2012年 06月 04日

夕日に赤いシジミ


a0247511_2319370.jpg

5月26日に蝶友から神戸市内の西の方で、アカシジミが飛んでいるとのメールが届いた。
翌々日に彼とウラゴマダラシジミを神戸市よりもさらに西の方へ撮りに行く予定になっていた。
ひょっとしたらアカシジミも撮れるかも知れないと期待が膨らんだ。

 当日、現地に到着すると先に来ておられた初対面のFさんが、ここではまだ見ていないと。
そうかまだ早いのかと思いながらウラゴマダラシジミを撮っていた。
その合間にも蝶友が林縁を歩き回って探したがいなかった。
アカシジミを忘れてウラゴマダラシジミの開翅と飛翔を撮っていた。
陽が少し斜めになりかけた頃、
天からひらひらと赤いものが舞い降りてきた。
おぉ!アカシジミ!
止まった!目の前の茨だ。

葉っぱの上で向きを探っている。
夕方近い陽射しのなかで翅の赤みが増して見える。
なんとつややかなアカシジミだろう! 

この後少し離れたところに飛んだ。
a0247511_2264100.jpg

写すには向きが悪い。閉じた翅が線にしか見えない。
回り込みたいが足場が悪い。
そのうち翅が僅かに緩んだ。
開翅かと期待したがそれまでだった。
なんとしても内側を見てみたい。
覗き込むような気持ちでシャッターを押していた。
また飛んだ。
a0247511_22513242.jpg

この後はなかった。ひらひらと舞い上がって林の中に消えていった。





[PR]

by tsutsujioka | 2012-06-04 22:56 | | Comments(0)


<< ミカドアゲハ      ウラゴマダラシジミのハネムーン >>