蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 05日

クモマツマキチョウ 国産とスイス産

2014.06.02撮影
クモマツマキチョウ♂  雄も今回の撮影行で唯一のチャンスだった。 定番のハタザオでの吸蜜なんて望むべくもなかった。
a0247511_217054.jpg

皆が帰った後 二人だけで話し込んでいるときに現れた。
岩壁が陰りだし涼しさを感じるようになった17時前のことだった。
黄色い花にはめったに来ないと聞いていたし、こんな遅くに現れるなんて!
何があるか分らない。やっぱり粘るものだね。

なんでだろう?
どこへ行ったんだ?
それぞれの撮影ポイントでもクモツキを見た人は少なかった。
一昨日はそこそこの数が居たと言うことだったのに。
それが急に雲隠れとは奇異だった。

今日は本当に暑かった。
高山蝶のクモマツマキチョウは暑さに耐えかねて、
もっと標高の高い涼しい所へ避暑に行ったのだろうか。

後程分かったことだが、昨日密猟者が14人もいたと
自然保護監視員から聞いた話を教えて頂いた。
なんという不埒な輩。
天然記念物を採る、いや盗むとは!!
哀れクモツキ、天に逝っていたとは!

食草のハタザオに産卵したクモマツマキチョウ♀ 尻尾の先の食草に卵が。 
a0247511_21264197.jpg

産卵のあとスミレで吸蜜。この雌も出会った唯一の個体だった。
a0247511_2129463.jpg

初めてのクモツキ撮影行でした。何もわからぬところをいろいろと親切に教えて頂いたみなさんに感謝申し上げます。

続きは、スイスの世界遺産に登録された鉄道アルブラ線のランドバッサー橋下で昨年の6月に撮ったクモマツマキチョウ♂ これがクモツキとの初めての出会いだった



2013.06.22(日本時間)撮影
a0247511_2147394.jpg

a0247511_21473292.jpg
a0247511_21474016.jpg


ランドバッサー橋のビューポイントからバスに引き揚げる途中にひらひらと目の前の地道に舞い降りた。
蝶友からスイスへ行くならクモツキを撮って来いと言われていた。
そんなに簡単に撮れるものでもないと思っていた。
クモツキならぬウンツキ(運付き)だった。
集合時刻が迫っていた。
十分に時間をかけて撮る余裕などなかった。
集合最後の客となったのは言うまでもない。
でも遅れはしなかった。

[PR]

by tsutsujioka | 2014-06-05 22:04 | | Comments(6)
Commented by AKIO M. at 2014-06-05 23:16 x
お世話になりました。
黄色いペア蝶が私たちにクモツキを呼んでくれましたね。
それにしても密猟でしたか。残念ですがそう言う実態があるんですね。
あの後鹿島川(温泉の下流)でハリエンジュが綺麗だったので寄りこんだら、ミヤマシジミがでてきて暫くお相手してくれました。
Commented by OTTO at 2014-06-06 09:31 x
先日はご一緒させていただきどうも有り難うございました。
猛暑のせいで、活動を停止してしまったクモツキの数少ないチャンスをしっかりモノにされましたね。写真も鮮明で素晴らしいですね。
さすが、長年自然の生き物を写して来られたカメラの手慣れた方の作品だと感服いたしました。
今後とも撮影の手ほどきなどをお願いいたします。
Commented by tsutsujioka at 2014-06-06 16:44
AKIO M.さん こちらこそ 思いがけないチャンスを戴いて神様、アヤメのミヤマモンキ様でした。私もハリエンジュの横を通ったような気がしますが、ミヤマシジミの生息環境を知らない私には思い付もしませんでした。もっともアルプスあずみの公園では写せましたが。今後とも宜しくお願いします。
Commented by tsutsujioka at 2014-06-06 16:54
OTTOさん 初めてのクモツキ撮影行でしたので、どの辺りなのか思案しておりました。そこへお越しになりしかもポイントまでご案内頂けたなんて嬉しい限りです。作品だなんて!その場で夢中になって撮っただけのものです。今後とも宜しくお願いします。
Commented by at 2014-06-08 22:37 x
こんばんは。
先日はお疲れさまでした。あの後17時まではさすがに待てませんでした。
翌日違うところで証拠写真を撮ることができました。
今度は、クローズアップを撮りたいと思います。
Commented by tsutsujioka at 2014-06-11 10:04
おはようございます。
あんなにもチャンスがないなんて!待ちくたびれました。証拠写真が撮れたとのこと、あの状態ではそうなりますよね。当方もハタザオ吸蜜のクローズアップと残雪の山を背景に飛翔が撮りたいです。クモツキの魅力ですね。いつになりますことやら。また来年 お会いしましょう。


<< 念ずれば蝶の翅開く ウラキンシ...      同窓会場で見たミスジチョウ >>