2013年 06月 18日

ゼフシーズン真っ只中 ミドリシジミ

2013.06.17撮影
a0247511_1049637.jpg


ゼフィルスのシーズンがやって来た。
トップバッターはウラゴ、ミズイロ、アカシジミ。
とくにアカは我が家の庭に3回もやって来たほど今年は多い。
そのあれほど居たアカもボロボロになり、次第に見られなくなっている。
それと入れ替わりミドリシジミが現れた。
先着の同好の士によれば2日前には既にいたという。

この日(16日)の前日は空梅雨が続くなか久々の雨だった。
それゆえかミドリが3、4頭下草に降りて止まっていた。
3、4時間看ていたが夕刻になり、
開翅することなく、ぱっと高い処へ上がっていった。

翌朝早く家を出た。
しかし、下草には何もいなかった。
竿で叩いても樹上高い処に1、2頭が見られるだけだった。

場所を変えた。
そこでも状況は変わらなかった。
それでも草木を丹念に叩いた。
しかし出ても高い処に上がるだけだった。
これはアカンなと思い始めたころ、
さっき叩いたばかりの桑の葉上に止まっているのが目に入った。
カメラポジションは目の高さ、申し分ない。
開翅するか否か分らない、でも待つよりほかに手がない。
長く待ったような気がしたころ、翅がじわじわと開きだした。
5分間くらいか、用意してきた脚立上からも撮れた。
翅表や縁毛の擦れ具合からしてみると羽化直ではなさそうだ。
出現のタイミングを計るのは難しい。




a0247511_13294165.jpg
a0247511_13302439.jpg

撮ってと言わんばかりにそばにいたベニシジミ
a0247511_13302582.jpg

a0247511_13313822.jpg

2013.06.16撮影
a0247511_13322441.jpg

頭上3mでも撮れるように、2年越しで工夫したツールで撮影
a0247511_1332562.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2013-06-18 14:15 | | Comments(4)
Commented by butterfly_mie at 2013-06-18 20:41
ラムネちゃん、早く会いたいです。
御開帳にあずかれるとよいのですが....
どうぞ素敵な旅を!
後ほど、出陣の合図をお待ちしております~
Commented by tsutsujioka at 2013-06-18 21:34
ウラゴを撮りはぐれたときから溜まりにたまったものを整理しています。旅写真がまたまた増えるでしょう。整理が大変です。でも御開帳は魅力的。出陣の合図をお待ちください。
Commented by lelysrose at 2013-06-18 22:47
すごい!
「撮って、ほら、ポーズよ」ってこちらを見ているみたいです。
レンズとか撮影情報があったら真似してみたいなぁ〜
無理無理無理
D7100買いました!
Commented by tsutsujioka at 2013-06-18 22:59
じぇじぇじぇ!もう一つオマケでじぇ!どう?フォーカスは確実?早い?
だったらそれで撮ってみたいなあー。腕なんてありませんよ。ただただ粘るだけです。無理無理無理と言わないで。明日から10日間出かけます。帰国してから連絡しましょうか。


<< 定時退場のオオミドリシジミ      一月半前の沖縄旅行(Ⅵ) 一度... >>