2014年 08月 02日

北海道特産種のシロオビヒメヒカゲと北海道亜種のウラジャノメ

2014.07.06撮影
シロオビヒメヒカゲ
 日本では北海道特産種 道路工事で法面に植えつけられる外来植物を食草にして分布個体数ともに増加傾向にあるという。
(かたや本州に生息するヒメヒカゲ(絶滅危惧Ⅰ類)は各地で保護活動が行われている)
a0247511_20174273.jpg

2014.07.07撮影
ウラジャノメ♂ 北海道産は後翅裏面の眼紋内側の白帯が太いという。
a0247511_201951100.jpg


前日にこれがいるという林道にヒグマが出たという。
COW BELLを付けていても出会わないという保証はない。
林道を入ってすぐのところでこれを見つけられたが、
それ以上奥へ入る気がしなかった。

ウラジャノメには、亜種が3種ある。すなわち、①本州亜種、②北海道亜種、③利尻島亜種
(日本産蝶類標準図鑑 白水隆著 学研による)
①はすでに信州で撮っていた。②は今回撮れた。さて③をどうするか。わざわざ・・・?





シロオビヒメヒカゲ
a0247511_20213638.jpg

ウラジャノメ♂
a0247511_2021858.jpg

a0247511_20215736.jpg

a0247511_20214872.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-08-02 21:09 | | Comments(0)


<< 関西では冬鳥がこんなところにい...      北海道のクジャクチョウ、シータ... >>