2012年 05月 30日

ウラゴマダラシジミのハネムーン


イボタの白い花が咲きだした。ウラゴマダラシジミの時期到来だ。
羽化直後の綺麗な個体の開翅を狙って西の方へ撮りに出た。
a0247511_2324222.jpg


ウラゴマダラシジミは15時ころから活発に飛び回る。
朝のうちはイボタの周りの藪を追い出し竿で軽く叩くと、ふらふらと飛んで葉っぱに止まる。
そのときからいつ開くとも分からない開翅を待って辛抱の時間が始まる。
ときには3時間待ったこともあると聞く。
このときは1時間もしないうちに、もじもじしだしてジワリと開き始めたが、
しばらくすると飛んで行った。どうやら飛ぶ前のウォームアップをしていたようだ。
a0247511_23374475.jpg


 さて、夕方近くなると活発に飛び回っていたやつが葉っぱに止まって翅を開くことがある。
そんなところへ別の個体が引き寄せられるようにやって来る。
なんだお前も雄か、つまらんと言わんばかりに去っていく。
a0247511_0122057.jpg

ときには葉っぱに着いた蜘蛛の巣に寄ってくる奴もいる。
それが結構多い。白い光物に惹かれるらしい。
なぁーんだ、 蜘蛛の巣か!!
a0247511_0292834.jpg

これもほんの一瞬 一秒くらいの立ち寄りだ。
これは不規則に飛び回るヤツが写せる瞬間だ。


目の前にひらひらと舞い降りてきて、やおら翅を開き始めた奴が、否お嬢さんがいた。
翅表の紫青がやや白いなかなかの美形だ。
a0247511_059642.jpg

これは絶好のチャンス、しかし写し始めたとたんに雄が寄ってきた。
以下は1.7秒間のお見合い
a0247511_16226.jpg
a0247511_164656.jpg
a0247511_171554.jpg

雌が雄を誘うように飛び出して、高い枝先の葉っぱまで舞い上がりベッドイン。
a0247511_1251029.jpg

雌が目の前の葉っぱに止まってから30秒足らずのことだった。
この時16時57分、風に揺られて朝まで続くのだろうか。

現地で初めてお会いしたFさん、またどこかで。

[PR]

by tsutsujioka | 2012-05-30 01:40 | | Comments(4)
Commented by F at 2012-05-31 15:00 x
お初です・・

現地で、色々とお話させていただいてありがとうございました
アカショウビンの話、楽しかったです・・・

当日は、なかなかの成果があって良かったですね・・

当方も、2日後にピカピカの♀の開翅写真撮れました。✌
同ポイントでアカシジミの産卵も観れました・・

定年後で、少し時間に余裕が出来たので、蝶に鳥に頑張って
みようかと思っております。なにぶん、趣味が多いもので・・・

きっと、また何処かのフィールドでお会いすると思いますが
今後とも、よろしくお願い致します。

美しいブログの更新、楽しみにしてます。

Commented by tsutsujioka at 2012-05-31 23:04
あの日は16時ころ鮮やかなアカシジミが目の前に舞い降りてきまた。残念ながら開翅はありませんでした。今日お話にあったミヤマカラスの集団吸水を撮りに行きましたが数頭が集まっているだけでした。
300mmで撮った後魚眼レンズで接近を試みましたが見事に飛ばれてしまいました。もう少し工夫をしなければと思いました。
 蝶・鳥の両刀使いですのでお会いする機会もあると思います。その時はよろしく。
Commented by atomzizi at 2012-06-03 07:52 x
おはようございます。

クロツからひと月経ちました。
もうすっかり初夏になりゼフィルスのシーズンに突入です。

6月2日ウラゴのメスの開翅を狙ってF氏とこの場所へ行ってきました。
何とか目的は達成できましたがオスと違ってメスの開翅は簡単ではないですね。

ブログにはたびたび寄せてもらっています。
いつも素晴らしい写真を撮られているので参考にさせていただいています。

どこかのフィールドでお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by tsutsujioka at 2012-06-04 20:48
早や一月経ちましたか!いよいよゼフシーズンですね。ウラゴ♀の開翅見せて頂きました。F氏とは現地で初対面でしたが色々お話しくださいました。お二人と再会できることを楽しみにしています。
 今日は我が市内のポイントでミドリシジミの幼虫を見てきました。
また、メスグロヒョウモンの羽化直後の鮮やかな雄を収めました。ヒョウモン類も忙しくなりそうです。


<< ミカドアゲハ      続 九輪草のミヤマカラスアゲハ >>