2014年 07月 14日

大雪山の高山蝶(2/2) ダイセツタカネヒカゲとアサヒヒョウモン

2014.07.07撮影
白い花で吸蜜するダイセツタカネヒカゲ(国の天然記念物 準絶滅危惧種)  花の名は????
a0247511_19421085.jpg


ロープが張られたコマクサ平の登山道を歩いてた。
何やら足元から飛び発った。
砂礫岩礫の上を吹く風に低く流されながら飛んでいく。
あれは初めて見るダイセツタカネヒカゲ!?
足元にいたはずのその蝶が見えなかった。
意外に敏感。
見つける前に次々と飛ばれてしまった。
止まったところから目を離すともう分からなくなっていた。
やがてその習性にも慣れてきた。
ここぞと思うところで待ち受けた。

アサヒヒョウモン(国の天然記念物 準絶滅危惧種)
 大きな岩の上に何かいた。レンズを通してそれと認められるほど遠かった。
a0247511_19422774.jpg

撮れたのはたったのこれ一枚。

コマクサ平から見上げる雪渓を1時間ほど登ったところで多く見られると聞いていた。
しかしあれを登るのはちときつい。残念だけどやめておこう!
ここコマクサ平でも見られないものかとヒョウモンチョウの類に気を付けていた。
そんな折、ふと見た遠くの大きな岩の上の小さい橙黄色を、
岩の色とは違うと気付いたのが幸運だった。




岩礫に溶け込むダイセツタカネヒカゲ
a0247511_20153918.jpg

ウスバキチョウの食草のコマクサで吸蜜するダイセツタカネヒカゲ
a0247511_20154517.jpg

一度目を離すと見失うほど岩に溶け込むダイセツタカネヒカゲ。
止まるとすぐ日光浴のために体を傾けて静止するので、ますます岩に溶け込んでしまう。
a0247511_20155374.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2014-07-14 20:49 | | Comments(0)


<< ギンザンマシコ 旭岳&コマクサ平      大雪山の高山蝶(1/2) ウス... >>