蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ

2012年 08月 15日 ( 1 )


2012年 08月 15日

ミヤマカラスシジミなど伊吹山

キリシマミドリシジミは2年続きの空振り。
この場所はこれがいなければ写すものが何もない。
キリシマとはセットでいるらしいクロシジミがいそうな環境でもない。
そこで場所もはっきりしないミヤマカラスシジミがいると云う伊吹山方面に移動した。
a0247511_1013312.jpg

昨年は奥伊吹まで行ってみたが探せなかった。
今年は山頂のお花畑に行ってみた。
 スジボソヤマキチョウ、オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、
コキマダラセセリ、ヒメキマダラセセリなどが花にきていた。
 スジグロシロチョウなどは、冗談に伊吹山の薬草の花の蜜を吸って健康児になったのではないかと思えるほど大きく見えた。

イブキアザミで吸蜜するスジボソヤマキチョウ
a0247511_10413282.jpg

イブキジャコウソウで吸蜜するスジボソヤマキチョウ
a0247511_10414927.jpg

イブキジャコウソウで吸蜜するオオウラギンスジヒョウモンとアカタテハ 
ここはさながらタテハ蝶類のお好み食堂状態だった
a0247511_11162086.jpg

ハチに追い出されたコキマダラセセリ
a0247511_11273743.jpg

駐車場の上にいたサカハチチョウ
a0247511_13242780.jpg

 
このように蝶はたくさんいるのだが、
目的のミヤマカラスシジミはどの辺りを探せばよいのか皆目見当がつかない。
ただ白い花によく来るらしいのでシシウドの花に気を付けていたが見つけられなかった。
果たしてどこにいるのか。諦めて帰り際、念のため見回ったシシウドにいた。
意外や意外!!こんなところにいたか!!擦れて傷んではいたがミヤマカラスシジミ!
トラフシジミ夏型の擦れた個体と見紛えたが蝶友がミヤマ、ミヤマと叫んでいた。
伊吹山の個体は他所とは少し違うという。ならば他所の個体も撮ってみたい。
どこに行けばよいのやら?
a0247511_1043739.jpg

来年は来る時期を早めよう。でもキリシマの時期と合うのかな?

[PR]

by tsutsujioka | 2012-08-15 00:00 | | Comments(0)