2014年 07月 28日

カラフトセセリとカラフトタカネキマダラセセリ

2014.07.06撮影
カラフトセセリ♂
a0247511_1443188.jpg


カラフトセセリ?
その名に覚えがなかった。
30頭ほど標本箱に並べると綺麗だということだった。
なんと無茶な!!とその時は思った。

1999年に北海道滝上町で発見された。
北米由来の可能性が高い、
競走馬の飼料として輸入された牧草に、
卵が紛れて運ばれた、
アメリカでは牧草害虫とされている、
ということらしい。

そうか、本来日本にいなかったものだったのだ。
迷蝶でもない無為の人為的移送有害虫。
標本にされても止む無しか!

カラフトタカネキマダラセセリ♀
日本では北海道の特産種。外国ではサハリン、朝鮮半島、中国東北部からヨーロッパにわたってユーラシア大陸の北部寒冷地に広く分布する。(日本産蝶類標準図鑑 白水隆著 学研 による)
a0247511_1444924.jpg





カラフトセセリ♂
a0247511_14171791.jpg

カラフトタカネキマダラセセリ♀
2頭を見ることが出来たが、葉上に止まると直ぐに開翅するので翅裏を撮るチャンスがなかった
a0247511_1417258.jpg

カラフトセセリ♀
a0247511_14173726.jpg

a0247511_14314742.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-28 14:32 | | Comments(0)


<< キマダラセセリとコキマダラセセリ      何処にでもいたエゾシロチョウ >>