蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 09日 ( 1 )


2017年 08月 09日

厳しく保護されているウスイロヒョウモンモドキ

2017.07.13 広角レンズで背景も入れて撮影
a0247511_11365881.jpg


高原と言えど暑かった、木陰を求めて車を近づけた。
そこには既に1台止められ近くの木陰に一人腰かけていた。
その横には保護地であることの条例告知板が掲げられていた。
道から叢に踏み込まないように告げられた。監視員だった。
これでは撮影は厳しかろうと一瞬思ったが道端にも出てくるという。
そういえば前回来たときにもそんなことがあったのを思い出し、
沢山居るヒメシジミを相手にしながら気長に待つことにした。

a0247511_11370816.jpg
a0247511_11370492.jpg
下2枚は蝶友2人が調教しておいたという個体。レンズが触れるくらい近づいても逃げなかった。
a0247511_11371225.jpg
a0247511_11371750.jpg
a0247511_11383517.jpg
a0247511_11385012.jpg
a0247511_11390239.jpg
道端に現れるまでは長く感じられたがその後は退屈しない程度に撮影できた。

 それにしても監視の方は大変だ。地元の方だそうだが農作業を差し置いてまでもボランティアでここにおられるそうだ。さらに広い草原の草刈りもされるとか。
ボランティアの皆さんのご苦労があって撮らせていただきました。ありがとうございました。
 参考;ウスイロヒョウモンモドキ 絶滅危惧Ⅰ類 草原環境の減少および悪化で、既に多くの場所で絶滅し現存の生息地は僅かである。各地で保全活動が進められている。フィールドガイド日本のチョウ 日本蝶類保全協会編 誠文堂新光社より

 attention please;
この一帯ではキマダラルリツバメも採集禁止になったそうだ。





[PR]

by tsutsujioka | 2017-08-09 13:01 | | Comments(0)