蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 23日

公園のルリビタキと山のルリビタキ

2013.02.23撮影
a0247511_1812616.jpg

公園のルリビタキ

初めて行った公園の芝生広場にアカハラがいた。
その傍らには梅園があった。
そろそろ梅の花が咲きだした?
ウメアカハラを期待して出かけた。
なんの!
梅はチラ、アカハラなんて姿もなかった。

公園の縁を歩いた。
真っ赤な花が一輪、梅の木の下に咲いていた。
季節外れ、しかも見たこともない姿。
カメラマンがいた。
そこそこ綺麗なルリビタキもいた。
造花には餌が入れてあった。
こちらはそれを撮るお許しを得た。

それからしばらくして、
その公園の近くを流れる川の上流へ行った。
放棄された田んぼの際に生えたヌルデの実を食べに
ルリビタキがやって来た。
仲間同士さらには他の野鳥と縄張り争いをしながら食っていた。
どの房の実に飛びつくか推測しながらシャッターを押した。

公園の撮影は造花に置きピンして、
飛来すればシャッタを押すだけ。
山のそれは飛来ポイントを観察し推測しながら狙う。
背景など撮影条件を選べないが、
撮れたときの喜びはこっちの方が大きい。
これが飛びもの撮影の醍醐味だ。






a0247511_185217.jpg
a0247511_185164.jpg

山のルリビタキ(若♂?)
2013.02.25撮影
a0247511_186373.jpg

a0247511_1854048.jpg

鳥友とはこれを番傘スタイルと言っている
a0247511_1862756.jpg

2013.02.26撮影
a0247511_1862875.jpg



あ、そうそう。

 放棄田は1.5m程度の石積みの段差がある。
ふと見ると茂みの向こうに動くものが??
丸々と太った大きなイノシシ2頭が縦に並んで近づいてきた。
その距離約5メートル。
一瞬どうしたものかと身構えた。
しかし、1.5mの段は上がれまい。
そう考えると余裕ができた。
茂みと持ち物とを打ち鳴らしてみた。
奴らは一瞬きょとんとした。
もう一度打ち鳴らした。
こちらを見た一頭が気付いた。
飛んで向こう斜面を上がって行った。
もう一頭はまだ気づかなかった。
先に遁走した奴を見て驚いた様子で
訳も分からず斜面を駆けあがっていった。
その走りの速いこと!!
真昼間にこんな近くで遭遇したのは初めてだ。
干支のイノシシ用に撮っておけばよかった。
しかしすべては藪のなかの出来事だった。

[PR]

by tsutsujioka | 2013-03-23 00:00 | 野鳥 | Comments(0)


<< ギフよ来い!早く来い! 昨年撮...      イカル >>