蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 17日

舞い降りてきたリンゴシジミ

2014.07.06撮影
a0247511_15155022.jpg


ペンションの前に大して広くない空き地があった。
そこには大きな蕗の葉っぱが密生していた。
出発前 蝶友の小さな影が遠くに見えていた。
彼が車に戻って来るまでの僅かな時間に、
その空き地に行ってみた。
イチモンジチョウらしきが白い花に来ていた。
それをカメラにと思ったとき、
目の前の蕗の葉上に何やら蝶が舞い降りた。
カラスシジミ?
それにしては色が薄い、褪せている。
リンゴシジミ?
でもその時期はもう遅いと聞いていた。
それに食草となる木も付近に見当たらなかった。
また、宿の近くにいるとも聞いていなかった。
こんなときは「考えるよりもまず写せ」が鉄則だ。

葉っぱの上をぐるぐるとまわり往ったり来たりした。
ときに飛んだかと思えばまた元の葉っぱに戻ってきた。
ようよう動かなくなって翅をわずかに開いた。
すわっ、御開帳?
あっという間に飛んでいった。

こんなのが居たと蝶友に見せたら嬌声を上げた。
これまでそれらしきところをあちらこちらで探しても見られなかったリンゴシジミだった。
皆が撮りたかった蝶、
声をかけても間に合わなかっただろう。
当方がそれと気づくのが遅かった。
私だけ、ごめん。

a0247511_1515598.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-17 15:31 | | Comments(0)


<< 左右の翅で斑紋が微妙に異なるウ...      ノゴマとノビタキ >>