蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 27日

キバネセセリが来る壁

2013.07.19撮影
a0247511_1251947.jpg


教えてもらったオオイチモンジのポイント。
その雰囲気がするところを探していた。
モルタルが吹き付けられた高い道路法面があった。
脆くなっていて湿り気があるように思われた。
いい感じだ!
こんなところにもやって来るかも?

そこに何やら動くものがいた。
ヒカゲチョウ、クロヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲだった。
さらによく見るとキバネセセリもいた。
一昨年、昨年とこの蝶を余所で見ていたが、
これは今までにない新鮮な個体だった。
花止まりではなかったが、
オオイチモンジを忘れて撮っていた。

それから2週間後、
墓参りの帰りにここを通ってみた。
色あせてはいたが、やはりキバネセセリがいた。
この法面をキバネの壁と言うことにしよう。





a0247511_12151934.jpg

下から ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、キバネセセリ、ヒカゲチョウ
a0247511_12152915.jpg
a0247511_12153774.jpg

獣の糞に集まるヤマキマダラヒカゲとキバネセセリ
a0247511_12154943.jpg

ときおりやって来たシータテハ
a0247511_13213960.jpg

翅がブレた?! なんで? 前翅を微振動させて吸水していた。
以下、キバネの壁から少し離れたところにて、ここにはオオイチモンジもやって来た 
a0247511_1216476.jpg

a0247511_12162092.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2013-08-27 00:00 | | Comments(0)


<< 朝露を纏ったコヒョウモンなど      オオイチモンジ (絶滅危惧Ⅱ類) >>