蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 21日

行くたびに出会ったウラキンシジミ

2013.06.12撮影  
羽化直後と思われるウラキンシジミ♂
a0247511_9273229.jpg


栗の花の咲き具合を見に行った。
花穂は未だ黄緑色だった。
中には気の早い花も僅かにあって、
白く咲いたところに虫たちが集まっていた。
その中にメスグロヒョウモンを探したが、
雄は雌を求めて婚活に忙しく、草の中を飛び回っていた。
出来れば羽化直後の雌を撮りたい。
そう思いながら叢の道を歩いていた。
何やらふらふらと落ちて来た。
すすきの中に入った。
おゃ!ウラキンシジミではありませんか!
妙なもの、これを求めていったときには会えないのに。
このとき以来、場所を変えても行く先々で出会った。
今年はウラキンも多いのかな?
そういえば食草のトネリコが随所にあったな。
いや、それは例年同様だ。




ただ今翅をスリスリ中、内側の黒色が墨を刷いたようで美しい
a0247511_2273894.jpg

2013.06.08撮影
これもふらふらと目の前に落ちてきたウラキンシジミ♂ これが今季初撮りだった
a0247511_22750100.jpg

2013.06.12撮影
オオミドリポイントから移動した場所でも
a0247511_228858.jpg

ウラキンがいたところにはササユリが咲き初めていた
a0247511_22295244.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2013-06-21 00:00 | | Comments(0)


<< 今年は多かったアカシジミとウラ...      3m頭上のゼフの開翅を撮る オ... >>