2012年 09月 30日

野鳥はクマノミズキがお好き サメビタキ

サメビタキ  2012年9月29日撮影
a0247511_15393691.jpg


猛暑も治まり山には秋の気配が感じられるようになってきた。
アカメガシワの黒い実が弾け、オオルリやキビタキなどが盛んに食べに来た。
その実も乏しくなり、緑色から紫黒色に変わろうとしているクマノミズキに来るようになった。

朝の光を受けてクマノミズキの花径が枝珊瑚のように輝いていた。
その先に付いた小さい果実を食べに、野鳥が空中で羽ばたく瞬間を待った。
しかし、この日は鳥の出が悪かった。
天気予報は曇りから雨、でもときおり薄日が差していた。
野鳥は台風が来ることを感じていたのだろうか。

a0247511_15395343.jpg

飛び出していき、実を求めてホバリングした後、戻ってきたサメビタキ。
カメラを振る間もなかったが画面の下方に辛うじて写っていた。
a0247511_1552088.jpg

サメビタキと共に来たオオルリ雌
a0247511_15564719.jpg

ここから少し離れたところに生えているアカメガシワの実を食べに来たサメビタキ
葉っぱはだんだん黄色くなってきた。
a0247511_1636290.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-30 18:01 | 野鳥 | Comments(0)


<< クマノミズキを求めて オオルリ      アオバセセリの幼虫 >>