jpg
a0247511_20364607.jpg
a0247511_20375328.jpg






[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-26 21:03 | | Comments(0)
2017年 05月 25日

ミカンの花にやって来たミカドアゲハ


2017.05.17撮影
a0247511_09485095.jpg

ミカンの花がない!
昨年たっぷり撮れた雑草地。
その横に植えられた蜜柑を見に行った友人が、
早まったか!
と苦笑しながら戻ってきた。
 反対側の蜜柑はどう?
株が減って一株だけになっていた。
それも花の盛りを過ぎていた。
 ミカドアゲハと花とのタイミング、
早いのか遅いのか分からなくなった。

いた!
遠くの高いセンダンの花の周りを飛び回る数頭が見えた。
やれやれ、そのうち蜜柑にもやって来る。

a0247511_10043734.jpg
a0247511_10061178.jpg
a0247511_10062047.jpg

現地に着くなりじろじろと見られた。
「そんなスタイルでさっとネットを出しミカドを採った輩が居た」ということだった。
カメラを装着した一脚が採集網の隠し棒に見えたらしい。
 地元の人たちが大切に保護しているミカドアゲハを盗る採集者よ、不愉快な思いをさせないでくれ!

註 ブログ容量が限度に近づいてきましたので、古いものから随時削除する予定です

[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-25 10:54 | | Comments(0)
2017年 05月 21日

こんなところにヒメギフチョウが居たんだ!


2017.05.12撮影
a0247511_15463009.jpg

友人のナビに従い撮影地に近づくにつれ見たことがあるような景色が現れてきた。
そのうちカーナビにも登録マークが現れた。
かつて叔父と温泉にきたときうろついて、
何かいそうな雰囲気に登録しておいた場所だった。
そこからもう少し奥に行ったところがヒメギフチョウのポイントだったのだ!

a0247511_15463154.jpg


a0247511_15463193.jpg


a0247511_15463141.jpg
a0247511_15463247.jpg
a0247511_15463216.jpg
a0247511_15463286.jpg
a0247511_15463386.jpg


[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-21 17:12 | | Comments(0)
2017年 05月 20日

ギフチョウのイエローバンドを初めて見た!

2017.05.11撮影 ギフチョウ・イエローバンド
a0247511_13244923.jpg

林の中を冷たい風が流れていた。
薄曇りの空から時折り漏れる陽射しは力なく、
薄いダウンジャケットを着ていても脇の辺りが寒かった。
もう少し長い陽射しが欲しいと空を眺めながら、
来ぬギフチョウを待ち続けた。

隣で辺りに気を配っている友人と、
「最初にイエローバンドが現れるかも?」などと
鬱陶しい気を紛らわすような話をしていた。

ようやく温もりが感じられるようになってきたとき、
梢から落ちるように舞い降りてくるギフチョウが目に入った。
同時に、あっ?と隣に居た採り屋が声を発していた。
その降りたと思しき場所から目を外さず近づいた。
ところが容易に見つけられなかった。
そのうち近づきすぎたのか舞い上がった。
と同時に採集ネットが翻った。
?!?!?!?!?!
それがなんと初めて見るイエローバンド!
何とも不愉快だった。
この後 撮り屋の気持ちなのかスミレの花の上に載せてくれた。
参考にそれを撮りはしたが遺影を揚げることはしたくない。
幸いなことに採り屋が去った後チャンスが2度ばかり訪れた。

イエローバンド裏側 表側に回り込む余裕はなかった。

a0247511_13245055.jpg
以下ノーマルタイプ
a0247511_13245167.jpg
イエローバンドのこのようなシーンを撮りたかったが・・・
a0247511_13245069.jpg

a0247511_13245196.jpg
T市のMさん 楽しい時を過ごさせていただきありがとうございました。
採り屋がいなければもっと落ち着いて愉快に過ごせたことと思います。
 「最近採れなくなって」と云ったと言う採り屋の話は愉快でもあり不愉快でもあります。
本人自身が分かってないのですから、
何をか言わんや!

[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-20 16:18 | | Comments(0)
2017年 05月 15日

九輪草で吸蜜するミヤマカラスアゲハ

2017.05.14撮影 ミヤマカラスアゲハ♀
a0247511_22570881.jpg
a0247511_22571414.jpg
a0247511_22572899.jpg
a0247511_22570158.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2017-05-15 23:00 | | Comments(0)
2017年 04月 12日

マイフィールドのギフチョウ現る

2017.04.12撮影
コバノミツバツツジで吸蜜するギフチョウ、ポーズはイマイチなれど今年初だった。
a0247511_2032648.jpg


去年のギフチョウの初見は3月30日だった。
今年は4月10日に羽化直後で翅を伸ばしている2頭を見た。
しかし、その後二日間雨と寒さとで飛ぶ姿は見られなかったという。

今日午後からわずかに晴れ間が出る予報だった。
ならばきっと飛ぶ、そう思ってポイントに行ってみた。
予想は当たった、さっき飛んでたという。
間もなくコバノミツバツツジに吸蜜に飛来した。

今日は1時間半くらいの間に一目3頭、延べ数頭を見ることが出来た。
マイフィールドもいよいよギフチョウの季節が始まった。

ショウジョウバカマでも吸蜜、マイフィールドではめったにないチャンスが初日に到来!
a0247511_210197.jpg

a0247511_2102819.jpg
a0247511_210399.jpg

よたよたと飛んできた羽化直と思われる個体
a0247511_210506.jpg

落ちるようにホトケノザに止まって吸蜜?
a0247511_211735.jpg
a0247511_2112448.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2017-04-12 21:11 | | Comments(0)
2017年 04月 05日

待ち遠しかったギフチョウ

2017.04.05撮影
ショウジョウバカマで吸蜜するギフチョウ♂ ほんの一瞬のチャンスだった
a0247511_2322263.jpg


春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす  歌は思えど
時にあらずと  声もたてず
時にあらずと  声もたてず

春分の日に今年の新生蝶コツバメを撮って以来、
陽射しで温もりかけた地表は冷たい風に剥ぎとられ、
早春賦の歌詞を思い出させるような寒い日が続いていた。
コツバメにつづく新生蝶ミヤマセセリを求めてマイフィールドを歩いてみたが、
コツバメの姿さえ見られなかった。
それから1週間、ようやくミヤマセセリが現れた。
つぎはギフチョウと昨日も歩き回ってみたが未だ現れず。
今日あたりかなと思いつつフライング覚悟で遠出して、
カタクリギフチョウを見に行った。

現地に着いてすぐ梅花の周りを飛ぶギフチョウが目に入ってきた。フライングでなくてよかった!
a0247511_23231864.jpg

カタクリで吸蜜
a0247511_20482745.jpg

a0247511_20523640.jpg

オオイヌノフグリで吸蜜
a0247511_23282822.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2017-04-05 23:34 | | Comments(0)