2014年 02月 20日

今日はこれだけだった、それよりも

2014.02.20撮影
ジョウビタキ♂に縄張りを仕切られ追っかけられていたルリビタキ♂
こちらが後退しなければ写せないほど近くにやって来た
a0247511_22554248.jpg


1か月ぶりに隣町の山の公園へ行ってみた。
出会った鳥友はみな、鳥が少ないと言っていた。
なるほど!待てど目当ての鳥は来なかった。
今日の収穫は鳥友方と久しぶりに話ができたことか!

上とは少し離れた場所でも、ジョウビタキ♀に追っかけられていたルリビタキ若♂
a0247511_2257768.jpg




帰りがけに地面から飛び上がって来たアオジ♂ ここにはいつも2羽が居ると云う
a0247511_230531.jpg

住宅のチラシでも見ているような?巣材とするのだろうか口に羽毛を銜えたエナガ
a0247511_2325527.jpg

以上 なにか物足りない! 
[PR]

by tsutsujioka | 2014-02-20 23:11 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by kyoncci at 2014-02-21 07:30
一度だけ、たった一度だけこの子がごく近くまで来てくれたことがあります・・・
明治神宮のお庭なんで餌付けされてる?んでしょうけど
とにかくキレイ!!そして歌声が、まるで天使の詩!
美しい・・・・・うらやましい・・・・
Commented by tsutsujioka at 2014-02-21 23:41
そんな瞬間があると幸せを感じますね。鳴き声とその主の姿を確認できたとき、これがルリビタキか!さえずりの何とも言えない美しさ!!
今でもその声を聴くたびに、初めて声と姿とが一致したときのことを思い出します。


<< ウソでないヤマドリのはなし      ウッソー!やって来なかったウソ >>