蝶鳥写楽

tsutsujiok.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 21日

高速で飛ぶハリオアマツバメ

2017.09.21撮影 速いこと速いこと!ファインダーに捉えるのが精いっぱいだったハリオアマツバメ
a0247511_23231295.jpg
a0247511_23231377.jpg
それに比べたら遅いコシアカツバメ でも速い!
a0247511_23231381.jpg

今日のタカの渡りは50羽を超えていた。
しかし皆遠くで上昇気流を捉まえて高く舞い上がり西の方へ流れていった。
唯一近くと言っても遠かったが翼がボロボロ、撮るには撮ったがお蔵入り。





[PR]

# by tsutsujioka | 2017-09-21 23:41 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 18日

タカの渡り本日の最終便

2017.09.18撮影 太陽の光が赤くなろうかという頃に飛来したハチクマ
a0247511_22403048.jpg

越すに越されぬ大井川
川止めに遭った旅人の如く
台風18号で渡れなかったタカが
一斉に飛び出すのではないかと
期待に胸を膨らませて山に上った。
しかし一向にタカは現われず
時折り飛んでも遠い高い所ばかりだった。
カメラマンたちも三々五々帰りはじめ
一人残った当方はツバメを相手に
飛びもの撮りの練習をして時をつぶした。
もう少しでサンセットという頃に現れたハチクマ。
近くをあっという間に飛び去った。

a0247511_22420316.jpg
タカ待ちの間にバトルしていたキセキレイ こんなの撮れたなんて奇跡例!!
a0247511_22402923.jpg

 

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-09-18 23:07 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 15日

タカの渡りが始まった!

2017.09.14撮影
a0247511_00280076.jpg
a0247511_00245065.jpg
a0247511_00245018.jpg
a0247511_00245000.jpg
a0247511_00245010.jpg
a0247511_00245134.jpg
a0247511_00245172.jpg
a0247511_00245104.jpg
a0247511_00245281.jpg
a0247511_00245259.jpg
a0247511_00365822.jpg


[PR]

# by tsutsujioka | 2017-09-15 00:47 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 11日

秋のタカの渡りが始まった?

2017.09.08撮影 ハチクマ
a0247511_20321458.jpg

タカの秋の渡りの時期が近付いている。
中には気の早い奴がいるかもしれないと、
8月末から七五三山詣でをしていた。
しかしトンビ、ときにノスリ、オオタカが飛ぶ程度だった。
どうやら気の早いのは当方だった。
それから10日ようやくハチクマ、サシバが見られた。
しかし例年なら東から西へ飛んでいくところ、
逆方向へ飛ぶ個体もいた。
果たして渡りが始まったのか。
当分の間山詣するか!

a0247511_20353231.jpg
a0247511_20353233.jpg
a0247511_20360853.jpg
2017.09.09撮影
a0247511_20360866.jpg
a0247511_20360860.jpg
サシバ幼鳥
a0247511_20360847.jpg
a0247511_20360957.jpg
a0247511_20360947.jpg
トビ若鳥 渡りのタカのこんなシーンを撮りたい!
a0247511_20360968.jpg


[PR]

# by tsutsujioka | 2017-09-11 20:58 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 08月 18日

旬を外したミドリシジミ

2017.06.18撮影 ミドリシジミ♂
a0247511_14125176.jpg

旬を外したのはミドリシジミの発生の時期ではない。
発生の前からポイントに通っていた。
羽化直の撮影をしておきながら投稿のタイミングを逸してしまったからだ。
毎日何百枚と撮影するのでハードディスクが満杯に近づいていた。
買えば済むことくらい分っている。
しかしそれが増えるほど何がどこにあるのか分らなくなっていた。
そこで7台ある装置の中身のダンプリストを年別に作ることにした。
ついでにバックアップもしておくことにした。
それに随分日数を費やした。
その間にも撮影に出かけていた。
帰宅してから画像の選別現像をしているうちに眠っていた。
当然投稿が遅れることになる。
一日50枚以下に抑えたいと思っているがシャッター中毒は治らない。

a0247511_14324712.jpg


a0247511_15064621.jpg
a0247511_15065546.jpg
a0247511_15070011.jpg

2017.06.17撮影

a0247511_15070728.jpg



[PR]

# by tsutsujioka | 2017-08-18 15:20 | | Comments(0)
2017年 08月 15日

小さいセセリチョウ ホシチャバネセセリ

2017.07.26撮影
a0247511_11570939.jpg

ススキで覆われた斜面に人が歩いたような跡があった。
この辺りと見当をつけ首まである叢に分け入った。
ホシチャは小さい、飛ぶのが速い見逃しやすいと聞いていた。
奥の方の林縁近くまで探し回ったが見つけられなかった。
杖代わりにしていた叩き出し竿を伸ばして引き返した。
半径7.2mのサークルを一度に探ることが出来た。
叢からハエのようなものが飛び出した。
見失わないよう目で追っかけた。
数メートル先の草の中に入ったように思われた。
慎重に近づいたがなかなか見出せなかった。
アッこれ!ちょこんと葉っぱに止まっていた。
初見のホシチャは聞いていたほどには小さくなかった。
離れたところから先ず1枚写した後、
前被りの葉っぱを払いながらレンズを近づけていった。

陽射しが出るにつれ翅を開くようになり飛び回るようになってきた。
ときにはどこに居たのか2、3頭が追っかけあいをしていた。
それでも飛んでは元の場所に戻ってきた。
それは数メートル四方の狭い範囲に限られ見失うこともなかった。

ホシチャの特徴のある翅の表裏ともに存分に撮れて満足して帰宅した。

a0247511_14441488.jpg
a0247511_14442586.jpg


a0247511_14443261.jpg
a0247511_14443821.jpg
a0247511_14444357.jpg
a0247511_14444999.jpg
a0247511_14445394.jpg
a0247511_14445841.jpg
a0247511_14450593.jpg
a0247511_14452498.jpg

 コキマダラセセリ 右♀左♂

a0247511_14453036.jpg
何とかトンボ

a0247511_14453919.jpg
マップコードと地図までつけて教えてくださった蝶友さん、初見初撮り出来ました。有り難うございました。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-08-15 15:08 | | Comments(0)
2017年 08月 13日

神戸動物王国バードショーにて

2017.07.08撮影
a0247511_14405163.jpg

梅田フォトサービスとNikonとのコラボセミナーに参加した。
用意されたギアの中から200-500mmf/5.6E ED VRレンズを借りた。
これをD500に装着し三本足付きの一脚に載せて次々と飛ばされる鳥を撮影した。
所有している単焦点500mmf4と比べて軽いので移動には随分楽だった。
画像の解像感もフォーカスの速さも良いレンズだと感じた。
a0247511_14410625.jpg
a0247511_14411067.jpg
a0247511_14411472.jpg
a0247511_14412110.jpg
a0247511_14412516.jpg
a0247511_14413294.jpg
a0247511_14414102.jpg
a0247511_14414898.jpg
a0247511_14415333.jpg

a0247511_14415904.jpg


[PR]

# by tsutsujioka | 2017-08-13 16:03 | そのた | Comments(0)
2017年 08月 12日

アリに育てられるクロシジミとキマダラルリツバメ

2017.07.06撮影 クロシジミ♂ 
a0247511_11483694.jpg

イヤー暑かった、暑かった、草いきれで蒸し暑かった。
陽射しを遮るものがない芒に覆われた斜面の中。
ようやく見つけたクロシジミは暑さに参ったのか翅を開かなかった。
何とか翅を開かせたいと被っていた帽子で日陰を作った。
しかし斜面での姿勢の悪さと腕の重さ、頭の暑さとで2分ともたなかった。
今度来るときは相合日傘を持って来よう。

a0247511_11485188.jpg
上 薄いV字開翅するクロシジミ
a0247511_11485754.jpg
上 翅を開いてもせいぜいこれまで、もう少しポーズと光線の具合の良いポジションへ回り込みたかったが草と斜面に阻まれた。
a0247511_11490718.jpg
上 カシワの葉上に点々と産み付けられたクロシジミの卵 その木の茶色い新芽に着くアブラムシの分泌液を舐めにくるクロオオアリ、クロシジミの幼虫はやがてそのアリの巣に運ばれて育てられるという。
a0247511_13035430.jpg
上 クロシジミが居た場所の近くで蝶友が追い出したキマダラルリツバメ♀ ここでは初見だった。この幼虫を巣に運び育てるアリはハリブトシリアゲアリという
                  
a0247511_13041658.jpg
上 場所移動後 カシワの葉上でテリハリに現れたキマダラルリツバメ♂
 90センチの脚立に上がっても開翅が撮れるアングルを確保できなかった。
a0247511_13043746.jpg
上 脚立に上がって目の高さだった、これが♂だったら言うことなしだったのになー
a0247511_13044299.jpg
上 青紫色の翅表がだめならと、風で揺れ翅裏の斑紋が透けて見える瞬間を狙ってみた
                  








[PR]

# by tsutsujioka | 2017-08-12 13:42 | | Comments(0)
2017年 08月 09日

厳しく保護されているウスイロヒョウモンモドキ

2017.07.13 広角レンズで背景も入れて撮影
a0247511_11365881.jpg


高原と言えど暑かった、木陰を求めて車を近づけた。
そこには既に1台止められ近くの木陰に一人腰かけていた。
その横には保護地であることの条例告知板が掲げられていた。
道から叢に踏み込まないように告げられた。監視員だった。
これでは撮影は厳しかろうと一瞬思ったが道端にも出てくるという。
そういえば前回来たときにもそんなことがあったのを思い出し、
沢山居るヒメシジミを相手にしながら気長に待つことにした。

a0247511_11370816.jpg
a0247511_11370492.jpg
下2枚は蝶友2人が調教しておいたという個体。レンズが触れるくらい近づいても逃げなかった。
a0247511_11371225.jpg
a0247511_11371750.jpg
a0247511_11383517.jpg
a0247511_11385012.jpg
a0247511_11390239.jpg
道端に現れるまでは長く感じられたがその後は退屈しない程度に撮影できた。

 それにしても監視の方は大変だ。地元の方だそうだが農作業を差し置いてまでもボランティアでここにおられるそうだ。さらに広い草原の草刈りもされるとか。
ボランティアの皆さんのご苦労があって撮らせていただきました。ありがとうございました。
 参考;ウスイロヒョウモンモドキ 絶滅危惧Ⅰ類 草原環境の減少および悪化で、既に多くの場所で絶滅し現存の生息地は僅かである。各地で保全活動が進められている。フィールドガイド日本のチョウ 日本蝶類保全協会編 誠文堂新光社より

 attention please;
この一帯ではキマダラルリツバメも採集禁止になったそうだ。





[PR]

# by tsutsujioka | 2017-08-09 13:01 | | Comments(0)
2017年 08月 07日

高原のキマダラモドキ

2017.07.31撮影 全開翅するキマダラモドキ
a0247511_19301533.jpg

お盆前に一家で高遠のお寺に墓参りに行ってきた。
孫たちの行事や息子たちの仕事の都合が重なり、
今年は5人抜けて7人になった。
なんだか寂しいがそれぞれの成長の証しとご先祖様も喜んでいよう。

その翌日、ムモンアカシジミのポイントに立ち寄ったがみられず、
帰宅の都合もあって早々に霧ヶ峰に上がった。
そこで出会った人にお寺でキマダラモドキを見た話をすると、
地図まで書いてポイントを教えて下さった。
実はこの方、
この春ギフチョウのイエローバンド撮影のときに知り合った方の知人だった。
当方のことも高遠のお寺のこともご存じだった。
なんというご縁か!!
春の女神(ギフチョウのこと)とご先祖様のお引き合わせ?!

a0247511_20085332.jpg
ハッとする全開翅 左手90度正面に回り込んで飛ばれてしまった。
ベストショットになったと思われるだけに無念!
a0247511_21392319.jpg
                      
高原らしく白樺にも 
a0247511_22183915.jpg
a0247511_22185006.jpg

我が家近辺では稀にでも見るのが難しいキマダラモドキ数頭を一度に見る機会を与えてくださったHさんありがとうございました。併せてMさんにも感謝。










[PR]

# by tsutsujioka | 2017-08-07 22:38 | | Comments(0)
2017年 06月 08日

我が市のゼフィルス・ウラ2種

2017.06.03撮影 ウラナミアカシジミ   
a0247511_23110399.jpg
10mほど先の叢に何やら動くものがちらっと目に入った。
蛾にしては赤い。
それから目を外さずに近づいた。
枯れた草の軸をごそごそ上ってきた。
今シーズン初見のウラナミアカシジミだった。
                    
a0247511_23261824.jpg
ウラゴマダラシジミ 4mくらいの高さの枝葉の上にいた交尾体
a0247511_23275083.jpg
変化がないので指に止まらせてご移動願った。このまま夜を過ごすのだろう。
a0247511_23274421.jpg







More 続きは、この日に撮ったその他の蝶
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-06-08 00:07 | | Comments(0)
2017年 06月 01日

宮参り山のハリオアマツバメとハチクマ

2017.05.26撮影 サンコウチョウ♀ 宮参り山へ行く途中で。
a0247511_23090012.jpg
a0247511_23090823.jpg
a0247511_23091575.jpg
高いところを飛んでいたホトトギス
a0247511_23092203.jpg
 さて、以下が宮参り山。
標高753mの山頂のタニウツギは満開だった。
先ほどまでの晴天が急に暗くなり今にも雨が降りそうになってきた。
これでは蝶はやって来ない。足早に山頂を下った。
車にカメラを片付けようとしたとき、
高速飛翔するツバメが目に入った。
ハリオアマツバメだった。
アッという間に見えなくなった。
それから間もなく懸かりだしたガスの中にハチクマが一瞬現れた。
いずれも秋の渡りでは見ていたがこの時期にも居るんだ!
a0247511_23093628.jpg
上の状態から高速Uターンして消えていった。
蝶撮り用の300mm×FXでの撮影ではあまりにも遠すぎた。
翌日は500mm×DXで待機したが見られずじまいだった。
a0247511_23094348.jpg
ガスの中にぼんやりと現れたハチクマ 翌日はこちらも見られず
a0247511_23094828.jpg





[PR]

# by tsutsujioka | 2017-06-01 23:56 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 05月 28日

ちょっと違うかな近畿と中部との境目のダイミョウセセリ


2017.05.17撮影
a0247511_21433583.jpg
ダイミョウセセリが花から花へ飛んでは吸蜜していた。
我が家の庭にもやって来る、
居たら撮るという程度の普通の蝶。
それをミカドアゲハの飛来待ちの間に撮っていた。
 後翅の白帯が普段見ているよりも薄かった。
関東ではそれが無いという。
ここはその境目と聞く。
そしてこの薄いタイプをタワケ型というらしい。
ダイミョウにタワケ?

この姿何を連想する?ダイミョウ?友人曰く、「織田信長の兜」二人して同じだった。a0247511_21435046.jpg

a0247511_22440161.jpg















a0247511_22454732.jpg
a0247511_22465085.jpg






















                                                           




More つづきを見る
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-28 23:14 | | Comments(0)
2017年 05月 27日

クリンソウとクロ系アゲハ


2017.05.14撮影 ミヤマカラスアゲハ
a0247511_07435864.jpg
 
a0247511_08150135.jpg
クロアゲハ                                   
a0247511_08150274.jpg
a0247511_08150263.jpg
2017.05.19撮影 オナガアゲハ
a0247511_08150282.jpg
a0247511_08161044.jpg
a0247511_08161064.jpg
a0247511_08161136.jpg
                                         
    







                              
                                                                    


More 以下は去年の撮影のミヤマカラスアゲハ
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-27 08:46 | | Comments(0)
2017年 05月 26日

ミヤマカラスアゲハの集団吸水

2017.05.23撮影
この撮影地でこれほど多数の集団吸水を見るのは初めてだった。
a0247511_20364536.jpg
a0247511_20364526.jpg
a0247511_20364602.jpg
a0247511_20364688.jpg
a0247511_20364607.jpg
a0247511_20375328.jpg






[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-26 21:03 | | Comments(0)
2017年 05月 25日

ミカンの花にやって来たミカドアゲハ


2017.05.17撮影
a0247511_09485095.jpg

ミカンの花がない!
昨年たっぷり撮れた雑草地。
その横に植えられた蜜柑を見に行った友人が、
早まったか!
と苦笑しながら戻ってきた。
 反対側の蜜柑はどう?
株が減って一株だけになっていた。
それも花の盛りを過ぎていた。
 ミカドアゲハと花とのタイミング、
早いのか遅いのか分からなくなった。

いた!
遠くの高いセンダンの花の周りを飛び回る数頭が見えた。
やれやれ、そのうち蜜柑にもやって来る。

a0247511_10043734.jpg
a0247511_10061178.jpg
a0247511_10062047.jpg

現地に着くなりじろじろと見られた。
「そんなスタイルでさっとネットを出しミカドを採った輩が居た」ということだった。
カメラを装着した一脚が採集網の隠し棒に見えたらしい。
 地元の人たちが大切に保護しているミカドアゲハを盗る採集者よ、不愉快な思いをさせないでくれ!

註 ブログ容量が限度に近づいてきましたので、古いものから随時削除する予定です

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-25 10:54 | | Comments(0)
2017年 05月 21日

こんなところにヒメギフチョウが居たんだ!


2017.05.12撮影
a0247511_15463009.jpg

友人のナビに従い撮影地に近づくにつれ見たことがあるような景色が現れてきた。
そのうちカーナビにも登録マークが現れた。
かつて叔父と温泉にきたときうろついて、
何かいそうな雰囲気に登録しておいた場所だった。
そこからもう少し奥に行ったところがヒメギフチョウのポイントだったのだ!

a0247511_15463154.jpg


a0247511_15463193.jpg


a0247511_15463141.jpg
a0247511_15463247.jpg
a0247511_15463216.jpg
a0247511_15463286.jpg
a0247511_15463386.jpg


[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-21 17:12 | | Comments(0)
2017年 05月 20日

ギフチョウのイエローバンドを初めて見た!

2017.05.11撮影 ギフチョウ・イエローバンド
a0247511_13244923.jpg

林の中を冷たい風が流れていた。
薄曇りの空から時折り漏れる陽射しは力なく、
薄いダウンジャケットを着ていても脇の辺りが寒かった。
もう少し長い陽射しが欲しいと空を眺めながら、
来ぬギフチョウを待ち続けた。

隣で辺りに気を配っている友人と、
「最初にイエローバンドが現れるかも?」などと
鬱陶しい気を紛らわすような話をしていた。

ようやく温もりが感じられるようになってきたとき、
梢から落ちるように舞い降りてくるギフチョウが目に入った。
同時に、あっ?と隣に居た採り屋が声を発していた。
その降りたと思しき場所から目を外さず近づいた。
ところが容易に見つけられなかった。
そのうち近づきすぎたのか舞い上がった。
と同時に採集ネットが翻った。
?!?!?!?!?!
それがなんと初めて見るイエローバンド!
何とも不愉快だった。
この後 撮り屋の気持ちなのかスミレの花の上に載せてくれた。
参考にそれを撮りはしたが遺影を揚げることはしたくない。
幸いなことに採り屋が去った後チャンスが2度ばかり訪れた。

イエローバンド裏側 表側に回り込む余裕はなかった。

a0247511_13245055.jpg
以下ノーマルタイプ
a0247511_13245167.jpg
イエローバンドのこのようなシーンを撮りたかったが・・・
a0247511_13245069.jpg

a0247511_13245196.jpg
T市のMさん 楽しい時を過ごさせていただきありがとうございました。
採り屋がいなければもっと落ち着いて愉快に過ごせたことと思います。
 「最近採れなくなって」と云ったと言う採り屋の話は愉快でもあり不愉快でもあります。
本人自身が分かってないのですから、
何をか言わんや!

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-20 16:18 | | Comments(0)
2017年 05月 15日

九輪草で吸蜜するミヤマカラスアゲハ

2017.05.14撮影 ミヤマカラスアゲハ♀
a0247511_22570881.jpg
a0247511_22571414.jpg
a0247511_22572899.jpg
a0247511_22570158.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-15 23:00 | | Comments(0)
2017年 05月 09日

山の森の野鳥


2017.04.28撮影 コルリ♂
a0247511_23084983.jpg
2017.04.28撮影 コガラ
a0247511_23251506.jpg
2017.04.28撮影 巣材を集めるコサメビタキ
 
a0247511_23083896.jpg

a0247511_23083337.jpg
2017.04.28撮影 キビタキ♂       
a0247511_23084564.jpg
2017.04.28撮影 遠くでも飛んで逃げたクロツグミ♂
a0247511_23082349.jpg
2017.05.01撮影 ソウシチョウ
a0247511_23085719.jpg
2017.05.01撮影 センダイムシクイ
a0247511_23085318.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-09 23:33 | 野鳥
2017年 05月 07日

巣作り中かサンショウクイ

2017.05.01撮影 風切り羽それとも雨覆い? それが玉虫色に光っていたサンショウクイ♂ 何やら蜘蛛の巣を探していた
a0247511_20260261.jpg
a0247511_20265586.jpg
a0247511_20280283.jpg
蜘蛛の糸を嘴に巻きつけて飛ぶ
a0247511_20292959.jpg
a0247511_20352302.jpg

 なにかが地面に降りたように思えた。
それが飛び上がって樹の向こう側の枯れ枝に止まったとき
苔のようなものを銜えていた。
サンショウクイ♀だった。
どうやら巣作りをしているようだ。
(枝葉の針の孔のような隙間から撮影)
a0247511_20353973.jpg
蜘蛛の糸を集めるサンショウクイ♀
a0247511_20361759.jpg
嘴に絡めて飛び去る
a0247511_20362416.jpg
こんな場面も、
雄が飛来したとき近くで営巣しているコサメビタキに急襲されていた
a0247511_20363764.jpg
それを躱して飛び去るコサメビタキを見送る
a0247511_20364397.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-07 00:23 | 野鳥
2017年 05月 06日

頭が白いクロツグミ

2017.05.04撮影
白頭クロツグミとでも云おうか、居るとは聞いていたがまさか見られるとは!
a0247511_021314.jpg

木の陰に隠れるようにこちらの様子を窺がっていた。
a0247511_0241769.jpg

2017.05.01撮影 クロツグミ♂
a0247511_0332851.jpg

非常に警戒心が強いクロツグミだったが、じっとしていたら15メートルくらいまで近づいてきた
a0247511_0334798.jpg

これは遠かった、それでも飛ばれた
a0247511_0335877.jpg

♂と行動を共にしていた♀ 葉っぱの隙間を通して辛うじて写せた
a0247511_034834.jpg

2017.05.02撮影 天然のお立ち台に上がったクロツグミ♂ 
a0247511_0342165.jpg

まあーなんと逃げ足が速いこと!
a0247511_034313.jpg


註 ブログ容量が限度に近づいてきましたので、古いものから随時削除する予定です
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-06 00:52 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 05月 05日

今が旬のサンコウチョウ

2017.05.04撮影
a0247511_23491195.jpg


アオバセセリ、ミヤマカラスアゲハの発生状況と、
サンコウチョウの飛来状況とを見に先月末から山に通っていた。
しかしいずれも未だった。
それが一昨日遠くの方で聞こえたという人に出会ったと言う人に出会った。
いよいよ今日あたりかといつもの所で待っていた。
そこへサンコウチョウが鳴き声もなく頭上に飛来した。
と同時にクロツグミも、聞いてはいたが白頭のそれだった。
さーて どっちを狙う?二兎を追いたいが!
(証拠写真程度を後日に)
蝶の方は今日も見られなかった。

a0247511_0212341.jpg

a0247511_021339.jpg
a0247511_0214099.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-05 00:36 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 05月 04日

コルリが目の前に!

2017.05.03撮影
コルリ♂
a0247511_9111989.jpg


春の新生蝶撮りばかりしていた。
それも一段落し、そろそろ野鳥と思っていたとき
「コルリ現る」の知らせをいただいた。
 前日は奥の方の暗い処をうろうろしていた。
この日も人影が少しでも見えると、
背伸びして様子を窺がい、さっと藪に逃げ込んだ。
そんな繰り返しと遠い暗い状況に閉口した。
それから数時間経ったころ突然目の前に現れた。
レンズの焦点距離スイッチを切り替えねば焦点が合わなかった。
8メートル以内だっただろう。
そのうえ水浴びもしていった。
動画でも写せるほどの余裕があった。
随分人馴れした?
こんなこともあるのか!!
「ここに来ればな」との願いが現実になった。

a0247511_941443.jpg
a0247511_9411342.jpg
a0247511_9412221.jpg
a0247511_9413137.jpg
a0247511_9413930.jpg
a0247511_9414560.jpg
a0247511_9415452.jpg

シャッタースピードを1/25秒まで落として撮っては見たがブレ写真の量産だった。
ISO感度を上げたいがノイズも上がる。
SSとISO感度(ノイズ)の妥協点は?
いつまでたっても解決できない問題だ。
 知らせてくださったFさん 有り難う御座いました。
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-05-04 10:01 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 12日

マイフィールドのギフチョウ現る

2017.04.12撮影
コバノミツバツツジで吸蜜するギフチョウ、ポーズはイマイチなれど今年初だった。
a0247511_2032648.jpg


去年のギフチョウの初見は3月30日だった。
今年は4月10日に羽化直後で翅を伸ばしている2頭を見た。
しかし、その後二日間雨と寒さとで飛ぶ姿は見られなかったという。

今日午後からわずかに晴れ間が出る予報だった。
ならばきっと飛ぶ、そう思ってポイントに行ってみた。
予想は当たった、さっき飛んでたという。
間もなくコバノミツバツツジに吸蜜に飛来した。

今日は1時間半くらいの間に一目3頭、延べ数頭を見ることが出来た。
マイフィールドもいよいよギフチョウの季節が始まった。

ショウジョウバカマでも吸蜜、マイフィールドではめったにないチャンスが初日に到来!
a0247511_210197.jpg

a0247511_2102819.jpg
a0247511_210399.jpg

よたよたと飛んできた羽化直と思われる個体
a0247511_210506.jpg

落ちるようにホトケノザに止まって吸蜜?
a0247511_211735.jpg
a0247511_2112448.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-04-12 21:11 | | Comments(0)
2017年 04月 05日

待ち遠しかったギフチョウ

2017.04.05撮影
ショウジョウバカマで吸蜜するギフチョウ♂ ほんの一瞬のチャンスだった
a0247511_2322263.jpg


春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす  歌は思えど
時にあらずと  声もたてず
時にあらずと  声もたてず

春分の日に今年の新生蝶コツバメを撮って以来、
陽射しで温もりかけた地表は冷たい風に剥ぎとられ、
早春賦の歌詞を思い出させるような寒い日が続いていた。
コツバメにつづく新生蝶ミヤマセセリを求めてマイフィールドを歩いてみたが、
コツバメの姿さえ見られなかった。
それから1週間、ようやくミヤマセセリが現れた。
つぎはギフチョウと昨日も歩き回ってみたが未だ現れず。
今日あたりかなと思いつつフライング覚悟で遠出して、
カタクリギフチョウを見に行った。

現地に着いてすぐ梅花の周りを飛ぶギフチョウが目に入ってきた。フライングでなくてよかった!
a0247511_23231864.jpg

カタクリで吸蜜
a0247511_20482745.jpg

a0247511_20523640.jpg

オオイヌノフグリで吸蜜
a0247511_23282822.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-04-05 23:34 | | Comments(0)
2017年 03月 20日

新生蝶撮2017年は春分の日のコツバメから始まった

2017.03.20撮影
a0247511_20184823.jpg


馬酔木の花がひと月も前から咲いていた。
今年の蝶撮シーズンインは早いかもとその時思った。
あと1週間もすればギフチョウも飛び出し始めるかも知れない。
毎年最初に行く所ではすでにコツバメが飛んでいた。
新生蝶撮シーズンイン!

体の色に合わせてややこしいところにばかり止まって日向ぼっこ
a0247511_2036283.jpg
a0247511_2036984.jpg

馬酔木の花で吸蜜もしたが逆光気味!良いポジションに回ろうとしたがアシビならぬアシバが悪かった
a0247511_20362157.jpg

越冬キタテハ
a0247511_20373155.jpg

越冬ルリタテハ 前の細い枯草を外すべく動いたら飛ばれて仕舞った、どうして活性が高かった
a0247511_20393957.jpg


ほかにミヤマセセリポイントを何カ所か回ったが見るを得ず。
[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-20 20:43 | | Comments(0)
2017年 03月 13日

魚の受け渡しをするかカワセミ

2017.03.12撮影
カワセミ♂
a0247511_2129555.jpg

カワセミ♀
a0247511_2130333.jpg

小魚を銜えて飛んでいく♂ この時♀は居なかった
a0247511_21312015.jpg

ダイビングするも空振り、飛びながら首を振り水を切る♂
a0247511_21312986.jpg

物見の枝にとまる寸前の♀
a0247511_21314099.jpg


雌雄が同じ枝に30センチくらい離れて並んで止まる機会が1度あった。
しかし雄は魚を銜えてはいなかった。
未だその気がないのか♀はそこから水に飛び込んだ。
雄はその直後に飛んでいった。
カップリングは成るのだろうか。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-13 21:47 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 10日

足管を着けたオオジュリン

2017.03.09撮影
足管番号は他の写真を合わせても判別できず(淀川下流域にて)
a0247511_23342939.jpg

水面に何かを見つけて採りに行く絶妙のバランス!
a0247511_23351827.jpg
a0247511_23353384.jpg

風切り羽を可変ピッチプロペラのように捻ってブレーキを掛けているなんて、すご技!
a0247511_23354585.jpg

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-10 23:53 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 08日

撮りやすいなヒクイナ

2017.03.07撮影
a0247511_2126536.jpg


久しぶりに行った公園は、
雪と陽射しとが目まぐるしく入れ変わる寒い空だった。
 クイナとヒクイナは何日かおきに交替で出るらしい。
友人たちが去ったあと一人じっと役者の登場を待ち受けた。

a0247511_2127359.jpg

a0247511_21264810.jpg

a0247511_21265795.jpg

大きな長い指!ぬかるみでも沈まずに歩けるわけだ
a0247511_21272257.jpg

a0247511_21271299.jpg

草の根・芽?それとも虫?泥中レーダーを備えている?
a0247511_21273287.jpg

今になって喉が白いことに気付いた
a0247511_21273960.jpg



目の前数メートルまで近づいて来た。
散歩の人が後方を通っても逃げなかった。
大分人馴れしてきているようだ。
これは撮りやすい!
でも動かないことに越したことはない。
フレームアウトしないように動きに合わせてフォーカスマークを上下左右。
何ともせわしい撮影だった。

[PR]

# by tsutsujioka | 2017-03-08 22:02 | 野鳥 | Comments(0)