2012年 02月 21日

片思いの相思鳥

a0247511_17504191.jpg

2012年2月20日撮影
 かつて未だ明けやらぬうちから深山に登った。
空が白み始めた頃、一羽の野鳥が鳴いた。
それが合図のように合唱が始まった。
あたかも、うるさく鳴いていた田んぼの蛙がピタッと鳴き止み、
勇気ある一匹が鳴き始めると合唱が始まるのと似ていた。
 さて、この声の主は?
あとから登ってきたハイカーに教えてもらった。
相思鳥だった。ああそうか、篭脱け鳥か。
知ってはいたが姿を見たことがなかった。
しかし、このときも姿を見ることはできなかった。

 野鳥撮りを始めて以来、餌付けされていない相思鳥を
自然のままの姿で撮りたいと思っている。
しかし、未だにまともに撮れたことがない。
 藪の中を移動するので全身がまともに見えない。
たとえ見えたとしてもカメラを向けたときにはもういない。

 このときは、公園の山道を歩いていた。
藪から一羽が道を横切り茂みに飛び込んだ。
間を置いて10羽近くが続いた。
どうやら茂みのトウネズミモチの実を食べに来たようだ。
実を口にするとたちまち元の笹薮に消えていく。
10分くらいするとまた戻ってきた。この繰り返しだった。
しかし、撮影チャンスは相変わらず少ない。
かろうじてとれたのがこのカットだった。



 その帰り道、ミコアイサの池に立ち寄った。雄が一羽と雌が数羽いた。
その数は日々変動しているという。間もなく見られなくなるのかな。
a0247511_17552426.jpg

2012年2月20日撮影  SS 1/80 

[PR]

by tsutsujioka | 2012-02-21 18:03 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by umihiko_sasa at 2012-02-22 21:15
相思鳥、いつも群れで生活しているようですね。
Commented by tsutsujioka at 2012-02-22 21:33
今日も10羽位でやって来ていました。数が多くても目移りしてシャッターチャンスを逃してしまいます。


<< 八重山諸島の蝶(1) オオゴマダラ      幽霊がデルPC >>