2012年 09月 07日

ややこしい処のオオルリを・・・

出て来ぬなら出させてみせよう大瑠璃

  すっきり抜けたところに出て来なかったオオルリ♂ 
 嘴に掛った右から伸びた太い枝ともう1本 フォトショップ筆で枝払い                9月5日撮影
a0247511_214936.jpg


このところ午後になると雷雨の襲来がある。
行く所は山の上で雷に近い。
最近 公園の木で雨宿りした二人が雷に打たれて亡くなっていた。
この日もそれが気になって撮鳥に出かけるか迷った。
しかし、現地の気象は行ってみないことには分らない。
ポンチョをリュックに詰めて出かけることにした。
でも幸いにも雨は来なかった。

何とか抜けたところに出てきたオオルリ♀
 でも尻尾の辺りにややこしい小枝とそれに絡んだ葉っぱとが・・・ これもフォトショ筆で枝打ち
a0247511_2192616.jpg

オオルリ若♂ 尻尾の下方の小枝を枝打ち
a0247511_2113331.jpg

葉っぱの僅かに抜けた隙間の向こうに止まったオオルリ♀ こちらの様子を窺がっているようだ
これは枝払いなし  普通なら邪魔な枝葉を前ボケに取り込んだ、否 これ以上背伸びが出来なんだ
a0247511_21131213.jpg

くるりと向きを変え飛び去った
a0247511_2213427.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-09-07 00:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by captain_spoc at 2012-09-07 00:46
お見事な画像処理
言われなければ判りません
特に3枚目の若は左右の枝の残りで判断したのですが
全く判りません
素材の良し悪しに調理の味付けの上手さも料理の基本です
Commented by tsutsujioka at 2012-09-07 07:49
おはようございます。綺麗な色をしたオオルリ♂だったので没にするには勿体ないと思い筆を付けました。やりだすと切りがありません。


<< ツツドリなど      久しぶりの撮り鳥 キビタキなど >>