2012年 04月 04日

八重山諸島の蝶(10) イワカワシジミ


a0247511_15155042.jpg

10数年前に沖縄本島で初めて見た草緑色のシジミチョウが印象的だった。
翅裏は草緑色、翅を開けばムラサキシジミのような強い紫藍色の光沢をしていた。
さらに長い尾状突起をもっていた。
 そのときは道路わきの小さな空き地のアメリカセンダングサに数頭が群れていた。
当時はまだ採集をしていた。
この尾状突起が千切れないよう三角紙に丁寧に入れて持ち帰った。
展翅でも細心の注意を払った。それがだ、
展翅板から外すとき展翅帯紙にくっついて千切れてしまった。シマッタ。
ノリでくっつけたい心境だった。
今でもこれを見るとその時の悔しさを思い出す。

今回は、雨上がりの暗い葉陰に舞い上がったこの1頭しか見られなかった。
開翅も全く期待できない。
でも見ることができた。

[PR]

by tsutsujioka | 2012-04-04 16:53 | | Comments(0)


<< シカとご覧あれ マミチャジナイ      お立ち台のカケス >>