2012年 06月 30日

ミドリシジミ その1

a0247511_22111628.jpg


朝の7時半ころ現地に入った。
下草が朝露に濡れている。
それに降りたミドリシジミを探したが見つからない。
近くのハンノキ(ミドリシジミの食草)を叩くと寝ぼけ眼で落ちるようにススキに止まった。
さあいつ開くか、持久戦の始まりだ。
でも開かぬなら開けて見せようホトトギスいやミドリシジミ。
LED懐中電灯で照らしてみた。
2分も経たないうちにじわじわと開き始めた。
照らすのをやめると閉じてしまう。
明らかにライトに反応している証拠。
(よって照らしながらシャッターを押すことも)
反応が遅い個体でも5分とかからなかった。
ところが9時を過ぎると開くまでの時間が次第に長くなった。
待てよ、開翅まで30分以上掛ったのでは、ほっといても開いたのではないかと疑問が湧いた。
a0247511_2228847.jpg
a0247511_22282215.jpg

しかし♀は手強し。この手は通じなかった。
その気になるまで待つよりほかにない。
(これについては後程)

[PR]

by tsutsujioka | 2012-06-30 00:00 | | Comments(0)


<< ミドリシジミ その2 真上から撮る      オオミドリシジミ >>