カテゴリ:省エネ( 3 )


2014年 08月 07日

今年もゴーヤーカーテンを

2014.08.07撮影
a0247511_1455022.jpg


暑中お見舞い申し上げます

開け放した縁側を風が通り抜けていく。
今年はゴーヤーの苗を1本増やして4本で、
グリーンカーテンを10メートル幅に広げた。
陽射しを遮る涼しさは広がったけれど、
今年の風の蒸し暑さはどうにもならない。

エアコンを点けるのも憚られるご時世。
それではと、カーテンの影にごろりと横になり本を読むことにした。
推理小説はほとんど読んだことがない。
ところがクモマツマキチョウを撮影に信州へ行ったとき、
その作家と話をする機会を得た。

柴田よしきさんだった。
NHKのドラマにもなったとか。
タイトルは「激流」、上下2巻の大作だ。

段々引き込まれていく。
暑さなんかどこ吹く風になっていた。
そのうち知らぬ間に眠っていた。
本を落とすこともなく読んでいる姿勢だったそうだ。
まー、器用なこと!と家内に笑われた。

また読み始めた。
何度か同じような文章が表れるので、
眠る前に読んだシーンがよみがえってくる。
何日か ブログの更新を忘れ、
暑さを忘れて一気通貫で読んでしまった。
また暑さが戻って来た。
あーぁ、こう暑くては堪らん。

a0247511_146354.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-08-07 14:58 | 省エネ | Comments(0)
2013年 08月 15日

今年もゴーヤーのカーテンを造ってみたものの・・・

2013.08.13撮影
a0247511_04182.jpg


ゴーヤーのカーテンが風に揺れている。
強烈な陽射しを受けたその影も縁側で揺れている。
今年の暑さは特別だ。
激暑、極暑、猛暑なんて聞き慣れた。
今年は、じぇ!じぇ!暑とでもいうべきか。


More 続きを見る
[PR]

by tsutsujioka | 2013-08-15 10:00 | 省エネ | Comments(2)
2012年 08月 21日

ゴーヤーのカーテン 我が家の暑さ対策

残暑お見舞い申し上げます。

暑い、暑い、暑い、まことに暑い。
例年、エァコンを極力控え扇風機で凌いできた。
今年は一層の節電が求められている。

我が家もゴーヤーのカーテンを造ることにした。
なんせ初めてのこと、3株を猫の額ほどの土に植えた。
なかなか伸びてこない、次第に花が付きだしたものの雄花ばかり。
家内は買い物のたびによそ様が植えているゴーヤーを見て実のなり方などを勉強してきた。
それもあり次第に蔓が伸びだした。雌花も付くようになってきた。
朝の雌花の受粉が日課になった。
とうとう3.6m×1.8mのゴーヤーネットでは足りなくなった。
もう一枚ネットを継ぎ足した。都合幅7.2mの緑のカーテンができ上がった。
実も次第に大きくなったが穫り入れ時が分からない。
一番目に育ったそれはそのままに神様のお供えにした。

従来は日が当たって熱くなった縁側が冷たくて気持ち良い。
風に葉が擦れてゴーヤーのような苦みを含んだ微かな香りが網戸を通り過ぎていく。
これもまた清涼剤のように思われた。

幅7.2m×高さ2mのゴーヤーカーテン 現在は両サイドも埋まり、さらにはみ出している。
雨戸に張り付けた押入れ敷き用銀シート 数年前からやってるが夏冬ともに断熱効果が大きい。
ちらりと赤い一番生りが見える。その右側はプランターに植えたミニトマト。
a0247511_1882780.jpg

ずいぶん実が生った。60個くらいは穫れそうだ。
毎日バナナ、牛乳を加えたゴーヤージュースを飲んでも余っている。それはそれでご近所行きとなる。
軒下の電球はLED/6W常夜灯 光電管付/タイマーで8時間にセットしている。
a0247511_1882688.jpg

実と軸との境目辺りがひび割れてきた。そのままにしておけば落下してしまう。
穫り入れてテーブルに置いておいたらオレンジの果肉がガラス細工が壊れるように崩れていった。
こうして種が落ちるのか、その様子が分かった。
a0247511_18213597.jpg

ゴーヤーは日照りと水と肥料が大切という。肥料は家内が一年かけて作った生ごみ堆肥を使った。

 そのほかに、門から玄関までの石畳の日焼け防止に寒冷紗を懸けた。
照り返しが和らいだような気がした。鉢植えの花にはこれがよい。
a0247511_18505214.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-08-21 00:00 | 省エネ | Comments(0)