2013年 04月 02日

今季初撮りギフチョウはこんなもの!?

2013.04.01撮影
今季初撮り 証拠写真を遠目にまず一枚
a0247511_21424171.jpg


いよいよ4月。朝は寒かった。
気温が上がるのを待ってギフチョウを探しに出た。
どこも桜が満開になっていた。
最初の所では、
陽射しはあるものの春が匂う暖かな空気はまだ感じられなかった。
盛りを過ぎた馬酔木の花に止まるコツバメなどを撮りながら、
ギフの出を待ったが、その姿を見ることはできなかった。

つぎに昼前に行った所でも、
風は冷たく春を含んだ匂いがしなかった。
しかし、ときおり陽射しが出て木立の合間にできる陽だまりは、
ギフチョウが現れそうな雰囲気をなんとなく漂わせていた。

待つこと2時間余。 13時44分ついに現れた!!
樹間の小さな陽だまりの落ち葉に止まって翅を広げた。
今季初物、見た!!
綺麗な背景?とは言ってはおれない。
なにはともあれ今季初撮りショットを遠目にまず一枚。
つぎににじり寄るようにしてまた一枚。
少しアングルを変えてと動いたとき、シマッタ!!
飛ばれてしまった。
行先を目で追ったが見失った。
それから5分も経っていなかった。
灌木の向うにチラッと姿が目に入った。
慎重に!慎重に!降りたと思われる辺りを探した。
陽が当たった玉石で翅を広げていた。
先ほどより少し長く止まっていた。
飛んだ、どこへ行く?

別の陽だまりを探した。
雰囲気の良さそうな所があった。
待つこと15分、やはり来た!!
周りを飛び回った、どこに止まる?
なんと左足前半歩もない落ち葉にとまった!
足を動かせない。
真上から図鑑撮りをせざるを得なかった。

(いずれも150mmマクロレンズを使用)







通路わきに並べられた玉石で
a0247511_2143490.jpg


今季の初撮りはたったの3枚だった。それも図鑑撮りになった。
翅の鱗粉の落ち具合や背中を覆っている毛の抜け落ち具合を見ると同一個体のようだ。
しかも羽化後何日か経っているように見える。
ここではこの一頭だけのようだった。
気の早いヤツがいたもんだ。
あと一週間もすればもっと見られるだろう。
ソメイヨシノはだめかもしれないが、ほかにも花はある。
今季はどんな花・ギフチョウが撮れるだろうか。

ショウジョウバカマ これに止まったらなぁー!
a0247511_1194044.jpg

この花は、前日に買ったばかりのNIKON COOLPIX P7700で撮った。
バリアブルアングルモニターなので楽な姿勢で撮れる。
腹這って撮ることもなさそうだ。
じっくりアングルを決めて撮るには申し分ない。
しかし、フォーカスが合った時にはすでに飛んでしまっているものを撮るにはイライラする。
一眼レフとの使い分けが必要だ。
[PR]

by tsutsujioka | 2013-04-02 23:00 | | Comments(2)
Commented by butterfly_mie at 2013-04-03 01:04
初撮りお疲れさまでした! 
様子が目の前の事のように想像できました(笑)
ドタキャン申し訳ありません...我ながら悔し過ぎます。
来週以降チャンスが残ってるといいなぁ~
桜ギフさんは、またおあずけです(涙)
Commented by tsutsujioka at 2013-04-03 10:16
まあそう悔しがらずに!まだチャンスはありますよ。
ソメイヨシノはだめでもヤマザクラがね。ツツジもスミレも。それに例のカタクリも。


<< コマドリ(Ⅰ)      ギフよ来い!早く来い! 昨年撮... >>