2012年 07月 22日

アカショウビン

皆がすなりアカショウビン、我も写すなり。
a0247511_233140.jpg

 今年は蝶の撮影に軸足を置いていた。
その間にヤマセミやアカショウビンがフィーバーしていたようだ。
七夕の日に少し遠出してアカショウビンを写しに行った。
 まだ抱卵中らしく雌雄が交代で巣に出入りしていた。
その間隔が実に長い。じっと我慢の時が過ぎた。
夕方近くになり撮影者が誰もいなくなった18時30分ころ、やっと一番近くの枝に止まった。
 翌日も4時過ぎから鳴き声が聞こえてきた。
その後5時過ぎに交代したらしく12時過ぎまで戻ってこなかった。
巣に飛びつくところと飛び出すところとを狙ったがものに出来なかった。
この翌日孵化したそうだ。
それから10日後再度行った。
交代で餌運びをしていたので写す機会は増えていた。
それでも長い時には1時間以上の間隔があった。

カニをくわえて戻ってきたアカショウビン
a0247511_234195.jpg

トカゲをくわえているアカショウビン
a0247511_2345976.jpg
a0247511_2342787.jpg

a0247511_2341253.jpg

カエルをくわえているアカショウビン
a0247511_2351634.jpg
a0247511_2344441.jpg

餌を渡した後キックターンよろしく飛び出すアカショウビン、シャッターを押す僅かな時間差でぼーすポーズの良し悪しが決まってしまう。これで良しという翼の姿を写せなかった。
a0247511_235493.jpg

[PR]

by tsutsujioka | 2012-07-22 00:01 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by at 2012-07-22 01:32 x
素晴らしい、写真ですね・・うらやましいです。

6月の末に、大山で鳴き声だけですが聴けました・・

姿は、見れませんでしたが、間近で聴いたあの独特の声に感動しました。(たぶん10メーターも離れてなかったと思います・・・)

いつか、カメラに収めたいです・・

Commented by tsutsujioka at 2012-07-24 13:50
あの独特の声を聴いたら忘れられませんね。近くならなおさらです。でもどこにいるのかわからない。だからなんとしても撮ってみたい。そんな気になりますね。今なら間に合うかも?でもカメラマンがいっぱいですが・・・
Commented by ai_and_ai at 2012-07-26 15:03
行かれてたんですね。流石にバッチリのところを撮られてますね。100人を超えるフイーバー振りだったので分からなかったですがひょっとして現地で出会っていたかもしれませんね?
Commented by lelysrose at 2012-07-26 15:39
素晴らしい写真ですね!
私は数年前にアカショウビンを探しに山に登って、マダニにやられて抗生剤を飲みました。
付き合ってくれた鳥に興味のない友人もやられて病院行き。
まだ声しか聞いた事がありませんが現れた時はどんなに心が踊った事でしょう。
羨ましいです。
Commented by tsutsujioka at 2012-07-27 19:49
ai ana aiさんのブログを見せて頂いて同様のことを思いました。きっとおられたのではと。残念会えませんでしたね。あれだけ大勢居てはね。私はアカショウビンだけを狙い移動しませんでした。コノハズク狙いとに前と後ろとに別れたので会う機会が少なくなったのでしょう。
Commented by tsutsujioka at 2012-07-27 20:05
lelysroseさん 私もダニを1週間ほど飼っていました。スイカの種の半分ほどの大きさになるまで気づきませんでした。今年はふくらはぎをやられて医者に行きました。藪に入った時は忘れずチェックしていたのですが。若し来年も同様の場所で営巣すれば写団メンバーで出かけましょうか。ただしアシュウ君はカメラだけですよ!


<< 墓参りのはずが・・・ エルタテハなど      スミナガシ 岩上のテリ張り >>