2013年 08月 26日

オオイチモンジ (絶滅危惧Ⅱ類)

2013.07.20撮影
a0247511_2325050.jpg


鳥友が綺麗なオオイチモンジを揚げていた。
鳥の目、蝶の目で車をゆっくり走らせた。
路上から何やら初見の蝶が飛び出した。
それを追っかけたら吸水したと言う。

さっそくポイントを教えてもらった。
それから1週間経っていた。
昼遅くそこに着いたが見られなかった。

翌日は、お山の神様に手を合わせながら行った。
その願いが届いたか、
教えてもらったところではなかったが、
2カ所で足元にやって来た。
しかし、いずれも翅が傷んでいた。

「お前、姿を見せてやれ」と山の神様が、
老いたオオイチモンジに言われたのかも。
それならお供えもしておけばよかった!
また、来年。




ヤマキマダラヒカゲ?のいるところに飛んできたオオイチモンジ
a0247511_23244723.jpg
a0247511_23245413.jpg

a0247511_23251766.jpg

a0247511_23251040.jpg


参考:
  オオイチモンジ
   群馬県、長野県、山梨県では天然記念物に指定、
   長野県では、種の保存法および関連した都道府県条例での指定種
[PR]

by tsutsujioka | 2013-08-26 00:10 | | Comments(0)


<< キバネセセリが来る壁      ゴマシジミと出会う辻 >>